哭声 コクソンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

れもん

れもんの感想・評価

1.0
なんだったんだこの2時間36分は…

ひたすら「いつおもしろくなるのかな?」って思ってたら終わってしまった。

【2019.03.13.字幕鑑賞】
【2019.03.14.レビュー編集】
SG

SGの感想・評価

3.5
記録
taozi

taoziの感想・評価

3.0
全然分からないのに面白い…
考えれば考えるほどじわじわ怖くなります。
誰が悪いのか、どこから間違えたのか…結局何も分からない、ということがこんなに怖いなんて。

國村さん、ほとんど喋らないのにひたすら不気味。ただ立ってるだけで不気味。最後の姿が脳裏に焼きついてしまった…
RitaD

RitaDの感想・評価

4.2
『ひぐらしのなく頃に』韓国版実写化

といったら些か雑かもしれないけどそんな感じの印象。

ジワジワ迫る恐怖・疑心暗鬼に陥った先に狂っていく言動の描写・演技は見事だったと思う。

伏線回収というかオチは…正直よくわからなかったですけど…世界観にはどっぷり引き込まれたし先の展開がどうなるのかワクワクして観れたのでよかったです。

がんばれ父ちゃん
erikah

erikahの感想・評価

4.5
「宗教映画と一括りにするには単純すぎる。本質的に言ってることはまた別にあるのだ。」と思えばそう。「日韓関係に置き換えることでなにか伝えようとしている。」と思えばそう。でもどれを選んで信じても、なにも整わない。
國村隼やべえな確かに

惑わされる惑わされる。何を信じれば良いのかわかんなくなるわこんなん。
ただただイサムが気の毒だったわ
警察じゃないのに通訳のために連れてかれて怖い思いして怪我もして、ねえ。
あとクァク・ドウォン途中で眼鏡外した六角さんに似てるって思ってからずっと六角さんにしか見えなくてだめだった。

韓国映画はほんとに血の描写がエグい。洋画は色が鮮やかすぎて綺麗なだけだし邦画はモノによってはいいのもあるけど、韓国映画は揃いも揃って血の臭いがする。血生臭さが画面から漂ってくるとでも言いましょうかね。素晴らしいです。
アヒル

アヒルの感想・評価

2.7
怖いどす
途中までしか見れなかった
ややこしくて恐ろしいのでまた観よう。でも重たいので勇気がいる。でもやっぱり韓国映画って笑いを入れるなぁ。