哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

tomtomcafe

tomtomcafeの感想・評価

4.5
韓国の平和な村に謎の日本人が住み着いてから怪奇事件が続発。主人公の警官が事件を追う中、警官の娘が豹変していく…。

序盤、主人公の警官が上島竜兵に見えてくるくらいコメディタッチでストーリーが進行するのですが、徐々に深刻になっていき、気がつけばあっという間に終わっていました。とてもおもしろかったです。

友だちと観にいったのですが、まったく自分と解釈が異なっていたので、興味がつきません。
ちぇり

ちぇりの感想・評価

4.1
何だろう...
予想していたものと全っ然違った
じめっとしてて不穏な雰囲気から
サスペンスでありホラーでもありパニック?
時々コメディな味付けもされている
何これ?
もはやジャンルはどこに属されるのかと
若干困惑しつつも
気づけばこの物語に引き込まれ
怖っ!なになに?誰?
え?どっち?どういうこと?
行くの?行かないの?
だから誰なの?
ギャーーーーーーーッッ!!!!
ってな感じで
最終的にかなり楽しんでいた私🙄💥
自分なりの解釈でも存分に楽しめたけど
実際かなり宗教的な要素が含まれているようで
祈祷バトルとか大量噴射とか
笑っちゃってたけど
細かい描写にもわりとしっかり意味があって
結構深い内容だったのね...
思ってたより人によって色んな見方ができる系の作品でした

内容もですがまた役者が皆んな凄い
中でも國村さんのカリスマ的な異質感
とても見応えありました👏👏👏.
最後まであまり登場人物を覚えられなかったけど
主演抑えて確実に不気味な日本人、國村隼のインパクト強過ぎた。
事前にストーリーもなんとなく知ってたけど後半から全く意味もなさなくて色々疑い過ぎてカオスでした。

とりあえずすごい祈祷師の場面いきなりうるさい。2回も。
『哭声』鑑賞
凄い映画を観てしまったというのが観終って最初の感想でした
宗教や悪魔的なモノの存在をフィクションというより現実的に創られている作品だと自分は感じました

謎の日本人役を國村隼さんが演じています
韓国映画は真に迫る演技が他の国の映画より強く感じるのは自分だけじゃないはず🤓
猫田

猫田の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

宗教的なオカルトと小さなコミュニティ独自の人間の怖さで2倍ゾクゾク。真実を歪めて人をここまで翻弄させてしまう先入観ってのは、恐ろしい。こんだけ振り回されて結局救われないので、実は神様なんて人間が思っているより意地悪な存在なのかもしれないなと嫌でも思ってしまう。ナホンジン作品では、誰かしらよく走ってる気がするけど、今回も森を走る映像が地味に好きだった。そして、ただでさえ眼力のある國村さんは赤眼だと数倍こわい。監督が顔だけで選んだってのも納得の怪演
chebu61

chebu61の感想・評価

4.5
そうきたかってなった笑
色々つまんで作られてるから混ざるけど異文化混ざるとこういう現象も起こりうるのかも。と面白く観れた。
韓国映画はロケーションが素晴らしいなぁ。
こういうの完全に分かったふりして高評価すんのやめませんか?
いや、すごいけどさ
>|