哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

まよ

まよの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

幻覚キノコ🍄
ミステリーかと思いきや後半オカルト
オカルト描写が出てきた時ちょっと笑ってしまった
國村さん演じる日本人の目つきが怖過ぎ
聖痕みたいなのあったけど、キリストを模したのかわからない
もっとキリスト教を知ってから見るべきだった
石を投げたりするのもキリスト教から…?

余所者に対する主人公の根拠のない確信や、村人のそれに同調する姿勢が人間味を帯びていた
日本人も言っていたが、確信してしまうとその考えは覆らない
人を信じることはとても難しい

後半から誰が犯人なのか、何に騙されていたのかわからなくなっていき楽しかった

感情的で愚かだったが、娘思いの父親だったと思う
おもしろかった。
たろう

たろうの感想・評価

3.9
今まで見た映画の中で一番怖い。
本当の恐怖を味わった。半月以上前に観たのに、未だにシーンを思い出す。。。

閉鎖的な村で起こる数々の不可解な事件。事件を追う刑事、山中に暮らす”よそ者”の日本人、狂っていく愛しい娘、救世主に見える祈祷師。

ナ・ホンジン監督だから「チェイサー」「哀しき獣」的なグロめのサスペンスを予想して夜に観始めたら、サスペンスというよりホラー。完全にホラー。

國村隼の演技が怖すぎてもうアウトレイジ観れない。
はるる

はるるの感想・評価

4.0
みんな100点の演技だった。
面白いんだけどキリストとかの知識がないと難しい、、
でも解釈はみんな違ってみんな良いのかも。
マコ

マコの感想・評価

-
すごくおもしろかったし、この監督の映画をもっと見たくなった。ホラーなのにちょいちょいギャグ入ってて、しかも映画の世界観を壊していないところが不思議。國村準のインタビューには、監督からこの役はキリストと同じ役割だと言われた、とあった。視点によって変わるのか。主人公が自分で招いた結果とも取れるし、よそ者を排除しようとする人間の心理とも取れる。ひとつの映像から複数の見方をできるのがこの映画のすごいとこだと思う。祈祷師の足の長さ(長すぎ)ととりあえず叫ぶ演技がうーん。。。だった。血の描写は園子温よりよくできてる。
SU

SUの感想・評価

3.7
コメディタッチなテイスト◎
長い△
エクソシスト的な霊感的な要素✖️
ラスト40分 fucking love it.
>|