哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

4.0

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

祈祷師が着替えるところで、ふんどし姿を見せたところ、なんか違和感残ってたんだけど、めちゃめちゃヒントだったのね…
そこで國村隼と共通点が…
イヤな気分で終わった…

チェイサーは都市の撮影がかっこよかったんだけど、今作はそこまでハッとする画を見抜けなかった

前半のコメディっぽい部分なしで、ずっと緊張感あるままで見てみたい
Toru

Toruの感想・評価

3.7
150分越えも感じさせないくらい一気に観れた。
「信じたいものが見える」と「信じたくないものは見えない」
冒頭のルカによる福音書の背景こそがこの映画で、終始「キリスト教映画」だった。
難しいことは置いといても、予想できない展開でめちゃくちゃ面白かった。
解説サイト大量に読んだけど、宗教映画は勉強すればするほど奥が深くていい。
(なぞに10年間キリスト教学校だったのが生かされる)
ヤバい。これはヤバいです。コクソンヤバイ(語彙力の欠如)。ジャンルはサスペンス?ホラー?オカルト?それとも...?

最初から面白いですが、途中ギアが掛かってからさらに面白い。ちょっと尋常じゃないくらいのめり込んでしまいました。映画とシンクロ状態ですわ。

なにより今まで観てきたどのサスペンス映画やホラー映画よりも1番怖かったかもしれない...。これが自分の中で衝撃。
『ウワアアアア!!』って怖さと『....ゾゾ...ゾゾゾゾ...』って怖さを錬成して、
『ズズズ...ウワアアアア!ズズズ...ゾゾゾヒエッコワゾゾゾ.......ゾゾゾゾ.......ゾゾゾゾゾゾゾオオオオオオオ!!!!!』って怖さがあるんですよ!なんなのこの映画!(伝わって)

キャスト陣全員演技良かったけど、特に子役と國村隼が良かった。

いや〜國村さんの存在感と演技凄すぎる。近年の出演作の『シン・ゴジラ』『ちはやふる』光属性の國村隼の面影が無い...。役者って凄い。

観た後、他の人の感想や考察巡りも超楽しい。観た人と間違いなく語りたくなる映画。
HiraTaka

HiraTakaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

鼻血のシーンが良かったよね。
おーみ

おーみの感想・評価

3.5
なんかすごいもん見てしまった。
思ってた話と違いすぎた。
主役の俳優さんがよしもと新喜劇の烏川さんそっくり

前半は新喜劇見てる気分でゲラゲラ笑って見てたんだけど、中盤からカルト始まって『俺はとんでもない映画を見てるぞ』と怖くなってくる。後半で「もしかしてこういうことか…」ってハラハラし始め、ラストでもうわけわかんない。
この映画はいったい何を伝えたいんだ。

小1時間考えてひとつの答えにたどり着きました。ネタバレになるから言えないけど。

映画のキャッチコピーは「疑え。惑わされるな。」そういうこと。
ラストでわけわかんなくなった僕はまんまと惑わされていたということですね。

見終わった後に誰かと語り合いたい、そんな作品でした。
mihofujita

mihofujitaの感想・評価

3.6
衝撃作。
韓国映画は何となく苦手なので普段は全然観ないけど、國村隼がパッケージに写ってて思わず手に取った、ことを今では後悔しちゃってるくらいには疲れた。
観るだけで痩せた気がする(痩せてない)

かなり不気味、気持ち悪い。
ミステリーのジャンルになってるけど
そこらのホラーより怖いよオカルト映画だよ

何が間違ってたのか
一体どこからやり直せば良いのか
引き返せるタイミングはあったのか
誰を信じれば良かったのか
色々考えてグッタリ、そしてやるせない
冒頭が福音書の引用だったから薄々そうかなとは思いつつも
最後はあ〜〜そうなのか〜〜ってなる結末

ところどころ笑いそうなくらいちゃっちいゾンビに、RECかよ!パラノーマルかよ!って突っ込んで観てた笑
そうしないと冷静でいられないくらいビビってた笑

國村隼と、子役の女の子の怪演がトラウマ級
お疲れ様でした
umd

umdの感想・評価

3.9
気色悪っ!!
結局何なん!?
イライラしながらあっという間に映画が終わり、見応えはあった。
オカルト、心霊、ゾンビ、スリラー。これはとにかく何処にも終着出来ない怖ろしい気味の悪いジャンルレスな怪奇映画。
観る者によって数多の解釈が出来よう結末だが、劇中絶え間なく繰り返す猟奇/不気味場面の応酬により、完全に脱力してまともな思考さえ奪い去られて、光の一筋も見えてこない。
普段韓国映画を見なかったのに、このところ、アシュラ、コクソン、お嬢さん三連戦により俳優の顔も覚えてくると、悪魔國村の存在よりも、アシュラでは腐れ外道市長と糞豚検事だった演者が放つ瘴気が尋常ではないと気付く。
何が善で何が悪か、救い主と悪魔に何の違いがあるのか、物語が終わって画面が黒くなる頃にはもう、何もかも分からなくなってしまう。
そこはかとない、どす黒い狂気を孕んでいる。
xxxxx

xxxxxの感想・評価

3.4
正直期待しすぎた…。

ここ数年ゴミみたいな映画しか撮らない韓国から、やっと全盛期の韓国映画に戻ったと思ったのに…。

映画館で観れなかった事を後悔したことを後悔した。

色んな人が言ってるけど結局なんなの?
マジなの?ギャグなの?

血でごまかすなよ韓国。
血の多さでエグさを出すなよ韓国。

昔はもっと中身で勝負してたじゃないか。

昔は本当に韓国映画が世界一だと思ってただけに、だまされないよ。

もっと本気出せよ韓国。
>|