地球へ

幼な子われらに生まれの地球へのレビュー・感想・評価

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)
4.0
不器用な大人たちが苦悩する映画


主人公はバツイチの中年男性。
同じくバツイチの女性と再婚、そして再婚相手の連れ子と暮らしている。
そんな再婚夫婦が子供を授かるが、それが原因で娘が反抗的になる。
娘からすれば、母親の再婚相手は他人であり、しかも父親の違う弟か妹ができるとなれば、感情的に乱れても当たり前かも知れない。
もはや家族は危険な状況に陥っている。

しかも、主人公はリストラされて子会社へ出向。
八方塞がりの主人公は妻と些細なことで揉めてしまう。

妻はDVが原因でかつて離婚、再婚して幸せな家庭を夢見ていたが崩壊寸前。
DVの元夫は再婚せずに独り身のまま。

主人公の前妻は再婚して上手くいっていたが、トラブルが発生。
主人公の娘、前妻との間にできた子供は母親の再婚相手と暮らしている。

夫婦間で、そして親子間でそれぞれ問題を抱えて悩んでいる。
そんな、幸せになろう願う二組の家族がどのような顛末を迎えるのか?

それぞれ少し変わったようにも思えるが、顛末は明らかにされずに映画は終わる。
観た人がそれぞれ考えて下さいと、言っているような映画です。
また家族とは何か?、考えなさいと言っているようにも思われました。
観た人が、それぞれの登場人物と自分を重ねて少し悩む映画だと考えます。

そんな事を考えながら映画館を後にしました。
同じ三島監督作品の「少女」のエンディングと同じスタイルでした。

また、本作はデジタルではなくフィルムで撮っているのでしょうか。
フィルムの優しい画質と、映画の内容がマッチングしていたように感じました。




またまた観逃がした映画を、いつもの名画座(キネカ大森)にて鑑賞。