アリー/ スター誕生の作品情報・感想・評価

アリー/ スター誕生2018年製作の映画)

A Star Is Born

上映日:2018年12月21日

製作国:

上映時間:136分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アリー/ スター誕生」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

-
2人の歌唱力スゴかった
ガガは歌手として知っているけど、ブラッドリーってこんなに歌が上手いのか!?ってびっくりしちゃった
いい声~
でもなー、終わり方がしっくり来なくてんーーーです
shota

shotaの感想・評価

3.1
正直あんまいいと思わんかったかも。レディガガっていう先入観が拭いきれんかった。
Julie

Julieの感想・評価

3.0
もともとあまり注目してなかったんだけど、意外な結末を知人から聞いてしまい、興味を持ったのでした。

レディーガガとは知りつつも、だんだんレディーガガに思えなくなってくるというか、メインの二人の演技が光ってたんだと思います。

ただ結局最後まで観て、この映画は誰の話だったんだろう…ともやもやしてしまいました。
終盤までアリーの物語だと思っていて、最後にジャックが締めくくったような印象。
「主役は◯◯」と求めるのは単純すぎるのかもしれないけど、二人が主役!と言い切るには足りないような、そんな後味が残りました。
物語は可もなく不可もなく。
健気な人がスターから好かれるシンデレラストーリー、王道。
ただし歌が良すぎる。それはさすがとしか言いようがない。ラストの曲、あれは卑怯だ。
人の幸せってなんだろな…

シークレット・スーパースターはインシアが歌手になる夢を叶えるストーリーで、最後まで彼女がスターになれるかどうかをドキドキしながら見守った。

対して、この映画はアリーとジャックの愛の物語。アリーがスターになって、素晴らしい賞を取って、やったね!バンザイ!って話じゃない。
アリーはスターになりたかったけれど、二人にとって一番幸せだったのはアリーのデビュー前だったんじゃないかな。
たぶん二人で歌えればそれだけでよかったんだと思う。

スターになれば得るものもあるし、失うものもある。今までやりたいようにやっていたことが、できなくなることもある。
完全なサクセスストーリーって存在しないのかも。

I'll Never Love Againは切ないけれど何回も聴きたくなった。
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.4
ブラッドリークーパーはええ男やな~~みたいな映画(*^▽^*)

あとは割とどうでもいい王道恋愛ストーリー
とはいえ要所要所で歌で決めてきて飽きさせなく上手い。

レディガガって女優の顔の造形やスタイルの良さの美しさはないけれど歌う力はすごいと思わされる。
レディーガガの歌と演技は良かったけどストーリーがベタ過ぎて映画としては個人的にイマイチでした…。
DK

DKの感想・評価

4.6
紛れも無い名作

良質なスピーカーで観るのをオススメします
kelly

kellyの感想・評価

4.5
I freaking cried.
>|