哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

2017月6月23日金曜日
高田世界館
恐怖体験

何一つ確かな事がわからない困惑と否応なく進む事態
怖い
この映画、結局主人公が伝聞等で集めた情報だけで確かな事が何一つないのが面白いと思った

キリスト教と関係の強い映画だとか
本作を見終わったあと、ネットの考察などをよんでみると別の面白みがあった
MakiMinami

MakiMinamiの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

まず、キリスト教がわからなければ
わからない。
皆さんのレビューやネタバレを
後からみてやっと少し納得。

出演者の演技の迫力は、
確かに凄い。
日本人唯一の出演者、
國村隼さんは、
よくこんな激しい役を受けたと驚き、
役者根性に感服致します。

先に言ってしまうと、
白い服の女は土地の神。
村人を守ろうと言葉で伝えたが、
村はキノコの健康食品の副作用で、
錯乱し殺人事件で混乱のため、
彼女の言葉は村人に届かない。

愚かな人々は、
疑いを持ち、
信じて真実を見ることを怠った。
信じることを怠ることは、
罪に値する。

結構グロい、汚い。
見所は、主役の娘のエクソシスト的
迫真の演技。
國村さんの日本では見られない
体当たりな演技。

見るかみないかはあなた次第。
Keny

Kenyの感想・評価

-
これはまたとんでもない怪作が。

國村隼が出ています。
子役の女の子の演技の振り幅がエドワード・ノートン級の魅力を発揮していた。
惨殺死体の連続で血塗られた画面に、難解なサスペンス、そして長尺。
見る人を選ぶ作品。
これが大ヒットする韓国の映画市場と観客の感性に思わずあっぱれと言いたい。
日本だと園子温的立ち位置になるのかな。
ホラー感は黒沢清監督を感じた。

国柄と作品の相関関係を感じずにはいられない。
ロシア文学がドストエフスキーの罪と罰のような暗くて陰陰滅滅とした作品に代表されるように、気候や国柄が作品に作用することはある。

とにかく怪作。
mizu

mizuの感想・評価

2.2
レンタル
雫

雫の感想・評価

1.0
うーん、ちょっと、よく分からない。
でも独特の世界観に引き込まれた
ハラハラドキドキ…いや違うな
何か暗い闇に堕ちてくみたいな感覚
二度と戻れないような感覚
一種の中毒のような映画かもしれない

てか子役の振り幅すごくない?
猟奇的で残忍な役
あんな風に演じるって
ちょっと本気で怖かった

熱心な信仰ある国では
この映画はうけたりするのかな…。

まとめて色んな映画みようとしてる方には
最初の方にみることをオススメします
非常に後味悪いです。
でも、なんだか目が離せないです。
きの

きのの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

想定してたのと全く違っててびっくりした
面白そうなのに私の頭じゃよくわかりません
ファンジョンミンのダンシング祈祷
「自分が聞いたこと見たものをどれだけ信じて生きていますか。」
かとん

かとんの感想・評価

3.0
考えれば考えるほど分からない
けどどんどん落ちてくのが面白かった
>|