アリー/ スター誕生の作品情報・感想・評価

アリー/ スター誕生2018年製作の映画)

A Star Is Born

上映日:2018年12月21日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アリー/ スター誕生」に投稿された感想・評価

飛行機内にて

前半⇨絵に描いたようなシンデレラストーリー
後半⇨見るのがどんどんつらくなる
MIO

MIOの感想・評価

3.8
Shallow鳥肌
ガガ様とブラッドリー・クーパーの演技と歌の素晴らしさだけで、充分すぎるほど元は取れていて、二人が作曲にコミットしたオリジナル楽曲も大半優れている。

原典は未見なので比較は出来ないのだが、おそらくオリジナルに準じているであろう話の筋は結構大雑把ゆえ、ストーリー的には「ん?」となる場面もあるはあるが、とにかくパフォーマンスの強度ですべて持ってっちゃう。

アリーの部屋にキャロル・キングの「つづれおり」のアナログが飾ってあるのは、二人のその後の暗喩かな?
しみ

しみの感想・評価

5.0
とても好きな映画だった。レディーガガのパワフルな外見と歌声とは裏腹に、彼女の内側に潜む孤独や寂しさも見えたような気がした。この役に本当にぴったりでレディーガガがとても好きになりました。
レディーガガって綺麗な顔してるのね…
そうゆう恋は嫌い。
Marika

Marikaの感想・評価

4.5
機内で観ましたが、号泣してしまいました。ガガ様がアリーそのもので、すごく感情移入してしまう。ボヘミアンもそうだけど、スターの誕生には何かしらの災いが付きまとうんだなと感じます。
haruna

harunaの感想・評価

3.2
想像してたオチじゃなかったぶん悲しさに対する耐性を整えてなかったために涙が出ました。
感動からの涙というよりもただただ悲しくて泣きました。
こーゆう系の映画だとボヘミアンラプソディー、ロケットマン、アリーの3つを最近見たのですがどれもやはりマネージャーとアルコール薬物の3つのトラブルがスターには付き物なのかなと思いました。
闇があるからこそスターは輝けるということなのかなとか考えたり考えなかったり...
>|