幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

まったくもう、どいつもこいつも
fujiK

fujiKの感想・評価

4.0
浅野忠信、存在感あり。
家族、血のつながり、父親になる、是枝監督の作品を思い起こす。
「あなたは理由を聞くけれど、その時の気持ちは聞いてくれない」との寺島しのぶの言葉が印象的。
三島有紀子監督作品、以後、注目。
子どもたち、うまい。
心揺さぶられた。父親の重みを感じました。
ぱるみ

ぱるみの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

今回の大阪の地震で、悲しいニュースばかりを目の当たりにして、気持ちが滅入ってしまいました。

この地震大国日本で、家族を築いて大切に生きていくということ

大きなお腹を抱えて命を守ってきたのに
無情にも、天災は私達に容赦なく、大切に大切に育ててきたものを奪うのだなーと。

浅野忠信のあの淡々としたサラリーマン
物静かだけれど沸々と、新しい家族への不安と戸惑いが、あの冷たい目に表れていて

やっぱり浅野さん、しっぶいわぁ✨✨

毎日働いて家族を養わなくては、いけないし
出向という名のリストラでも、黙々と働かなくてはいけないし、サラリーマンの悲哀を感じました。あの工場のシーンは。

連れ子の薫は、思春期真っ盛りで
浅野忠信から、本当の愛情を持たれているのか不安で攻撃的だし、彼女の演技は、繊細な10代そのもの

あの薫ちゃんの気持ちは、もっとホンモノの愛情が欲しい。浅野忠信が、実子とも会っているから
嫉妬もあるんだろうなー…。生理になったばっかりやし、不安定だったのだろう。

上質ないい映画、ドキュメンタリーを鑑賞できたという気持ちです。

クドカンが吸っていたエコーという煙草は、わたしのおじいちゃんが挟みで切って、瓶の中に入れて、フィルターをつけて美味しそうに吸っていた
250円くらいで、煙草の中で安いんだって。
でも、タールだったからニコチンだったか
数値が凄く高くて、身体に悪いの

私も拗ねてないで、お家に帰って父母、兄弟に会いに行かなくては。
ブラボー🙌⤴️
私は「万引き家族」より良かった👏✨

~あらすじ~
再婚同士で結婚した二組の子連れ夫婦の話。
中年サラリーマンの信(浅野忠信)は二度目の妻、奈苗(田中麗奈)と二人の娘と幸せに暮らしていた。
奈苗の妊娠が発覚し、それから長女の反抗期が始まり「本当のパパに会いたい」と言い始める。
実は前の父親にはDVを受け、離婚しており、奈苗は面会を反対するが、長女は「私のパパは1人だけ」と信の存在を拒否する。
自分の離れて暮らす娘は良い子であり、内心、長女にイラつく信!
家庭以外にも、マイホームパパで仕事より家庭を優先させていた信はリストラされてしまうなど、色々なことがあり、今の家庭生活さえ嫌になってきてしまう信だったが、、、。

ずっと観たかったが、近くの劇場で上映しておらず、DVDにて鑑賞📺❇️
原作は重松清。
原作は未読だが、重松清の小説は、普通にその辺にいる家族の色々な気持ちが書かれており、面白い📖
いや~、良かった😌✨
評価は割りと高いが、期待通り、いや期待以上だった👍
どこにでも有りがちな再婚している人を夫、妻、子供の各種立場から丁寧に描かれていた👨👩👧
血の繋がらない家族と、血の繋がった他人。
静かながら訴えかけてくる作品🎦
役者達の演技も素晴らしい‼️
浅野忠信は「淵に立つ」の怪演も印象的だったが、今回は別れて暮らす実娘、一緒に暮らす連れ子と家族、元夫、仕事の中で葛藤する姿を見事に演じている👨✨
脇を固める田中麗奈、寺島しのぶ、宮藤官九郎も良い味を出していた。
子役も良かった~👧

大人も大変だが、思春期の子供は、もっと大変なんだろう💦
色々と考えさせられた😌💓
寺島しのぶ役の元妻から「理由は聞くのに、気持ちは聞かないのね」「この後もずっとたくさんのことで後悔すると思った」「(その後のセリフ)…」それらのセリフが胸に刺さった🏹
さすが、重松清💡
「流星ワゴン」「ファミレス」(恋妻家宮本の原作)も家族もので良い作品なので、機会があれば是非お勧めしたい📖

私は「万引き家族」「そして父になる」より、何倍も良かった🎦✨
こっちにパルムドール賞をとって欲しかったな~😆🏆

せっかく良い作品なのに劇場であまり上映しておらず、残念だった😅
乃南アサ原作の「しゃぼん玉」も良作だが、あまり劇場で上映しておらず💦
最近の方がはアニメかアイドル主演のお客が呼びやすそうな作品が多いので
大人が見たい良作も、もっと上映して欲しいと思う😌✨🎦
SHU

SHUの感想・評価

3.4
ぜーんぶひっくるめて「いいんだよ」って言えるくらい優しくなりたい。

つい先週西宮名塩に行って、画になる階段だな〜って思ってたらまさかここで再開!!!!
あと重松清といえばデパートの屋上!

この気持ちを描いてやろう、この空気をこの台詞で描くんだ、ってのが感じ取れちゃうとなぁ……。
原作が文字ベースってこともあって難しいのかな。
>|