哭声 コクソンの作品情報・感想・評価

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

3.8

あらすじ

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付…

平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやってくる。彼がいつ、そしてなぜこの村に来たのかを誰も知らない。この男につい ての謎めいた噂が広がるにつれて、村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していく。そして必ず殺人を犯した村人は、濁った 眼に湿疹で爛れた肌をして、言葉を発することもできない状態で現場にいるのだ。事件を担当する村の警官ジョングは、ある日自分の娘に、殺人犯たちと同じ湿疹があることに気付く。ジョングは娘を救うためによそ者を追い詰めていくが、そのことで村は混乱の渦となっていき、誰も想像できない結末へと走り出す――

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

開いた口がふさがらない
グロホラーかよ!と思っていた自分が恥ずかしいです。
宗教に興味が出ました
ありがとうございました。
uknmr

uknmrの感想・評価

4.0
"罪のない者のみが石を投げなさい。"
聖書の内容覚えてたらもっと面白かったんじゃないかと。

いやいやコロコロ展開しすぎだし、その割に全体的に長いし、なんなんだよと思うけど、撮る必要のあるものがあって、それを撮っていくとこうなっちゃうんだろう。

もう二度と見ないけどわりと面白かったのかもしれない。
惑わされるな!
moyamoyam

moyamoyamの感想・評価

4.0
最後の最後まで誰が敵か分かんなかったけど結局お前かーーいって感じだった
言われてみれば伏線もなくはなかった気がする
現地人からしたら大事なところで日本語が多くてちょっと見づらかったのでは…?
ただ最後の40分間ぐらいめちゃ面白かった
ps.子役が天才だと思った
この方の解説が一番しっくりきた→

https://www.club-typhoon.com/archives/13499050.html
moirai

moiraiの感想・評価

5.0
見てる方も、どんどん予想外の展開に引き込まれて行く、おもしろい!けどちょー怖い!!
見終わってから寝る前に、國村さんの顔を思い出してしばらく寝つけなかった。

ラストの種明かし?も真に受けていいものか、と思うとまた見たくなる。
赤間

赤間の感想・評価

3.5
普通に最後まで騙された 笑
國村隼ってなんか安心感あるから誰かが肯定的なこと言うとすぐ信じてまう 笑
斜線

斜線の感想・評価

3.5

これぞカオス。
ハイテンション祈祷を筆頭に
地獄でなぜ悪いの星野源を軽く思い出す噴射(軽度で鼻血も)
「大丈夫だよ、何度も見てるし」といって、まあ飲めや、と謎のドリンクを差し出す娘。
人が死んでるっつってんのに朝ごはん食べてっちゃうほんわか警官。
などの爆笑ポイントは問答無用で最高。

見たものを見たままに信じることができるか否か
ケンタッキー食べなきゃよかった
shurin

shurinの感想・評価

3.9
以下解説読前の感想↓

この映画のコピーにも「疑え」とある通り、この映画のテーマは「疑心暗鬼」?
いや、本当に観ている間もその後も、わけがわからない。
冒頭の、「私の脇腹を見なさい」という聖書の引用は、イエスが復活したことを信じない人間に対してイエスが「見たものを信じなさいよ」的なことを言ってるシーンだと思うが、それを今作に当てはめると…?
噂ではなく見たものだけを信じればこの映画の意味がわかる???
わからない。
途中「鶏が3回鳴いたら…」というのも、聖書中でペテロか誰だかが「イエスを知らない」と嘘をつくシーンの引用だと思うが、
この映画では甥っ子祈祷師が國村隼に「そうだ」と言うシーン…
え、じゃあ甥っ子祈祷師がペテロで、國村隼に嘘をついているということ?何の嘘?「何もしないで帰る」というのが彼の嘘?
國村隼は嘘をついたことに怒ってあの姿に?
じゃあ結局「嘘をついちゃいけません!」っていう映画ってこと??
わかりませーん!助けてーー!


以下、解説読後の感想↓(ネタバレ含む)

國村隼がキリスト!なるほどちょっとわかったような気がする。
キリストが葬られて復活するまでの人物相関図と、この物語の人物相関図を当てはめていくとわかりやすい。
せっかくペテロの話がわかったなら、当然キリストもいるとわかったはずなのに!惜しい。
いまいちキリスト教のモチーフを理解できていないが、それがわかる人には難なく解けてしまうだろう。
例えば、魚=キリストで、それを貪る=キリストを求めている=ジョングの娘は悪霊に取り憑かれているわけではない
とわかるわけだ。
また、國村隼の「お前がそう思うんだったら俺は悪魔ってことでいいよ(ハァ)」みたいな諦めの態度も、死ぬ前のキリストそっくり!!
悔しいなぁ。(*_*)
>|