哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.9

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

開いた口がふさがらない
グロホラーかよ!と思っていた自分が恥ずかしいです。
宗教に興味が出ました
ありがとうございました。
pan

panの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ようやく見た。
長いし怖いの苦手だしでなかなか踏ん切りがつかなったけど、今なら大丈夫かもと思ってトライ。
見始めると長さは全く気にならないほどに面白かった。
そしてさほど怖くはなかった。

結末に言及するかもだけど・・・・

連続殺人の真犯人は誰?そして動機は何?の答えを求めて見ていたら、すっかり迷子になってしまった。
布団に入ってからも結末についてずっと考え続けていて、ヘタしたら今夜は夢であの村に行っちゃうかもと思ったけれども大丈夫だったみたい。
一晩置いて再考してみた。

以前読んだ國村さんのインタビューにもあった「旧約聖書と新約聖書」は最後の悪魔の登場で明確なベースであると認識した。
「ユダヤ時代のエルサレムにイエス(よそ者)がやってくる」というやつ。
國村さん演じるよそ者は、見る者が「そういう人間であるに違いない」と心に思い描く姿を現すと考えると、残酷であったり、普通であったり、悪魔であったりしてもおかしくはないわけで。
状況から見ると、よそ者と祈祷師はグルで、謎の若い女は村をひっそりと守ってきた祈祷師というところか(キリスト教以前の土着の神ともいえる)
途中で出てきたゾンビだけど、女祈祷師が術をかけてよそ者を襲わせようとしたのではなかろうか。
そこへ運悪く、よそ者退治御一行が来合わせて襲われちゃったのでは。
祈祷師の意図は「金儲けと趣味」で、彼にとってのよそ者は都合の良い釣り道具。
祈祷師自身の術とよそ者、キノコと集団心理をうまく利用して殺人の連鎖を増幅していったのではないかなと思われる。
そうすると悪魔は祈祷師って事になるなぁ。
「悪魔は釣り糸を垂らすだけ」って言ってたしな。
あ、後は主人公のヘタレっぷりが最後まで徹底してたの、いっそ清々しかった。
春田

春田の感想・評価

4.4
全年齢対象はクレイジー

人の解説見てうおおおおおなるほどナア
ってなりました
思い返してみると一つ一つのロジックが最高
反日って言ってる人いるけど全然そんな感じしなかった
どちらかというと村八分って感じ

あと少女役の女の子の演技が好き
ちょいグロコメディ映画

私にはコメディにしか見えませんでした。
恐さが全然足りなかった…。
唯一ちょっと恐怖を感じたのはあの子役の女の子が反り返って叫び狂ってるとこくらいかな。
それ以外はもう大袈裟な感じにじわじわ。
物語が進めば進むほどなぜか笑いが止まらなくなって面白くて笑けて、
終わった頃にはいったい何だったのだろう…って感じ。

冷静に見ればまた何か変わるのかな?
でもなんだろう、自分には合わなさすぎて残念でした。
NAVY

NAVYの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

國村さーん‼️

・・・ちと長いw
が、話は途中からすごく面白くなった😊

はじめはゾンビとか、感染系の話かと思ったけど、まさかの悪霊とは・・・
ฅ(๑⊙д⊙๑)ฅ!!した

子供騙しのようにも思えるけど、私は
嫌いじゃない✌️
たまにコメディなのかなぁとジャンルが
分からなくなることもあるけど、無駄な部分省いてもう少し時間を縮めてくれたら
もっといい作品になるんじゃないかな?

「同情するなら金をくれ‼️」の家なき子ばりに、少女の演技が光っていたw

最後の國村さんの悪霊の姿は怖すぎるw
しかも笑ってるよー( ´•̥̥̥ω•̥̥̥`)
爪が長いし、目が赤いよー
でもそこだけ2回観たwww

結局、祈祷師も悪霊だったのか・・・
日本人の悪霊と仲間だよね、カメラで写真撮ってたし

あの若い女性も悪魔?
それとも、祈祷師?
でも、男の祈祷師が祈祷してる時、ヒョジンがやめてと何回も叫んだのは?
あれは、ヒョジン自身だったのかな?

これは面白い♡
機会があればまた見たいかも
EnzoUkai

EnzoUkaiの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

これは2017年当時に書いたレビューです。それを一応残しますが、後半に先程見返して付記を加えてます。
最初の点数は4.0点でした、
>
観に行った映画館では「お嬢さん」もかかってて、しかも「お嬢さん」は上映最終週だったから迷いに迷ってこちらを選びました。どちらも甲乙つけがたいとのことだから何とも言いようもないけど、とにかくは大満足の一本でした。

韓国映画に求めるのはやはりどぎつさ!そのキツさ加減は一級品で、かと言ってキツさだけでないのがこの監督の良さかな。
凄惨な殺人事件を見せていく過程もしっかりしていて、当初描かれる人物たちの軽さがどんどん余裕がなくなっていき、観ている者の緊張感はいやが上でも高められていく。長尺ながらほぼだれることもなく一気に見せられる。
このジャンルの作品はネタバレを嫌うと思うが、正直言って最後の最後まで書いても別に構わないんじゃないかと思えるほど見事な脚本だと思う。逆にネタバレはミスリードになりかねないから変な面白みのエッセンスになりそうだ。

