哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

祈祷師が着替えるところで、ふんどし姿を見せたところ、なんか違和感残ってたんだけど、めちゃめちゃヒントだったのね…
そこで國村隼と共通点が…
イヤな気分で終わった…

チェイサーは都市の撮影がかっこよかったんだけど、今作はそこまでハッとする画を見抜けなかった

前半のコメディっぽい部分なしで、ずっと緊張感あるままで見てみたい
taka

takaの感想・評価

1.5

このレビューはネタバレを含みます

鬼って



なんやねん笑笑
見たほうがいいです。
見た後も全く理解できないですが、
ネタバレを見たら全てが繋がります。
日本人の宗教観と韓国人の宗教観の相違の話です。
belmondo

belmondoの感想・評価

4.4
どえらい映画に出会ってしまった笑。全然あらすじとか読んでなかったんで、まさか韓流エクソシストだったなんて笑!長編ですが見応えありました。あり過ぎました。途中何回か吐きそうになりました笑。
Tomo

Tomoの感想・評価

3.0
みんなのレビューを見てレンタルしてみました。
見終わった後、ん?終わり?結局なに?
って感じになって、みんなのネタバレ見てみたけど
それもいろんな解釈の仕方があって。。。
なんだかモヤっとした作品でした。
弥太郎

弥太郎の感想・評価

4.8
こんな映画観たことない。。

なんなんだ、これは!!笑
意味わからなすぎて笑っちゃいます!観ていない方は確実にどうぞ。面白いからとか、秀逸なストーリーだからとかではなく、衝動的に勧めてしまう一本。

うーん、これはサスペンスですか?ホラーですか?ファンタジーですか?コメディですか?カテゴライズも難しい中に、猟奇的殺人の真相究明、強い宗教感、若干の反日思想。156分これらが入り混ざった混沌とした哭声の世界。見応えありました。本編を見た後に予告編を観ると予告編制作の苦労が伺えます。

人間?の二面性がこの作品では強く描かれています。警察官、その娘、祈祷師、謎の日本人、目撃者、どれも独特なキャラクターで、それぞれが持つ強い側面と、弱い側面の二つの顔が見受けられました。始まりから終わりまで、そのある意味での"人間味"は物語の真相を最後まで惑わします。『疑え、惑わされるな』パッケージの文言通りです。また、大枠の猟奇的殺人を飛び抜けたストーリー展開が込められていて、隠されたセクション分けも楽しかったです。退屈に感じる時間は一切ありませんでした。
rino

rinoの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

期待しすぎもあったのかと思うけど、
裏を読むのが難しくて、キリスト教視点からみるという解説がなければ、反日映画とか言われちゃうのも無理はない。國村隼人がまた不気味な日本人としての演技がうますぎてね。
最後まで誰が、誰とグルで、黒幕は誰なのか、考えるのは楽しかったです。後半盛り上がります。あれ?やっぱりこの人味方??って思って信じてみたり、裏切られたり、なかなかわからない作品です。
ただ、その謎が解けてすっきりするかどうかは人による。難しい作品。一回みただけじゃわからん。そしてラストも救われない。

このレビューはネタバレを含みます

「チェイサー」みたいなクライムサスペンスを期待していたのに、スピリチュアルな展開へまさかの方向転換!
あ〜そっち行っちゃうのね〜…。と残念な気持ちでエンディング。

しかし、腑に落ちない部分があったのでググってみてビックリ。
すべて幻覚説があったとは!

悪霊や祈祷師などのスピリチュアルな現象が存在する世界なんだ…。と勝手に解釈して、作品に対するスタンスを変えていた(サスペンス→オカルトホラー)自分は、監督の思惑に見事ハマっていたのかもしれません。

ただ、上記の説を狙っていたのであれば、ラストの解釈は観る側に委ねないでしっかり描いてくれればもっと評価は高かったと思います。エンドロールで咀嚼しながら感心できたら最高じゃないですか。

俳優陣の鬼気迫る演技、そしてクロスカッティングを多用した緊張感溢れる演出はチェイサーと同じく興奮しました。

時間があれば再鑑賞してみます。
その時は上方、下方、どちらに修正するでしょうか?
ミステリーかと思ったら、ホラーでした
怖かったけど、引き込まれてあっという間でした
いおり

いおりの感想・評価

4.3
どう解釈すればいいのか
>|