けんいち

21世紀の資本のけんいちのレビュー・感想・評価

21世紀の資本(2017年製作の映画)
4.0
フランスの経済学者トマ・ピケティの同名経済学書を映画化した社会派ドキュメンタリー。

原作は未読。

世界経済とその歴史について、良質の講義を受けたような読後感。

馬が車に取って代わられたように、人間がロボットに取って代わられる未来が来るという予測が恐ろしい。