ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

ディストピア パンドラの少女2016年製作の映画)

The Girl with All the Gifts

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、…

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、思考能力を維持し、見た目は人間の子供そのものだった。彼らから、ワクチンを作り出そうと模索する中、子供たちの中に高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。 彼女は人類の希望となるのか―絶望となるのか。

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

これまでゾンビ映画に対して抱いていた疑問に、1つの答えを与えてくれた作品。

あらすじは、割とシンプル。人類のほとんどが食人ウイルスに侵されて「ハングリーズ」となった世界で、ウイルスに感染しながらも自我を保っていた少女を軸に物語が展開する。

ゾンビ映画、感染パニック映画にお決まりの「どう生き延びるか?」という話で物語が展開していくんだけど、本作には幾つか特異性がある。

1つは、主人公が半ゾンビ、半感染者であるということ。
先生が大好きなんだけど触れると食べたくなっちゃうから、「近づいちゃダメ!」ってヒロインの女の子が叫ぶシーン、切ない。
例えば鬼太郎もそうだけど、こういう半分だけの存在って独特の切なさがある。人と繋がりたい欲求と食欲の狭間で苦しむシーンなどなど。主人公が完全にゾンビではあるけど、「ウォーム・ボディーズ」にもやや近い感情が描かれている。
これを入れることで、ドラマ性が際立つと同時に、感染者を主人公に据えることが可能になる。
感染者=自我喪失=敵 という構造は保ちつつ、「ある特殊な環境で感染したため、人と感染者の中間」という設定を付加したアイデアが上手い。
そしてこれが、後半の驚きの展開につながってくる。

2つ目は、ゾンビ=感染者の特徴。
本作のある種最大の見せ場が、感染者の合間を縫っていくシーン。これはどういうことかというと、本作の感染者は基本は動かない。まるで植物みたいに(この設定も後々効いてきて上手い)。
その辺りに突っ立ってたりすることが多い。恐らく、劇中では描写がなかったけど、進行状態によって行動に制限がかかるのだと思う。
感染者たちは、人間の肌の匂いをかぎ付けると覚醒して襲ってくる。対する人間は、特殊なスプレーをかけてそこを突破する。
あと、奴らが反応するのが音。
つまり、スプレーをかけた状態で音を立てずにこそこそ歩けば、感染者が大量に突っ立ってる場所でも突破できる、ってことになる。
この条件づくりが実に上手くて、もうめっちゃハラハラするわけです。気づかれたらどうする?ってお客さんは当然思うし、「●●しちゃダメ」っていうホラー映画のお約束を、白昼堂々大量の感染者が突っ立っているという異様なビジュアルで描く。このシーンだけでも、本作の意義は大きい。うわ、うめぇ!ってなる。

物語的には、ちょっとネタバレに触れないと言いづらいけど、ラストシーンが冒頭でも述べたようにこれまでのゾンビ映画に対して抱いてたある疑問に答えてくれてて、唸らされた。
公開時から気になってたけど、見て良かったです。アイデアがたくさん詰まっていた。
きよP

きよPの感想・評価

3.8
ゾンビが圧倒的に優位な世界を描く。いつものゾンビとは違う側面があるので、そこを受け入れられるかどうかで好みが分かれると思う。ゾンビ映画にしてはアクションが少ない。第2世代をどう捉えていくかという部分は、単なるパニックものとは一線を画している。菌の生存戦略は新しいのではないかな?問題のラストも、全て菌のせいだと考えれば腑に落ちる。あの後どうなるのだろうね?
kuu

