哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.8

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

私が選択する韓国映画がそうなのか。本作も御多分に洩れず、暗く、重く、湿気のあるシーンが画面を支配する。

國村隼が登用されているが、同じ日本人として役どころがシックリせず、物凄い不快感を得た。

ラストに向かうほどコテコテのゲテモノ感が強くて、どんどんシラけていった。

私は同じテイストでも「殺人の追憶」のタッチが好きなんだと再確認出来た。それだけでも良かったかな。

⭐️教訓⭐️海外映画における日本人の描き方。色々あるんだなぁと勉強になる。

このレビューはネタバレを含みます

國村隼の演技がとにかくすごい。最後まで翻弄されてしまう。
怪しい日本人、祈祷師、若い女、この3人に惑わされながら娘を救おうともがき、もがけばもがくほど後戻りできない深みへハマっていく警察官。

最後に鶏が3度鳴くまで家へ行くなという女の忠告に従ったとして、果たして家族は助かっていたのだろうか?
祈祷師が最後に写真を取りに来ていた所から、祈祷師と日本人はグルなのでは?と思ったが、もしかしたら祈祷師が日本人の家に写真を貼りまくりハメた可能性もある?
実は3人ともそれぞれで呪いをかけていた可能性も??
考えれば考えるほど、何が真実なのかわからなくなる映画だった。
でも最後まで目が離せず、翻弄させられっぱなし、緊張しっぱなしの素晴らしい映画だった…。
かんな

かんなの感想・評価

4.3
まず本編鑑賞して
自分で解釈して
ネットに転がってる他の人の解釈を見て
3段階で面白いなと。

面白かったの解説は
カメさんという方が書いてる『物語る亀』というブログと
LoveFootballさんがまとめてるNAVERの記事です(^ω^)
Veilchen

Veilchenの感想・評価

4.4
祈祷師vsよそ者 君はどっちを応援する!?
キリスト教の教養が欲しくなる
uma611

uma611の感想・評価

4.0
【私の口でいくら言ったところで、お前の考えは変わらない】


闇の國村隼人とトランス祈祷合戦
韓国産オカルトサスペンス

何度も映される霧の立ち込める山奥の光景が醸し出す、映画全体に染み渡る不穏さがすごかった。

自分が見聞きし、信じているものとそれに対する疑わしさ
本当だと思っているものは本当に「本当」なのか?
ラストの展開まで観客に問を投げかけて足元をぐらつかせるような作りになっている感じがした。
「キリスト教」というものに造詣が深いともっと理解が進んだかもしれない

奴は釣りをしている...
ジメッとした感じと鹿を貪り食う映画
YukiNakai

YukiNakaiの感想・評価

4.0
おもしろかった。

悪魔払いのシーンで盛大に笑ってしまった。
だくろ

だくろの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

1回目と2回目で、または人によって見方がガラッと変わる映画。対極へ。
宗教信仰に関して、信仰者と異端者を描いている。國村隼遠じる謎の男を「悪魔」から「キリスト」に置き換えるだけで、だいぶストーリーが変わるのが面白い。(解釈合ってるかわからんけど)
ビジュアルが完全に悪魔だったけど、異端者にとってはある神は悪魔だもんね。納得できた。この映画を中高の倫理(宗教軽く学ぶやつ)で見せてみたら面白いと思う。

祈祷師踊りすぎてて笑ってしまった。
翔猫

翔猫の感想・評価

-
韓国ののどかな村コクソン
平和なはずの村で起きたのは、村人が家族を惨殺するという連続猟奇殺人事件だった
捕まった犯人は皆 動機もなく、身体中に不気味な発疹ができて正気を失っていた
幻覚性のキノコが原因とされたが、不可解な点も多かった
捜査に当たっていた警察官のジョングは、同僚のソンボクから奇妙な噂を耳にする
ある男が山で鹿を捕っていたところ、裸同然の日本人が現れ、死んだ鹿を貪っているのを見たという
あまりに荒唐無稽な話に一蹴するジョングだったが、事件を目撃したという不気味な女性ムミョンに、犯人はあの日本人だと指摘され、ジョングはその正体に迫っていく

韓国のオカルト・サスペンス映画
作品全体から漂うパワフルさに圧倒された
不信感に操られ、翻弄される人々のカオスさと、観ている側もその一員として引き込むパワー
これは凄い

鑑賞者を惑わせるのに一躍を買ったのは、作中で謎の日本人役を演じた國村隼
本作で賞まで受賞してるその演技も素晴らしい
日本人ということもあって、作中でもほとんど喋らず、ただ居るだけ
そこに居るだけの存在感が確かにあった
怪しげな行動をとり、夢の中の悪魔のような姿、しかし優しげに住民と交流する
その正体は誰なのか、何なのか

意味深で解釈の分かれるラストも味わい深い
監督のナ・ホンジンも、解釈が分かれることを望んで作ったようで、見事にやられる
冒頭のルカによる福音書の引用からもわかる通り、作中では感じづらいけど、核の一つになっているのはキリスト教の存在
実は監督もクリスチャンだそうで、そういえば『チェイサー』にも宗教っぽい要素あったよね

韓国映画ってサスペンスっぽくても謎にコメディチックなシーンとか入れてくるけど、本作も洒落みたいなシーンと洒落にならないシーンが両方ブチ込まれてるので、冒頭で油断してると鳩尾を狙った鋭いのが来るのでヤバい
画的に力強すぎる祈祷バトルとか観れただけでも良かった

SAN値ゴリゴリ削ってくる國村隼だけではなく、この映画には鑑賞者を惑わせる要素がてんこ盛り
存分に登場人物達と翻弄され、惑わされ、狂わされていくのが正しい鑑賞方法かもしれない
悪魔は釣り糸を垂らすだけ
我々はいつの間にかそれに食いついていたのだ・・・
Naoki

Naokiの感想・評価

3.3
いいお祓いが見れます。
>|