哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.8

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

2017月6月23日金曜日
高田世界館
8823

8823の感想・評価

4.0
終始緊張しっぱなし。

キリスト教に精通してないと意味が理解しきれないが、精通してなくても面白かった。

國村さんの迫力たるや。
(國村さんはハングル読みでコクソンさんらしい)

必見
りほ

りほの感想・評価

3.7
すごく難解だけど見てよかった。
好みかどうかは置いておいて見る価値がある映画って感じ。
テーマが本当に多い。
考察読むのが楽しかった。
yk

ykの感想・評価

3.3
声ちっさと思って音量上げて観てたらエライ目にあった。娘の叫び声と祈祷のシーンヤバすぎたけど気になって最後まで観ちゃった
ゲボもきもすぎるし祈祷師まじで嫌い
岬

岬の感想・評価

3.8
まんまと惑わされる。
まさに韓国版エクソシスト。

どういう事?って終わり方なので鑑賞後に考察サイトを観るのがマスト。
キリスト教にあまり親しみのない我々日本人には分かりにくい映画。

主役の警察官があまりにも単細胞で煩いし胸糞が止まらん。
子役の女の子の演技はとにかくすごい!

公開当初映画館で観る予定やったけど、観なくて良かったと思うほどドキドキするシーンがある。
そしてちょいちょいコメディかと思うシーンが(笑)

凄まじい大声に祈祷中の爆演奏で非常に体力を消耗するのでもう一度みたいとは思わないけど面白かった。
emi

emiの感想・評価

-
色々と考察も見たけど、結局キリスト教のメタファーは関係なく、ルカによる福音書、それだけが真実で本質なんじゃないかと思った。
あの引用は逆に言えば自分が信じたものしか見ていないという盲信への警鐘でもあるわけで、そうするとこれらの事件は主人公が日本人を悪として突き進みすぎた故に招いた悪い結果であるとしか…
というかその盲信のせいで加速させたというイメージ。
結局毒キノコ以上の被害を出したのはそのせいではないかと。
最後に日本人がその引用を繰り返すのは我々気づかせるためかなって…
あの鬼の姿も幻覚なんだろうと思う。
視覚の比喩表現。
理論的・現実的に考えたいところだけど、それでは解決できない謎が多すぎて少し消化不良。
peche

pecheの感想・評価

3.0
エクソシストの韓国版という感じ。
あまりよくわからなかった。
解説によるとキリスト教の奥深い隠喩があるらしい。
MOTO

MOTOの感想・評価

2.5
映像や演出は素晴らしいけど、韓国の人の感情のままに喚き散らす文化が苦手…などと思っているうちに話に置いていかれた。お前、ホラーじゃなかったんかい。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

4.6
完璧なまでに宗教映画。ホラーの姿をした宗教映画。思ってたのと全然違うベクトルで面白かった。
冒頭の引用、國村隼演じる謎の日本人の正体(見た目ではなく真の意味での)とにかくキリスト教への知識がない日本の鑑賞者にはただただよくわからない映画にしか見られないと思う。

聖痕、黒い犬、鶏が三回鳴く、あまりにもキリスト教からの引用が多いし自分の知識の足りないところを補うためにめっちゃ検索してやっと理解できた。いやーめっちゃ面白い。最高でした。
yeeEsan

yeeEsanの感想・評価

2.9
全部しっかりと観れませんでした
疲れました
>|