アリー/ スター誕生のネタバレレビュー・内容・結末

アリー/ スター誕生2018年製作の映画)

A Star Is Born

上映日:2018年12月21日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「アリー/ スター誕生」に投稿されたネタバレ・内容・結末

思いの外良かったです。
が、やっぱりガガちゃんだとスターオーラ強すぎて新人に見えない!

ラストは哀しい。老いて(堕ちて)いくのはしょうがない事ですが、あれしか身の引き方ないのかな。
不器用な男だ。
王道ではないシンデレラストーリー。ハッピーエンドといかないところに賛否両論分かれるのではないかと思う。個人的には好きなラストだったので是非。
アル中大変だなあという感想、全部病気が悪い
最後何で自殺したの…
レディーガガは最高
夢のステージへの招待状。ここから君はスターになるんだ。

ステージでの共演を機にスターへの階段を駆け上がっていくアリーとスターの座から転落していくジャック。ジャックはアリーの成功を間近で見ながら、日に日に落ちぶれていく自分の姿に自信を失っていた。ジャックは嫉妬と仕事のストレスから酒に依存するようになり、アリーとの関係もうまくいかなくなっていた。しかしどんなに二人の距離が離れても二人の心が離れることはなかった。

地上で輝く星と夜空で輝く星。二人は本物のスターになった。今夜アリーはステージに立ち、ジャックの魂を歌い継ぐ。

二人の歌声が素晴らしかった。ガガの歌声に何度も鳥肌が立った。「La Vie En Rose」と「Shallow」は最高!アリーがマイクを掴んで「Shallow」を本気で歌い出したときは思わず「ガガやんw」と思った。
犬のチャーリーのファンになりました。ブラッドリーの愛犬だそうです。
歌唱力はさすがで、心から彼を愛していたところがいい

シーンの切り替わりがバツっとなるところがあって時折よくわからなくなり置いてけぼり感があった
彼女の成功、売れるまでが本当に流れるようで、彼女への気持ちや感動が高まり切らなかったけど、現実世界で突然成功する人とかその周辺にいる人ってこんな感じの気持ちなのかな
アルコール中毒者の末路、安易で余りに苦しい。
内容は期待してたより面白くはなかったけどレディガガの歌声よかったー!
この映画が好きな人は読まないで。そんなところに自分の地雷スイッチがあったのかと、驚かされた作品。簡単に言うと大嫌いです。

Liveのセットリストを決めるシーンで、「この曲さえ歌っておけばファンは満足するだろう」的なセリフ。

えええ!って。

そもそも、自分がLiveに行くくらい好きなミュージシャンなのに、途中からわけのわからないのが出てきて、知らない歌を歌うとか。しかもそのミュージシャンのオンナとか(これは後からそうなったとしても)

無いわーーとなった次第。
夢を叶える後押しをしてくれた彼と
夢を叶えていく彼女の邪魔になってしまった彼

愛し合っているからこそ切ない

涙が止まらなかった。
話自体はよくある流れ。
ガガもクーパーさんも歌がうまい。
>|