21世紀の資本の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

上映館(1館)

「21世紀の資本」に投稿された感想・評価

しゅー

しゅーの感想・評価

3.3
21世紀の資本観ました。ピケティが解説してくれるので、めんどくさがり屋さんでも安心して観れます。経済学は明るくないですが、やっぱり直近の議論の下敷きにピケティがなってるような気がするし、この認識でいけばそらMMT とかBIの議論が流行るわなって感じです。
Mizuho

Mizuhoの感想・評価

3.4
NHKの特番を見ているようだった。正に今読書中ですが、分厚い本で、難解ではないが、私のおつむにはわからない箇所は何度か読み返す必要があり、なかなか進みません。その理解の補助になった。今の経済は批判の的だけど、いろんな困難、不具合を修正して来てはいる。時代が進むと都度見直しは必要で。巨大IT企業が税回避に逃げるのは、各国の売上に応じて課税する、と言うのは賛成。
今パワハラ問題で揺れるアップリンクで鑑賞。スタッフさんはテキパキ勤務されていた。
Masumi

Masumiの感想・評価

3.6
映画館で観るほどじゃないのかなと思いつつ、いつかは観たかったから機会あわせて観てきました。
んーーーやっぱちょっと映画としては退屈かなぁ。同じ経済ドキュメンタリーなら『みんなのための資本論』の方が格段に面白くて分かりやすかったぞ⁈⁈というのが正直な感想。
でも、こちらは戦争の歴史と絡めた経済史振り返りも出来て勉強にはなりました。
色んな映画のシーンが使われてるのも面白いなと思いました。
あとは心理学者が語るくだりでヒヤッとしてみいっちゃいました。格差が固定される背景にある人間心理、これに気づけたのは良かったかなぁ。
angelica

angelicaの感想・評価

4.0
全世界の中高生に見せるべき。今の形の労働者ができたの本当につい最近だし、格差社会に戻らないでほしい!

ピケティのお肌つるつるね。
kayo

kayoの感想・評価

-
原作を読んでもう一度見たい!経済のことが分からなくてもある程度理解できる内容だけど、ちゃんと勉強してから見たらもっと面白く見れた気がする。悔しい!
Naoki

Naokiの感想・評価

3.7
今さらって感じの内容って気がしないでもないが、分かりやすかった

まぁこのままいけば格差はますます激化していくんだろうけども…
結局政治に期待できるかっていったらそうでもなくて…
結局頑張って自衛していくしかないんかなぁていう後ろ向きな感想を抱いてしまった…

資本主義と労働はもはや結びついていないっていうのはなるほどって思った

労働が機械に代替されてしまうと資本はますます一部の人間に集約されてしまうだね
r

rの感想・評価

4.3
過去と現在と未来の労働者の在り方が描いて映画。映画というより、経済ドキュメンタリーに近いかなぁ。こんな世の中だし、格差はもっと増えると予想する。そんな社会に負けないような日本国を目指していただきたいですね。いつまでも、平和ボケしていていたらだめんなだと。資本は国に頼らず、自ら繰り出す。『相続』: inheritanceという言葉が何度も出てきたのが印象的。生まれた家に感謝しなければならないのと、将来は私も子孫を増やし、経験出来なかったことを未来の子どもたちに体験させてあげたい。
ラユム

ラユムの感想・評価

3.3
考えながら見てるとどんどん置いていかれるw テレビの経済特集番組を見てる感じ。結局企業や金持ちはあれこれ税金の支出を抑える方法を考え実行し、労働者にも還元しないから労働者は低賃金のまま。労働者が消費をしやすい環境が必要。でもそうすると今度はインフレの問題となかなか経済って手強いw

58/2020
pk

pkの感想・評価

3.6
過去の映画のシーンが使われていたり、説明映像がおしゃれだったりしたのが印象的だった!経済の話の導入で使えそう。
denil

denilの感想・評価

4.2
金融・経済の主な歴史がわかり、尚且ついまがどのような状態にあり、それにたいしての提言があり分かりやすかった!
前半(1920以前は)は少しまだまだ勉強が必要だが、後半は理解しやすかった。

現代は18世紀の貴族制への帰還の過渡期。そうような最悪の事態にならないように、トップの資産家への税金負担強化(累進課税と死亡した際の資産10%程度の配分など)を提言していました。なるほどと共感しました。

トランプ大統領や、その他ナショナリズムと揶揄される代表の政策(多国籍起業の国内への呼びもどし)は正しいのではと感じました。       

しかし、本日現在で仏から米企業のデジタル課税報道に関する報復は、おしとおしてるスタンスに矛盾があると思うが。