哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

misa

misaの感想・評価

3.8
私が見ているのは真実か、幻か、神か、悪魔かーー。

皆様のレビューで、深読みすると面白いという前情報を踏まえて鑑賞。ワクワク。

おぉ…想像よりドップリオカルト。
顔は血まみれ。
叫び。
呪い。
子供はエクソシスト。
正直やり過ぎなんだけど、韓国映画の思い切りの良さが気持ちいい。

上記の事もあり、怖さに関しては興醒め。
でも気味の悪さは天下一品。
暗いよーー。

主役がオトボケで笑わせてくれるのと、祈祷師のキレキレダンスが息抜き。

でもこの映画、確かにただのオカルトじゃないですね。

「誰が悪なのか」というのを観る側に散々推理させ混乱させるミステリーの様相が強くなったかと思うと、キノコを挟んでくるからまた複雑。
そしてすごいラストに落とし込んできた。

最初からずっと精神的な所に訴えてくる話で、観終わった後は結構モヤモヤ。ハテナマーク。

疑う怖さ、信じる怖さ。
深いところでキリスト教思想の解説も読んだけど、なるほどねぇ…としか言えません(^_^;)

噛めば噛むほど味が出る映画なのかもしれないけど、そこまで追いかける気持ちにはならなかった。
もう一度観る元気もないし、無宗教の私には何度観ても解釈は深くならなさそうです。

日本人の國村さんは最初から最後まですごいキーパーソンなのだけど、あの体を張った演技とボソボソしゃべるギャップが怖くて素敵でした。
真っ赤な目が、忘れられない。

あと、ある人の頭にささったクワが忘れられない。
彼はとても怒っていたけど、私はむっちゃ笑った。

あ、「新感染」のホームレスの人が出ていました。韓国映画は同じ俳優さんがよく出てくるので、すぐ覚えられるのも楽しみの一つですね〜。

定期的に、韓国映画を観ていきたいと思います!
みなと

みなとの感想・評価

4.0
最後まで分からない展開がハラハラドキドキしてとっても面白かった。何より子役の演技がすごくて、、、そこがめっちゃ怖かった、、、思っていたよりオカルトチックで個人的に大好きな作品になりそうです!!
Misa

Misaの感想・評価

3.5
言うほど怖くなかったから1人で観れるやん。

何を信じるかで物事の結末って変わるし、捉え方も変わるし
何処に視点を置くのかで見え方が正反対に変わる映画。

一緒に見るひとを変えて何回か観てあーだこーだ言いながら観るのもまた楽しそう。

流石だな、の一言
韓国の独特な雰囲気もあり、圧倒的な演技力の高さもあり、カメラワークも含めて◎
そしてなんと言おう、ナホンジンさすがだよ。
除霊ダンスは笑う
らび子

らび子の感想・評価

4.0
期待してみた映画です。
気持ちの悪い怖さで、今何が起こっているのか、何を信じたら良いのかわからなくなるような映画でした。結局は何が悪者?何がいけなかったのか、私はよくわかりませんでした。
何とは言えませんが、すごく怖かったのでもう二度と見ません。良い意味で。
TAISHI

TAISHIの感想・評価

3.4
最初から最後まで胸糞映画やった。
誰を信じればいいのか、映画中に何度も葛藤したけど結局はやっぱりアイツやった
eigajin

eigajinの感想・評価

5.0
2019/10/14
胸糞すぎるし全然わからん、やばくないこれ?!?!!え、つよ、この映画
結局どういう意味なん?!敵誰?!誰が犯人?てか何?呪い?ウイルス??ゾンビ?!全くわからんすぎてえぐい、、前半友達と笑いながら観てたのに中盤からそれどころちゃう…えぐいて、、、、、なんやねんこの映画……………なんというかヤバいね…………スコアつけられん…最初クソ映画(設定ぐちゃぐちゃやん?ギャグ?)て思ってたのに中盤からわらわれへん、、子役のヒョジンの演技が上手すぎた………びっくり……………

え〜、、ほんとにわからん……
noname

nonameの感想・評価

2.0
ゾンビもの?心霊もの?
娘役の子の縁起凄かったなぁ。
國村さんはさすがの演技力。日本の映画だったらあんなに走らせることはないんだろうなってくらい走ってた。
全くスッキリしない終わり方でしたし、あの女性は結局なんだったのか謎が残るばかりです。
韓国の除霊は随分とテンションが高いんだなぁと思いました。
宗教観が薄い私には解説なしに理解できなかったけど詳しい人が見たらめっちゃ面白いんだろうな〜

除霊サンバのシーンには笑った
>|