哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

祈祷師が着替えるところで、ふんどし姿を見せたところ、なんか違和感残ってたんだけど、めちゃめちゃヒントだったのね…
そこで國村隼と共通点が…
イヤな気分で終わった…

チェイサーは都市の撮影がかっこよかったんだけど、今作はそこまでハッとする画を見抜けなかった

前半のコメディっぽい部分なしで、ずっと緊張感あるままで見てみたい
スッキリしない

全然分からなかった

わからないことがとても怖い
もしかしたら、あの人が…
あの人のあの行動は…

考えてしまう
ポチ

ポチの感想・評価

-
なんだこれは。というのが正直な感想…。
基本的にオカルトで、あるセリフの「なぜ心に疑いを持つのか」に集約されるストーリーなのかもしれないけど…その割に答えが無く色々な伏線が放置されている。
國村さんの不気味さが無ければ更に微妙だったかも…。子役の子の演技はすごかった。

祈祷がシャンシャンカーニバルで笑った。

補足
考察を色々読んだら、伏線が放置されてる訳ではないみたい。聖書を知らないと気付けない…
IPPO

IPPOの感想・評価

4.1
難解極まりない。

数々の国際映画祭で絶賛を呼んだ韓国映画の意欲作。
日本からは國村隼が出演。

田舎町で連発する謎の怪奇殺人事件の謎を追う物語。

解説無しには理解出来ない難解作。

キリスト、悪魔払いなど宗教的知識が求められると同時に、
見えているものが全てなのか、
見えないものにも霊力や威力はあるのではないか、というシャーマニズにも触れている。

サスペンスやスリラーではなく、
オカルトや神学に近いところを題材にした怪作。
2017 9月 鑑賞

魔除け?
エクソシストみたいな
pochi

pochiの感想・評価

3.9
観客自体が「映画」の一部。観るもの視点や気分によって捉え方が変わる。
パラフィクション。怖い映画が苦手な自分だが、2時間30分という時間の長さも感じることなく鑑賞できた。ただ終盤の國村準のせりふは鳥肌たった。夢に出てきそう。出てこなかったが。
夜中にひとりで見るんじゃなかった!
こわい!!こわい!!!
あっそうなっちゃうの~~?てな感じで後半の展開がめまぐるしくて150分あっという間だった。
終わりかたは私は好きです、なんとなく自分で納得できる解釈ができたので。
それにしても國村さん恐ろしい~~
あ

あの感想・評価

3.9
最後の最後まで何を信じたらいいか分からなくなる
aya

ayaの感想・評価

2.6
こ、、これはホラーなんですか💧💧💧
いやはや怖かったー。
というか韓流映画って出血シーン半端ない😰😰😰
怖いもの見たさとラストどうなるか知りたくて最後まで見たけど、、????で終わり。
夜、怖くて寝れないわー😰
最初に謝っておきます。
この映画が好きな人、ごめんなさいm(_ _)m


これは…
サスペンス・スリラー?
オカルト?
ホラー?
………。


ストーリー…?
(騙されたには違いないが、聖書に馴染みの無い自分にとって心に刺さるものが無い…
キリスト教信者や欧米の人々であれば、全く違うのかな…)

キャラクター…?
(國村隼は好きな俳優で、本作の彼の演技はまさしく怪演!それと娘役の女の子も怪演で、二人とも怖いくらいに頑張っていたが…)

前評判が高く面白そうに思えていたので、期待値がかなり上がってしまったかもしれないが、はっきり言って自分にはハマらなかった…


ん?
そう言えば、“インビテーション”も全く受け付けなかった。
この種の感性が自分には欠けているのかも。

何だろう。
このガッカリな感じは…


“…”が多すぎなレビューでした…^^;
>|