哭声 コクソン(2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:156分
    監督
    ナ・ホンジン
    キャスト
    クァク・ドウォン
    ファン・ジョンミン
    國村隼
    チョン・ウヒ
    キム・ファン・ヒー
    チャン・ソヨン
    チョ・ハンチョル
    あらすじ
    平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

    「哭声 コクソン」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/03/11
    3.7

    このレビューはネタバレを含みます

    祈祷師が着替えるところで、ふんどし姿を見せたところ、なんか違和感残ってたんだけど、めちゃめちゃヒントだったのね…
    そこで國村隼と共通点が…
    イヤな気分で終わった…

    チェイサーは都市の撮影がかっこよかったんだけど、今作はそこまでハッとする画を見抜けなかった

    前半のコメディっぽい部分なしで、ずっと緊張感あるままで見てみたい
    拓哉ボールドウィン
    拓哉ボールドウィンの感想・レビュー
    57分
    3.6
    國村、ほんとうに怖ぇぇぇぇーーっ。
    正直、最近の彼の出演は出過ぎぐらいの勢いで、たとえけなしても
    「仕事ですから」
    てな形でいなされてしまう気がしてw
    しかし、本作での演技は本当にすごかった。日本のオヤジはみんなこのぐらい怖いのかと、韓国の人から勘違いされないかしら。

    特に、前半。しゃべらないところが特に怖い。表情だけでもう怖いもんね。

    全体的に怖かったけど、意外にも笑えるところもあるんだよね。
    多分、笑かしてきてるけど字幕でもニュアンスが伝わってこない部分もあったので、感じたものよりもっと笑える作品なのかも。

    正直、後半はちょっとしっつこくて点数を下げたかな。
    何か、あれもやりたい、これもやりたい、て欲張りすぎて、どっちの方向に行きたいのか迷ってる感があった。もっと短くしたら緊張感が途切れずにいけたんじゃないかな。

    國村さんのキャラ設定も、観終わった後に思い起こすと疑問に思う表情とかもあって。あえてミスリードするためのものかもしれないけど。ちょっとフェアじゃないかな。
    hiro
    hiroの感想・レビュー
    1時間
    4.0
    「お嬢さん」「アシュラ」に続いて話題の韓国映画3本目を鑑賞。ジャンル不明の作品。サスペンス?ホラー?オカルト?宗教的でもあり、哲学的な映画でもありました。何が真実で何が嘘なのか、何を信じればいいのか、何を疑うのか、混沌とした思考の中、物凄い緊張感が続く...。観終わった後はかなりの疲労感に襲われました。何度も見直したい作品。
    seaaan
    seaaanの感想・レビュー
    3時間
    4.0
    ホルモンが汚い。
    スーパースルメタイム
    スーパースルメタイムの感想・レビュー
    3時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    私の手や脚を見なさい…
    まさに私だ…
    RYUYA
    RYUYAの感想・レビュー
    6時間
    4.5
    「こういう映画が観たかった」という僕たちの夢を叶え、
    「こんな映画、二度と観たくない」と強く動揺させる。

    『チェイサー』『哀しき獣』で僕を虜にしたナ・ホンジンの姿はもうそこには居なくて、高くトンじゃってて。
    全2作が昼間だとしたら『哭声』は夜の夜の夜。
    オオカミ男みたいに吠えて暴れて傷付けて、突き放す、みたいな。
    鑑賞後、外の喫煙所でそんなことを考えながらタバコを吸っていたら、いつの間にか灰が指先を「ジリッ」と焦がしてた。
    唖然の映画体験。

    不条理、不寛容、猜疑、慟哭。
    ジワジワと、ヒリヒリと、そして唐突に、アクロバティックに。
    引きのカットで魅せる笑いと恐怖、緊張と緩和。
    完璧にもってかれた。
    のたうち回らされた。

    あの祈祷のシーンを超える狂気と興奮に今世紀中に出会える気がしない。
    あの嘔吐のシーンを超える恐怖と笑いに今世紀中に出会える気がしない。
    そして、今作の國村隼を超える「助演」に今世紀中に出会える気もしない。
    無言のジョーカー、映画史に極太の赤ペンで刻まれるべき。

    思い出した映画は、『ゾンビ』と『怒り』と『ブンミおじさんの森』...
    でも、そのどれよりも好きな映画になった。
    こんな映画を輸入されちゃ、日本は国損。
    FK
    FKの感想・レビュー
    6時間
    4.8
    もう二度と観たくない
    あな
    あなの感想・レビュー
    7時間
    4.0
    海鮮丼と天丼と牛丼を合わせた感じのボリューム感!もう満腹です!前半のサスペンスを含みつつもクスッと笑えるブラックコメディ感からの後半のゾクッがジワジワくる緊迫感。絶妙なバランスの演出と展開で大いに楽しめた。やや長めな作品ではあるが、全く飽きることなく、というかそんな暇がないくらいだった。我が日本国の名優の國村準さんの演技もさることながら、名はわからないけどみなさんとてもいい演技だった。特に印象的だったのは、主人公の娘役の子。今作では、中々のえげつない役なのに対し素晴らしい演技をみせてくれた。もう女優って感じだ。伏線の回収も気持ちよいぐらいちゃんとできてたし、最後まで真相がわからないところもよかったし、ラストの畳み掛けのケタケタ笑いも最高!
    おそらくBlu-rayは購入するだろう。
    mura
    muraの感想・レビュー
    12時間
    4.3
    「谷城(コクソン)」という意味ありげな名前の場所は実在するんだ。

    冒頭、事件がおこる農村が日本の農村とあまりにも似ていて驚いた。そこにあらわれる異分子としての日本人。リアルなようで、ファンタジックなようで。この設定に引き込まれた。

    村のなかで猟奇的な事件が続発。同時に広まる噂。怪しげな日本人がいると。その日本人は何者か。疑心が高まっていくなかで登場する祈祷師、神父、そして悪霊…あれあれ、エクソシスト?

    話はそう単純ではなく、ここから混乱のなかへ。

    村のなかにひっそりと入り込んでいる異分子。それが何者かわからないにもかかわらず、しだいに大きくなる疑心、さらにそれが暗鬼を生じさせる…っていったまさにことわざのような話。

    『淵に立つ』にも通じるテーマか。『淵に立つ』が「家」に入ってくる異分子へのハレーションを描くのに対し、本作は「村」に入ってくる異分子へのハレーションを描く。

    うーん、ともに面白い。で、ともにどこか滑稽。人間とはそういうものってことか。本作も、震えながら笑い、笑いながら震えるって感じで見た。

    最後は、混乱させて、混乱させて、混乱させてそのまま放置。ただ、こういう映画は嫌いじゃない。
    >|