qudan

幼な子われらに生まれのqudanのレビュー・感想・評価

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)
4.0
登場人物が皆少しずつダメな感じが良い。
ポスターで表現されているように、キャラクターそれぞれが別々の方向を見ていて、それぞれの思いがすれ違って離れていく居心地の悪さが緊迫感を生んでいる。

似た境遇にある実の娘と連れ子の娘の対比も良い。