テレザ

アリー/ スター誕生のテレザのレビュー・感想・評価

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)
3.8
時代が黒白フィルムだった頃からの何度目かのリメイク作品ということで、たしかに物語としては全くありきたり。しかし自信がなくて前に出れない女性シンガーを演じるレディガガはとてもとても新鮮で、瑞々しかった。そんなくすぶる彼女に突如として訪れた人生最高の瞬間、大観衆を前にしたパフォーマンスの描写は、自己表現が生きる歓びそのものであることが強烈に、感覚的に表現される。舞台からの視点や人物の身体に肉薄したダイナミックなカットが多いからだろう。バンドが奏でる骨太なギターサウンドも。これを観て、体感している私たちでもこれほど陶酔してしまうのだから、実際に彼女が浴びた恍惚は如何程だろう。
このシーンだけで、観る価値のある映画であった。