幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

まったくもう、どいつもこいつも
ちぼ

ちぼの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

家族って基本こういうものだよなあと思った。綺麗な形をした家族なんていないし、血は繋がってても所詮は別の個体。個々が集まって家族を形成してるんだから、形が歪むのは当たり前。正解もなければ不正解もない世界だからこそ、ぶつかり合いながらなんとか形を保とうとする。そういった家族のしがらみがリアルに丁寧に描かれてると思った。
血が繋がってても血が繋がってなくても別々の人間であることには変わりないから、この家族が特別すごく歪んでるわけでもない。幸せそうに見える家族ほど歪みがあるもの。お姉ちゃんの「分からないけど何か嫌」って分かる。文章化できない、感覚的なものだけど家族だからこそ感じる嫌悪感ってあるよな、と。
でも家族だからこそ切り離せない何かがあって、それを宮藤官九郎がうまく表現してた。ぬいぐるみを見た瞬間涙が溢れた。家族って難しいなあってつくづく思う。
まな

まなの感想・評価

3.5
親も不完全なのがリアル。
TMD

TMDの感想・評価

-
観終わったお客さんに「いい旦那さんみつけないよ〜!わたしはもう遅いから〜あなた達は旦那さん選び慎重にね!」って言われたのを思い出して納得
18

18の感想・評価

-
鑑賞記録
show5

show5の感想・評価

3.7
女性視点というか感覚が演出や映像にも散見されていて、男性監督だとどうなったのかと考えてしまった。
タキ

タキの感想・評価

3.9
浅野忠信のこういうリアルな冷たさすごくいい

このレビューはネタバレを含みます

『幼な子われらに生まれ』鑑賞。うまく家族を作れないバツイチのオトナたちとそれに心を揺らされるコドモたちの話。演技のリアリティに思わず涙を流してしまった。素晴らしい作品だった。
主人公の信は激務の元妻(大学勤め)と離婚し、バツイチで奈苗と再婚する。実の娘さおりは元妻が親権を持ち、年に四回会うことになっている。そして、奈苗の連れ子二人と暮らし、毎日のようにお土産を買って帰り、子供たちの「歓心」を得ようと努める。物心ついた時に信が父親だった次女は問題なく懐くが、長女はどこか距離を置いている。そして、奈苗の妊娠(本当の実子の誕生)すると、長女は「この家嫌だ」と言って元の父親に会いたいと懇願する。実子をかわいがる父親、依存症の母、愛情に飢える長女、何も知らない次女……そんなツギハギの家族が、ひとつになろうとする物語。特に、さおりとの関係を次女に説明する雨の車中でのシーンは涙無しには見られない。
印象的なのは「階段」と「自動昇降機」の存在だ。仕事で疲れきった信は「自動昇降機」を使うが、それは「楽に進む」ことの象徴でもある。信は異母児たちと「楽に」家族になろうとしているのだ。お土産で歓心を買い、問題の理由を追求して父親の仕事をこなそうとする姿に「楽」を求める姿勢が窺える。しかし、楽に家族になどなれるはずもない。それを象徴するのが娘との隔絶だ。通勤時に娘と自動昇降機に乗ろうとするシーンで、娘は父親から逃げるように階段で降り始める。楽に家族になれると考えている父と楽には家族になれないと考える長女の違いがここで現れる。
ほかにも階段は重要なシーンでたびたび登場する。バツイチだった信がバツイチだった奈苗に結婚を申し込むとき階段を登っている最中であったし、新しい父親と家族になれるか悩んでいる両家の娘たちは階段に座り込む。階段とは、新しく家族を作る道程の象徴なのだ。
信は元妻に「相手の気持ちを知ろうとしない」と詰られる。元妻と別れた原因も、そうした自己完結性だったのだ。「こうしていれば家族になれる」という一方的な行動に娘は反発していたのだ。父親が変わることは、尋常じゃないことを娘たちは訴えたかったのだった。
そして、元妻の家族と対面する信。新しい父親の危篤に涙を流す娘の姿(自分以外で新しい家族となった姿)を見て、彼は娘たちの気持ちに寄り添おうと決意する。新しい子の誕生とともに、彼の新しい人生がようやく始まるという構成は、あまりにも素晴らしい終わり方であった。
osowa

osowaの感想・評価

2.0
私が付き合ってた男が身勝手なのかと思ってたけど、どうやら男はみんな身勝手なようだ。つくづく独身で良かった。
>|