哭声 コクソン(2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:
  • 韓国
  • / 上映時間:156分
    監督
    ナ・ホンジン
    キャスト
    クァク・ドウォン
    ファン・ジョンミン
    國村隼
    チョン・ウヒ
    キム・ファン・ヒー
    チャン・ソヨン
    チョ・ハンチョル
    あらすじ
    平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

    「哭声 コクソン」に投稿された感想・レビュー

    meiharasawa
    meiharasawaの感想・レビュー
    2時間
    5.0
    おもしろかった!!
    韓国映画の熱量すごいな〜〜
    土砂降りの雨がまた良い。
    ただこれから穏やかな気持ちで國村隼さん見れない(*´-`)こわい(*´-`)こわいよ(*´-`)
    すしやろう
    すしやろうの感想・レビュー
    9時間
    4.7
    疑念が人を悪魔にする。
    悪魔は常に餌を垂らしててお前がそれに食いついただけ。圧巻です。
    ひろくん
    ひろくんの感想・レビュー
    9時間
    4.8
    何も知らないで見て大正解だった。完全に度肝を抜かれた。だからまだ未見の人には何のレビューも読んで欲しくない。ただ、面白いということだけを知っておいて欲しい。ゾンビ陰陽大戦なんて口が滑っても…アッー!
    nori
    noriの感想・レビュー
    10時間
    -
    映画館鑑賞。

    何も起こりそうにない村なのに、人が殺されていく事件が起きる。
    犯人は、なんだか分からない状態で茫然としている。

    警察官をしている主人公の娘は何かにとりつかれたかのように性格が変わる。
    1人で住んでいる日本人が怪しい。
    娘の状態はますますおかしくなる。
    祈祷師に頼んで祈祷してもらう。
    日本人も同じときに1人祈祷する。
    一体どうなっているんだろう?
    娘はもうやめてくれ~と泣き叫ぶ。

    ここから先は、個々の見解となりそう。
    日本人は悪魔なんだろう。
    私の考え。
    祈祷師は悪魔?近い者?悪を呼び込む者?
    白い服の女性はなんとかしようとする者?でも、なんとかなったことはないみたいだ。
    世の中、悪魔が何かしようとし始めたら、今回はこのくらいにしておいてやろうと思うまで続くのかもしれない。

    今度は、どこへどんな人になって現れるのか?
    その人は、きっとカメラで写真を撮って自分で現像するのが好きだと思う。
    m
    mの感想・レビュー
    11時間
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    ファン・ジョンミンものは欠かせないので観てきた。なんなん、これ。きっとみんな自分の心の持ちようでそこにあるものが違って見えるんだろう。最後のイサムのところで、國村さんの手に穴が空いてて、それはイサムがキリスト信者だからそう見えてたとしたらとか、いろんな取り方ができそう。全員幻覚キノコにやられてるって取り方だってあるしw 真面目であればあるほど笑いがこみ上げてきたり(祈祷のシーンとかw)、途中から悪魔祓いにシフトしたり、いろんな角度から「え、そーくるの?!」という驚きで楽しめたけど、時折とてつもなく怖かったわ。それにしてもイサムの勇気に脱帽。わたしなら頼まれても2度目はお金積まれても行かない!つーかファンジョンミン、あなたは一体何者だったの…?そしてあの吐瀉物はどのように撮ったの…?(笑)
    ましま
    ましまの感想・レビュー
    14時間
    3.5
    なーーーんか2ちゃんの洒落怖みたいな映画だったな
    退屈はしなかった
    いつ終わるんだ、いつ終わるんだ、いつ終わるんだ、あ、今かーいって感じです
    にこぺ
    にこぺの感想・レビュー
    17時間
    3.0
    ついに「哭声」がやってきた。
    熱量は素晴らしい、役者陣も素晴らしい、でも長い割に答えはないのね。
    すっきり終わらないというか、どこにも救いがなく終わるというのが韓国映画の得意技でして、覚悟はしておりましたが…。
    あの子役の女の子、あんな役をやってプライベートは大丈夫かしらと余計な心配しております。
    國村準は評判通り怪演してます。
    ナ・ホンジン監督の「チェイサー」「哀しき獣」も好きなんだけどな。”霊媒師”っていうのが、私のテンションを下げるアイテムなのかもしれない。
    くわんぬ
    くわんぬの感想・レビュー
    18時間
    4.7

    このレビューはネタバレを含みます

    何が入ってるかわからないびっくり箱を連続で開けていくような映画。主人公は頭おかしくなっておじさんの家に侵入して犬をブッ殺す。酷い。あの辺りから主人公は既に惑わされていたんだろう。というか主人公が1番惑わされてる。これがコクソンだったから良かった(良くない)けど、作品によっては娘を守ろうとするあまり道を間違えて悪役になりかねない。"娘の為"は免罪符じゃない。
    クライマックスかと思っていたらまだ中盤だったりして、なかなか終わってくれない。正直怖かった。
    rinrinu
    rinrinuの感想・レビュー
    20時間
    4.2
    24日に見て、どうしてももう一度見たくてたかが世界の終わりを諦め26日に滑り込みで二回目を見てきました。

    韓国映画は昔DVDで見ていた事がありますが、映画館では初めてでした。レビューで気になっていたので、サンサン劇場でかけてくれて感謝です。

    とにかく圧倒的な質量に魅入ってしまいました。後半の20分は鳥肌がたつくらい怖かったです。二転三転と状況が変わる中、何をどう理解すればいいのか最後まで唸りっぱなし。見終わった後、考察サイトを読み納得したりしなかったり。
    祈祷シーンのインパクトも凄かったです。

    最近デイブの例の記事を読んでいたので、役者のうまさをより実感しました。熱量が凄かったです。子役も誰も彼もうまい!そして國村さんも凄まじかった。改めてうまい役者なんだなと思いました。見応えあります。前半の少ない台詞と抑えた表情だけでも充分伝わるものがありました。

    答えの出ない作品ですが、そこも楽しめると思います。まだこれから公開される地域もあるので、迷っている方はとりあえず見に行っとけ!と思います。余計なお世話ですみません。
    >|