R

アリー/ スター誕生のRのレビュー・感想・評価

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)
3.7
あまり興味あるわけでもなかったが、昨年最大の話題作のひとつだったので見てみました。前半はすごく良かった。ある日大盛況のライブの後、ロックスターのジャクソンメインはたまたま立ち寄った場末のオカマバーでラヴィアンローズをめちゃくちゃうまく歌う女アリーと出会い、一瞬で恋に落ちる。今まで歌手を目指して会社に自分を売り込もうとしても鼻がデカすぎて無理だと拒絶され続けたアリー。ふたりで飲んだ帰り、スーパーの駐車場でアリーが自作の歌を歌い始めると、これが素晴らしい歌で、才能に惚れ込んだジャクソンは、翌日彼女を突然自分のライブのステージに呼び、いっしょに歌うのであります。それがかの有名なShallowなのであります。A Star Is Born。その瞬間を目撃する。ジャクソン演じるブラッドリークーパーの荒っぽくもやさしい歌声と、アリー演じるレディガガのパワフルで悲しい歌声が、ソウルフルに重なり合う。ジャクソンにとってそれは初めて人とハートが通じ合った瞬間でもある。感動と喜びが胸に迫って思わず涙が溢れた。それを契機としてあれよあれよとスターダムにのし上がっていくアリー、一方で、アリーとの結婚後、酒と薬にずぶずぶと溺れ、身を持ち崩していくジャクソン。スター生活の光と闇を突き進んでいくふたり。といった内容で、ものすご典型的な、いかにも映画のためのストーリーって感じに作り込まれた感じが、この映画の良さであり、悪さでもあるかなーと思った。なんか古くさいファンタジーを見てるような気分になる。当然それ狙って作ってるんやろけど、好き嫌いわかれそう。ボク個人としては、ストーリーはアリやったけど、後半が間延びしてるように感じられた。丁寧なのは分かるがこのノリならもっと端折って悲劇も前半と同じくらいポンポン進んでよかったのでは。酒と麻薬と同じくらい悲劇に酔ってるかのような印象。ただ、レディガガの歌はホントにスゴイ! めちゃくちゃうまい! 張り上げてパワフルに歌うところもいいけど、優しくファルセットで歌うとこの方が最高で、特にAlways Remember Us This Wayはシビれた! あと、途中から髪染めて派手な衣装でダンスとかもやらされ始めて、ジャクソンの望まぬポップスターになってって、ゴミみたいなポップソングを歌い出すんやけど、それでもHeal Meっては曲ふつうにカッコよい。歌うまいから。Why Did You Do That?は歌詞がアホすぎてワロテもたけど笑 けど、ずっと否定され続けてきてたものを大衆に受け入れられるのってすごく嬉しいんやろな。ジャクソンはジャクソンでかわいそう。自分の人生を完璧に望み通りにコントロールできる人なんてホントにひと握りしかいないとはいえ、ここまで狂ってしまうのはさすがに見てて心が痛む。ってなっておかしくないはずが、なーんか感情的に入っていきにくい。なぜだ。ブラッドリークーパー服脱ぐとめちゃくちゃセクシーなのにね! おそらく彼の人間的苦悩や悲しみが伝わってきにくいんやと思う、演出的にも演技的にも。全体としては少々の不満が残るものの、Shallowのシーンはホントに最高やった! 戸惑いながら歌うアリー、状況が信じられなくて入りがほんの少し遅れるサビ、彼女の才能に愛の微笑みを送るジャクソン。これ泣かずにいられないでしょ。永遠に残る名シーンです。アレが劇中一回きりだなんて悲しい。もっと見たかった。最後の歌の絡みも良かったけど、ちょっと途中で冷めてしまってて、何とも言えませんでした。また見たいとまではいかなかった。歌に関しては、ユーチューブで今後も何度も聞くことでしょう。