ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

これまでゾンビ映画に対して抱いていた疑問に、1つの答えを与えてくれた作品。

あらすじは、割とシンプル。人類のほとんどが食人ウイルスに侵されて「ハングリーズ」となった世界で、ウイルスに感染しながらも自我を保っていた少女を軸に物語が展開する。

ゾンビ映画、感染パニック映画にお決まりの「どう生き延びるか?」という話で物語が展開していくんだけど、本作には幾つか特異性がある。

1つは、主人公が半ゾンビ、半感染者であるということ。
先生が大好きなんだけど触れると食べたくなっちゃうから、「近づいちゃダメ!」ってヒロインの女の子が叫ぶシーン、切ない。
例えば鬼太郎もそうだけど、こういう半分だけの存在って独特の切なさがある。人と繋がりたい欲求と食欲の狭間で苦しむシーンなどなど。主人公が完全にゾンビではあるけど、「ウォーム・ボディーズ」にもやや近い感情が描かれている。
これを入れることで、ドラマ性が際立つと同時に、感染者を主人公に据えることが可能になる。
感染者=自我喪失=敵 という構造は保ちつつ、「ある特殊な環境で感染したため、人と感染者の中間」という設定を付加したアイデアが上手い。
そしてこれが、後半の驚きの展開につながってくる。

2つ目は、ゾンビ=感染者の特徴。
本作のある種最大の見せ場が、感染者の合間を縫っていくシーン。これはどういうことかというと、本作の感染者は基本は動かない。まるで植物みたいに(この設定も後々効いてきて上手い)。
その辺りに突っ立ってたりすることが多い。恐らく、劇中では描写がなかったけど、進行状態によって行動に制限がかかるのだと思う。
感染者たちは、人間の肌の匂いをかぎ付けると覚醒して襲ってくる。対する人間は、特殊なスプレーをかけてそこを突破する。
あと、奴らが反応するのが音。
つまり、スプレーをかけた状態で音を立てずにこそこそ歩けば、感染者が大量に突っ立ってる場所でも突破できる、ってことになる。
この条件づくりが実に上手くて、もうめっちゃハラハラするわけです。気づかれたらどうする?ってお客さんは当然思うし、「●●しちゃダメ」っていうホラー映画のお約束を、白昼堂々大量の感染者が突っ立っているという異様なビジュアルで描く。このシーンだけでも、本作の意義は大きい。うわ、うめぇ!ってなる。

物語的には、ちょっとネタバレに触れないと言いづらいけど、ラストシーンが冒頭でも述べたようにこれまでのゾンビ映画に対して抱いてたある疑問に答えてくれてて、唸らされた。
公開時から気になってたけど、見て良かったです。アイデアがたくさん詰まっていた。

軍施設に収容されている子供達しかも拘束された状態からのスタート
拘束されながら授業を受けている子供達と先生

外は外で感染者がいっぱい!

施設内に侵入そして脱出しようと大混乱!

メラニーは賢く理性と知性を持った子でこの子がワクチンを作り出すことが出来る子

ワクチンを作り出す子供達を集めている軍

主要メンバーが揃うそこでメラニーは真実を知りどう行動しようか?と考えて行動する

メラニーの今後はどうなるか?
感染者でいっぱいの世界でどう生き抜くのだろか?が問われる

展開が進むにつれてメラニー達の身に、、

見入ってあっという間に終わってた一回観る分は良いけど繰り返しとなると😐
ものこ

ものこの感想・評価

3.3
最初の方はゾンビが走るの速いところとか、音を出さなかったらバレないところとかちょっとワールドウォーZみたいって思ったけどストーリーとか雰囲気は全然ちがう。おもしろかったけどもっと最後なにかあるのかと思った。
Rira

Riraの感想・評価

2.0
映画の序盤まではホラー映画らしくワクワクする感じで良かった。ただ中盤から終盤にかけては若干の安っぽさと物語のつまらなさが…。期待していたので残念。
ずっと気になっていた映画で2回観ました。ゾンビ映画が好きなのですがとても面白かったです。最後はすごい終わり方でとても印象に残っています。色々考えさせられる映画でした。
原作に沿ったつくりだけれど、原作既読でもなかなか楽しめる。そういう面では上手い具合に原作を映画化したかもしれない。ただひとつ違和感があるとするならば、やはりラスト。なんだか滑稽な感じが否めない。こちらは原作の余韻に敵わなくて残念。
ななな

なななの感想・評価

3.6
茸菌...?!
大人しくしてたら気付かない?!
マジか?!
ゾンビ映画の醍醐味、ムリゲー感が一切ないし。
これなら私も いけると思います。
今までになかった新しいゾンビ映画って感じ(´⊙ω⊙`)
知能を持つことで、食べて良い人だめな人をしっかり識別して自分をコントロールしてるのは凄いなって思った。

...いや、食べて良い人なんていないんだけどね。笑
そこまでのグロさはなかったけど、唯一ぐろー!って思ったのは鳥をムシャムシャ食べるシーン。あれはちょっと(^_^;)

最後も結構斬新な終わり方で、
先生にとってはかなりのバッドエンドな気がしてならない。一歩外に出ればゾンビになる訳であのまま人生を送ってくって考えたら結構絶望だなー。
田中田

田中田の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ゾンビ種による空気感染
プラズマクラスターがバカ売れするな
雅美

雅美の感想・評価

2.5
斬新なゾンビ映画やな〜😏✨まさか知能を持ってるなんてね!!!ラストも、そうなるか……💦って感じ。先生が1番の被害者な気が(笑)
>|