liam

アリー/ スター誕生のliamのレビュー・感想・評価

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)
3.5

歌手のレディ・ガガ、ブラッドリー・クーパー監督主演。スタア誕生のリメイク作品。


昼はウエイトレスとして働き、夜はバーで歌っているアリーは、歌手になる夢を抱きながらも自分に自信が持てなかった。ある日、ひょんなことから出会った世界的シンガーのジャクソンから歌を高く評価される。アリーは彼に導かれてスター歌手への階段を上り始め、やがて二人は愛し合うようになるが、ピークを過ぎたジャクソンは、徐々に歌う力を失っていく。

やっぱりレディ・ガガが歌っているだけあって歌は本当に良かった。ブラッドリー・クーパーと2人で歌っているのも聴き心地が良いし、感動したシーンもほとんど歌を歌っている時。
演技についても全然違和感を感じなかった。確か演技の学校に通っていた時期があったらしいから、まったくの素人ではなかったらしいけど。

2人だけが中心で第三者視点を一切消してるのも面白かった。
個人的に良かったのはshallowじゃなくて、first stop arizona

逆に言えばストーリーのところはかなり疑問点というか残念なところがあった。
アリーがスターダムにのし上がるところが本筋なのか、ジャックの苦悩が本筋なのかよく分からない。というかジャックの話じゃないかな?
ジャックの耳がきこえなくなるのも引っ張るわりに中途半端で、結局ただの呑んだくれだったし。お兄さんとの関係もそう。

ジャックが途中アリーに謝って泣くシーンがあるんだけど、ああゆうのに弱い。大人が過ちを認めて、許しを乞う姿。
終盤もかなり切なくて良かった。
最後のカットはアリーがジャックの死後、彼の歌を歌い本当のスターになった瞬間。カメラと目線が合い、自信に満ち溢れた表情の演技は素晴らしい。
おもしろいと思ったのは基本的に第三者視点を消しているところ。

まとめると最高ではないけど、悪くない映画だった。