ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

ディストピア パンドラの少女2016年製作の映画)

The Girl with All the Gifts

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:111分

3.4

あらすじ

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、…

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、思考能力を維持し、見た目は人間の子供そのものだった。彼らから、ワクチンを作り出そうと模索する中、子供たちの中に高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。 彼女は人類の希望となるのか―絶望となるのか。

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

後半の登場人物の行動が迂闊すぎる。
mana

manaの感想・評価

3.8
【新しい世界の幕開け】

絶望感しかないのに心癒される気持ちになれる、不思議な結末。
大好物の荒廃した未来物です😘
序盤は説明も無く、外の世界の状況も見せてくれず、地下施設のみでの不気味な展開はゾクゾクしますね😎

この世界、都会でも人類は既に無人と化してます。
感染ゾンビ物ではワールドウォーZなんかは世界中の状況が描写されてました。この映画は生き残った人類の生活や施設はほんのちょっとしか描写されず、想像に任せる内容になってますが、この世界観を映像でもっと見たかったなぁ。

マイノリティがマジョリティに帰す時…
ネタバレは避けますが、少女は人類の救世主でありながら、同時に人類に危険な存在でもある複雑な生い立ち。

少女と同行する人間達は、
1人は人類を救う実験体として扱い、
1人は普通の少女として扱い、
残りは危険な存在として警戒する。

三者ともその気持ちを少女の前で隠しません。

一行の中では自由も発言力も無かった少女。
旅を続けるにつれ少女の能力に頼らざるを得ない場面が増え、徐々に信頼と発言力を増してゆき、彼らの命運を左右できる存在に。
純粋でまだあどけない彼女は、自分が選択権を持った時、この世界をどうしようと考えるのか。

ゾンビ物としてのハラハラ要素も楽しめますが、それ以上に「人は立場変わればどうなるか」という心理的要素も楽しめました。

ゾンビパニック物として期待すると、中盤中だるみを感じるかも。

初回鑑賞時は、この旅の行方に注目していましたが、少女の心境の変化にもっと注目して楽しみたかったと後悔。
視聴後もジワっと考えさせられる映画でした。
それから、素晴らしすぎる都市廃墟のセット。
後で知りましたが、チェルノブイリの事故で放置された都市を利用したそうで、これも踏まえてもう一度鑑賞するのが楽しみになりました😎
人間の理性を持ち合わせた子供ゾンビが新鮮だった。
評価が低いので期待しないで見た割には意外に引き込まれてた。あまり今までにない設定だし…ゾンビ映画のハードルを「新感染」に上げられてしまってなかったらもう少し高評価つけてたかも
Uji

Ujiの感想・評価

3.5
今回はゾンビではなく、“ハングリーズ”。
ま、走る系ゾンビなんですけどね。
ハングリーズの細菌に侵されながらも生きる子供達“セカンドチルドレン”が、世界を救う希望となるのか…という。
いつものように、研究所が襲撃され、外に出て、安全と思われる本拠地に向かうという物語。
流れはベタなんですが、今回のキーは、子供です。

ゾンビ…じゃなくてハングリーズから逃げるところは緊張感ありました。
ショッピングモール内にたまるハングリーズをすり抜けるシーンはこちらも息を止めてしまう。

ラスト、原題ではなく、『ディストピア』というタイトルに納得する。
Marisa

Marisaの感想・評価

3.5
zombie apocalypse

子供ゾンビーギャングかわいい
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

4.0
ソレイユ2にて鑑賞
2017.9.18
これまでのゾンビ・アポカリプスもののいい点をマッシュアップしたような、丁寧さが際立つ一作である。
それでいてショッキングな展開を辞さず、物語にメリハリをつけることに成功している。
暗く悲しい旅路の話ではあるが、一方で希望の残る場面も多く、まさにパンドラの箱そのものである。

設定的に、映画よりゲームとかのインタラクティブな媒体で楽しみたかった一作。
まあ、それなら「The Last of US」でもやってろという話にはなるが、
NZRK1

NZRK1の感想・評価

3.6
20170913 シネモンド
>|