ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

ディストピア パンドラの少女2016年製作の映画)

The Girl with All the Gifts

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、…

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、思考能力を維持し、見た目は人間の子供そのものだった。彼らから、ワクチンを作り出そうと模索する中、子供たちの中に高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。 彼女は人類の希望となるのか―絶望となるのか。

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

後半の登場人物の行動が迂闊すぎる。
m

mの感想・評価

3.5
真面目なゾンビ映画。きのこが原因ってマタンゴみたい。ゾンビのカクカクって顎を鳴らすのが気持ち悪い。走るスピードもなかなか。まぁまぁ面白かった!
K

Kの感想・評価

2.5
記録
jk298

jk298の感想・評価

5.0
予算の使い方でもっと良くなる、主役奮闘
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.6
本作、観ようと思った理由は原作SFの評価が高く(A.C.クラーク賞候補等)、創元のソフトカバーでひっそり出た割には我が国でも評判になったため(でも未読デス 笑)。世評では「カズオ・イシグロ meets ウォーキング・デッド」とか「ブライアン・オールディス meets 28日後」とか言われて、食指が動きました。
映像は、ゾンビものなのに実に端正な作り。貫禄グレン・クローズに一歩も引かぬ主人公の少女役セニア・ナニュアちゃんの演技にも大拍手👏。彼女、500人のオーディションで選ばれた新人なんですな。なお、劇中グレン・クローズがセニアに出すクイズは、かの量子力学理論「シュレディンガーの猫」に基づいているんですが、これが見事な伏線だったことをneroさんのレビューで初めて知りました。ぜひこちらの見事なレビューもご覧下さい。
PS: 女教師役のジェマ・クリスティーナ・アータートンは、雰囲気のあるいい女優だと思いましたが、007『慰めの報酬』に出ているそうです(でも、キリレンコ以外ぜんぜん覚えてない!)。視聴中ずっと、誰かに似てるなぁ、と思ってたんですが、ようやく思い当たったのは、マッツ・ミケルソン。女優でなくてスイマセン。
近未来、ゾンビの秘密が解き明かされる。今までオイラ達はゾンビを化け物のように忌み嫌ってきたけど、ちゃんとした病気だったんだ。病気の人はいたわらないといけないよねっ!

しかし、ハングリーズって何?最低な病名というか、見たまんまのネーミングに萎える。ハフハフするキモい二世ゾンビの登場や終末な世界観など通常のゾンビものとは一線を画している。B級感を封じ込め、お上品に仕立てている気がする。

ゾンビ系は、深く考えずにババーッ、ブシャーッっとやればいいのに。ヒネリを加えんでも良かとです。これは真のゾンビ好きにはオススメできない。
にこぺ

にこぺの感想・評価

4.0
おお!斬新な結末!
この結末を迎えたメラニーの聡明さは、それまでの彼女の行いの数々で納得できます。何が幸せなのかは、その人の立場にならないとわからないものですね。
先生、頑張ろう!

透明なマスクをつけた少女のアートワークから、まさかゾンビものとは思わなかった。ゾンビ映画は侮れませんが、基本苦手分野でーす。
tsugisa

tsugisaの感想・評価

2.5
女の子は最もらしい事言ったり先生達のために行動してるけど、結局は人間を理解していない。ドクターの目的を拒否した時点で所詮ハングリーズ。他のハングリーズとは違うって行動で頑張ってたけど、それが残念。ゾンビ役の一生懸命なエキストラに敬意を払って2.5点。
徹底的にバッドエンド。 ラストオブアスを思い出す。
>|