ディストピア パンドラの少女の作品情報・感想・評価

ディストピア パンドラの少女2016年製作の映画)

The Girl with All the Gifts

上映日:2017年07月01日

製作国:

上映時間:111分

3.3

あらすじ

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、…

真菌の突然変異が起き、感染した人間は思考能力をなくし、生きた肉のみを食すハングリーズと化した近未来。爆発的に蔓延したその奇病により、人類は絶望の危機に瀕し、残った少ない人々は安全な壁に囲まれた基地内での生活を余儀なくされていた。そんな中、イングランドの田舎町にある基地ではウィルスと共生する二番目の子供たち【ルビ:セカンドチルドレン】の研究が行われていた。その子供たちは感染しているにもかかわらず、思考能力を維持し、見た目は人間の子供そのものだった。彼らから、ワクチンを作り出そうと模索する中、子供たちの中に高い知能をもった奇跡の少女メラニーが現れる。 彼女は人類の希望となるのか―絶望となるのか。

「ディストピア パンドラの少女」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.7
少しゾッとする、けど納得できる終わり方。
カール

カールの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

新鮮な新しいゾンビ映画だった。
自ら胞子嚢を開くメリットって何?これ以上増えないため?自分が中にいたら殺してしまうからわざと格別するため?中の人の飯はどうしたんだろう。手前の扉で空気浄化できたとしても、半永久的に続けられるわけじゃないし時間の問題でしょ。
メラニーがもう一回授業をして欲しいから燃やしたのかな?
いずれにせよ、最後のセリフからもあそこのラボに残っている人以外の人類は、いらないと解釈した。
いろいろ考えたけどよくわかんなかった。
新しい感覚で良かったけど、子供達の演技は学芸会みたいだったし、長くて退屈だったことは否定しようがない。
何の説明も無く、徐々に分かってくる進み方が好きですね。
ゾンビ映画だけど第2世代のゾンビ(?)
絶望の中にも希望の光、いろんな意味で邦題のパンドラの少女は良く出来ますね。
ゾンビ映画と期待して観なかったので興味深く楽しめました。
ゾンビ見たくてこれを選ぶと物足りないかもです。
鑑賞済み
イギリスお得意の全力疾走ゾンビ
hiroyuki

hiroyukiの感想・評価

2.4
おもしろかったけど、ゾンビとかの映画と思ったら違って、なに?結局なにを言いたいのみたいな映画だった。笑 もっと暴れてほしかった笑
山桃

山桃の感想・評価

-
感染系ゾンビ。ゾンビ映画としては面白い方。
一味違うゾンビ🧟映画。全体的に静かでお洒落な感じでした。菌が媒介で感染するって判っているのに、何故に外の川の水をそのまま飲むかね?素顔晒しているけど、マスクとかしないの?主演の子が理知的な容姿で良かった。ちょっとD・ワシントンに似ている。
みや

みやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

突然変異した真菌に感染すると人間を食べるようになる『ハングリーズ』が蔓延る世界で、感染していながら思考能力を残す少女が人間と共に生存を目指すSFホラー。

ゾンビ物であり、サバイバル物でもあるが、グロや恐怖が中心にあるのではない。
人間同士(片方はハングリーズだけれども)の心の交流、信頼関係を築いていく過程を描いている、直球の人間ドラマ。
同等の人間、むしろ同種とすら思っていない相手との接し方が徐々に変化していく。
様々な現実の状況に置き替えて考えてみても、深読みしなくても、いろいろと考えさせられる映画だった。
結末は予想していなかったので驚いた。
ちょっと無理がある気もするけれど、これまでに無かった感じの終わり方で良かったと思う。

何といっても崩壊した街や家の雰囲気が凄く良かった。
美しい。
主人公の女の子の演技も素晴らしかった。
健気で可愛い。そしてかっこいい。
この子の魅力で、映画の良さが倍増した。
停止しているハングリーズたちの間を縫って静かに歩く場面が、普段観るゾンビ映画とは違う感覚で印象深く残っている。
>|