もう皆さん書いておられているが國村隼の凄絶さ!そこに現れるファンジョンミンの絶妙さ!
役者たちを吟味して起用する監督の慧眼に脱帽!
>

2018年5月24日 見直した上で付記してネタバレにします。

>
完璧な一本だと思います。
完璧な脚本だと思います。
人間のいい加減さを逆手にとった手法で我々は見事に手玉に取られてしまうわけです。
一つ一つの小さなエピソードに注目するが、そこに付和雷同して整合性を突き詰めることなく話を追ってしまう、ありがちな人間の特性を見越して書かれた完璧な脚本です。
そして、やはり自分が目にした映像がそのまま事実だと思ってしまう人間の属性を利用してます。
出演者複数で経験したこと以外を信じずにもう一度見てください。
真実は恐らく一つです!

あー、誰かと細かいところを話したい!
國村隼が…!ふんどし一枚で…!!

黙って見つめられるだけで「ごめんなさい!」と謝罪したくなるような圧倒的雰囲気!めちゃくちゃこわい!

この人が上司だったら嫌だなーと思いながら観てました。
すごく理不尽なこと言われても言い負かされてしまいそう。笑

内容については…上手く言葉にできません!
なので、解説含めて町山智浩さんの「映画その他ムダ話」がわかりやすいので、そちらをオススメします。
(約50分、町山さんが作品について語り尽くします。)
・・・・すげー話でした。。。
そしてぐったり。。(笑)

【ある村で殺人事件が発生。犯人は身内、目は濁り全身湿疹だらけの廃人化として見つかる。その一方、山奥に住み着いている謎の日本人。奴が来てから不可解なことが多発している、奴は怪しいと噂され、やがてその行動は信憑性を増してくる。。】


事前にこの作品の〝モチーフなるもの〟を知っていたら敬遠していたかもしれませんが、結果この作品に触れることができてとっても刺激的で堪能できましたぁ(..›ᴗ‹..)!!

あえてモチーフを分かりづらくしてたり、無知な僕は観終わってみて初めてそのモチーフに想いを馳せることとなりましたが、実は堂々と〝あの一節〟に全てが集約されてるってのがすごいっ!!

このモチーフをベースに〝疑うこと〟〝信じること〟の難しさを実に巧妙に複雑に描いています。

いろいろなレビューやブログを見て、観返したり思い返してみると、あらゆる描写や事象が〝モチーフなるもの〟になぞられてるようで、こんな「伏線回収」も個人的には楽しかったです(^ ^)

★★★★★★★★★★★★

始まって間もなくはホラー描写も多く「あぁ、こっち系かぁ」と思いながらグロさやチープさを感じやや引いてしまって(笑)、、、

想像してたのと違う話に拍子抜け感もあり、落ちそうな気さえありました。。。

でも全編に漂う怪しさや不穏さと、ミスリードがたくさん散りばめられてて、なんか一筋縄ではいかなそうなストーリーにやっぱ先が気になる(笑)。。

登場人物たちが狂気に満ちていく過程も見応えがあったし

何より我が日本が誇る名俳優〝國村隼さん(何様じゃい(笑))の怪演に どんっどん引き込まれていきました。

これだって最初は「あぁ、やっぱり日本人ってこういう扱いなんだなぁ・・・」って なんか見下されてるような気でいたのですが、いやいや、絶大なる信頼の元キャスティングされたんだなと思える 重要過ぎる役柄であり、それに全身全霊で応えた國村さんのあのミステリアスな演技がなければ成立しない作品なだけに、、、、度肝を抜かされました。。。。

後半に連れ、怒涛の二転三転!! 面白いように惑わされ頭が混乱(笑)、、、

あぁ分かったぁ!って思ったらすぐに置いてけぼりにされ(笑)、、、

信じるか疑うかで見え方がガラリと変わる展開に脱帽(>_<)

人によっても考えや宗教によっても解釈は変わると思うし、そうやって整理していくのも楽しかったですねー。でも結構しんどかったのも事実(笑)。。


神やら悪魔やら霊やら霊力やら、、、、

でもやっぱり結局は、人間のもつ不信や過信・疑心や不安・先入観や宗教心、、、様々な感情こそ なによりも怖いってことも思い知らされますね。。。

【以下ネタバレ(コメントへ)】
一見しただけでは意味がよくわからなかったが、解説サイトなどみて納得。

解説を理解してから、改めて各シーンを思い出すと、とても良くできていたなぁという感じ。

ただ完全にホラーなのでその辺の耐性は必要そう。

夜には観たくない一本。
ずま

ずまの感想・評価

2.9
反日 オカルト
女の子の演技は凄い
>|