えりこ

哭声 コクソンのえりこのレビュー・感想・評価

哭声 コクソン(2016年製作の映画)
3.7
序盤ではなかなか話に入り込むことができず、三時間の長さのうち1時間くらいは観るのがキツく感じてしまいました。が、中盤からのめり込むような感覚で奇妙奇天烈なストーリーを追い続けました。
グロシーンはキツくなかったものの、動物のシーンが観るに耐えず💦犬好きな方はご注意!

國村隼さんの存在感が凄く、改めて彼の巧さに酔いしれました。この作品のお陰で今一番韓国で有名な日本人だそうです!

解釈がなかなか難しく、どの人も怪しさはあるので何が正しくて間違っているのかも分からない描き方になっているけれど、それぞれの視点で感じたものを楽しむ作品だと思いました。
楽しむと言っても全体的に胸糞な雰囲気が漂っていますが…