哭声 コクソンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

哭声 コクソン2016年製作の映画)

곡성/哭声/The Wailing/哭聲

上映日:2017年03月11日

製作国:

上映時間:156分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「哭声 コクソン」に投稿された感想・評価

taiga

taigaの感想・評価

3.5
韓国版エクソシスト。尺の割に次々と事件が起こる。特に序盤は不気味。それに対する山村の雄大な描写が素敵。
たまにある、ホラーの形をとった倫理的/哲学的メッセージ映画に思える、、怖いけど。何も信じられなくなりますが、主人公の人間臭さだけは幾分不快にも信じられます。そんな主人公もヤバい國村隼も子役も霊媒師も通訳も役者全員味わい深い。特に霊媒師は踊ったり吐いたり美味しいとこジャンジャン持ってく。。
ちゃん

ちゃんの感想・評価

3.7
ブエエエエエ
めっちゃ面白いいいい…

韓国のとある村で奇妙な殺人事件が起きる。捜査の結果、犯人は毒キノコを食べて気が狂って犯行に及んだとされたが、一部では最近村にやってきた日本人の仕業ではないかと言われており…

みんなが面白いって言うから私もハードル上がったまま見たんやけどめっちゃ面白かったわ。傑作傑作。
國村準が出てて知らん人ばっかりじゃないから見やすいのも◎

祈祷モノ(?)ということでこの前見た中島監督の「来る」とちょっと雰囲気似てる感じがしたなあ。
韓国映画の中でも上位にくる1本。お見事です。
無知であるがゆえに翻弄され弱り果て敗北する姿を描いているように思う。
クレイジーで混沌とした描写に最後まで引き込まれる。素晴らしい。
これね、マジで怖かった。何が怖いって何もはっきりとした事が分からないのが怖い。何が人を変えたのか、悪魔なのか、霊媒師なのか、キノコなのか…何が間違いで、何が正しいのか、思い返してみても結局よく分からない。恐怖の正体が分からないことが一番の恐怖という。
れもん

れもんの感想・評価

1.0
なんだったんだこの2時間36分は…

ひたすら「いつおもしろくなるのかな?」って思ってたら終わってしまった。

【2019.03.13.字幕鑑賞】
【2019.03.14.レビュー編集】
taozi

taoziの感想・評価

3.0
全然分からないのに面白い…
考えれば考えるほどじわじわ怖くなります。
誰が悪いのか、どこから間違えたのか…結局何も分からない、ということがこんなに怖いなんて。

國村さん、ほとんど喋らないのにひたすら不気味。ただ立ってるだけで不気味。最後の姿が脳裏に焼きついてしまった…
NaThaRita

NaThaRitaの感想・評価

4.2
『ひぐらしのなく頃に』韓国版実写化

といったら些か雑かもしれないけどそんな感じの印象。

ジワジワ迫る恐怖・疑心暗鬼に陥った先に狂っていく言動の描写・演技は見事だったと思う。

伏線回収というかオチは…解釈が合ってるか微妙ですけど…世界観にはどっぷり引き込まれたし先の展開がどうなるのかハラハラとして観れたのでよかったです。

がんばれ父ちゃん
erikah

erikahの感想・評価

4.5
「宗教映画と一括りにするには単純すぎる。本質的に言ってることはまた別にあるのだ。」と思えばそう。「日韓関係に置き換えることでなにか伝えようとしている。」と思えばそう。でもどれを選んで信じても、なにも整わない。
國村隼やべえな確かに

惑わされる惑わされる。何を信じれば良いのかわかんなくなるわこんなん。
ただただイサムが気の毒だったわ
警察じゃないのに通訳のために連れてかれて怖い思いして怪我もして、ねえ。
あとクァク・ドウォン途中で眼鏡外した六角さんに似てるって思ってからずっと六角さんにしか見えなくてだめだった。

韓国映画はほんとに血の描写がエグい。洋画は色が鮮やかすぎて綺麗なだけだし邦画はモノによってはいいのもあるけど、韓国映画は揃いも揃って血の臭いがする。血生臭さが画面から漂ってくるとでも言いましょうかね。素晴らしいです。
ややこしくて恐ろしいのでまた観よう。でも重たいので勇気がいる。でもやっぱり韓国映画って笑いを入れるなぁ。