Kazu

哭声 コクソンのKazuのレビュー・感想・評価

哭声 コクソン(2016年製作の映画)
4.0
いやーーーーーーー。
最高ですねぇぇこのエンド。
ここまでの重みは本当に見るのが辛い最初の2時間を耐えてこそか。
所々で笑えるシーンもあるけどそれもちゃんと伏線になってる。
本当最初はいつ観るの止めようかしか考えてなかったけど、最後まで見て良かったです。
國村さんの雰囲気は常人じゃ出せないでしょうね。笑
解釈は幾らでも出来るし答えがないのがずるいですよね。
感想語る前にあくまでもimoであるという事を述べないといけない作品は珍しいです。笑
個人的には聖痕入れてるのは完全に冒涜ですけどねぇ。(これが僕の解釈です)
でも全部キノコのせい、作品全体がメタであり日本人は只の概念であるという解釈も面白いなぁと思いました。