kuuの感想・評価

2.8
なんかずっと奇妙なBGMが流れててこの音楽が夢に出てきそうで、怖さを演出する雰囲気は出ていたかな。
映像が雑ならB級映画決定やけど、まぁしっかりとしてたし、それはよかった。
しかし、自分は過激なホラーにかなり慣れてしまったのか、迫り来るハングリーズ(この映画の中ではゾンビをそう呼ぶ)を観ても何ら刺激や怖さを感じれなかった。
期待と裏腹にあまり中身濃い区なく、知能を有するゾンビは既にあるし衝撃もなかったし、正直、薄いなぁとおもった。
シニカルでブラックな終わり方は自分は納得した。
しかし、またもや例にだしますが、『ウォーキング・デッド』なら、こんなチマチマせずに豪快に撃ちまくり、斬りまくり、そして、刺しまくってハングリーズを鎮圧してたやろうなぁと思いつつ、もうすぐ、ウォーキング・デッドシーズン8後半が始まる場つなぎゾンビ映画もこれで暫し休息かなぁなんてもおもった。
人間とハングリーズ細菌との共生共栄は哲学的な場所に移したらオモロイ内容かもしれない。
主人公のメラニー役の女の子は肌もスベスベあどけなささえ残っていて可愛らしかったのは特筆大書すべきかな。
嗚呼!もう一つ、男のバカさ加減を描いた場面があったなぁ、ガキハングリーズの缶詰め置きましたトラップにマンマと引っかって、おびき寄せられスーパーでエロ本見てる間にガキハングリーズに囲まれお陀仏になった兵士!こんなん引っかからへんって思いつつも男はバカだから引っかるんやろなぁって位かな。頭痛する中だからネガティブに観てるのかも!
ゾンビ映画って設定は似てるけど、イメージに個性があって見ちゃう。
設定とか新しいパンデミック系映画だな、という感想。
ラストも、マジか、って感じ。
大きく山場とかはないので単調なのが苦手だと、むむむ、と思うかもしれない。
D

Dの感想・評価

3.5
前半は異様な雰囲気で面白かった!
外に出てロンドン?の中心に入ってあたりから急激にトーンダウン。
ゾンビ映画を見たかったんだよ…
動かない。しかも全くこっちに気づかないゾンビはいらない(笑)
めぐ

めぐの感想・評価

3.0
その終わりは想像してなかったなぁーといった感じです。

ただ、世界感と設定は好きですな!
例の木もおぞましくも美しくて好き!
面白いけど
シメがねー
感想川柳「マスクなら もっとちゃんと 作りましょう」


予告が気になって観てみました。φ(..)


パンデミックにより人類の大多数が捕食本能に支配され凶暴化し、社会が崩壊した近未来。イングランドの田舎町にある軍事基地では、ウイルスに感染しながらも思考能力を保つ子供たち“セカンドチルドレン”から、全世界を救うワクチンを開発する研究が進められていた。ある日、その子供たちの中に感情と知能を持つ少女メラニーが現れ…というお話。


ちょっと変則的なパンデミック系作品ですね。( ̄ー ̄)名前は「ハングリーズ」色々考えるなぁ( ̄▽ ̄;)普通は感染したらすぐ発症するけど、妊娠中に感染して産まれた子は刺激を与えなければ、普通に話すことも考えることも出来る。(゜゜;)ただその「刺激」がイマイチ曖昧なのが惜しいなぁ。それにあのマスクの意味の無さ(笑)あんなすぐ外れるなら付けなくても一緒(´Д`)鼻をふさいだら匂いに反応しなくなりそうだけど、マスクにそんな仕組みも無さそう。f(^ー^;


感染者が立って寝たりしてる作品は昔も有りましたね(;゜∀゜)

この作品でも「感染者どこまで食べるの」問題は解決しませんでした。(;´д`)あらかた食べるなら感染者は増えないし、メラニーも最初猫は食べたけど次の犬は平気だったし…感染者はとにかく襲ってくるから空腹具合でも無さそう?(-o-;)満腹になったら襲ってこない感染者とかいたら今までにない話が作れそうな気がする。



後半は「真菌」という要素を活用して新しい展開に持っていきましたね。(・ε・` )上手く活用出来てなかった気もしますが…((((;゜Д゜)))クライマックスの展開ビミョー(ー_ー;)


ラストも一見ハッピーエンドのようですが…(((^_^;)どうなんだ?メラニーだけじゃなく先生どんだけ彼らを擁護するんだ?(*_*;

んでまず(^_^)/~~
>|