幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

まったくもう、どいつもこいつも
あおい

あおいの感想・評価

3.7
浅野忠信、いいパパ過ぎるでしょ。
こんないい人いるかなあ。

血の繋がらない家族の中で悪戦苦闘。
仕事も家族を重視して、結果出向。

みんな気持ちはわかるけど、ある意味どこかで子供達も大人にならないといけない。

クドカンが、クソ野郎かと思いきや、スーツ着てゴリラ持って。
みんな、いい人だった。
下高井戸シネマ

このレビューはネタバレを含みます

何とも胸が痛い話でした。こういう映画を観ると、私と弟が大きくなるまで離婚を待ってくれた母親に感謝してしまう。学校で苗字が変わるから、周りの目もあるからとは言ってたけど、精神的にも、高校生大学生になってからで良かったと思った。それか記憶に残らない赤ちゃんの時ね...
両親が離婚して、再婚して、同じ家の中に親の違う兄弟がいて...近くにいる本当の親にたまに会って...なんて...小学生や中学生にとっては確実に幸せではないよ、まだ結婚してないので子ども目線でしか感じられないけど。
死別は別として、「本当の」っていうことに、大人が思う以上に子どもは敏感というか、重んじるというか...
「まだ子どもだから」「もう大きいでしょ」なんて親の尺でしか測られてないもので、必ずしもすべての子どもがその感覚に当てはまっているわけではないから、長女に対する田中麗奈ママは本当に私はありえないと思った。我が子とコミュニケーション取れてなさすぎだと。反抗期でも何でもないよ。
確かに暴力振るわれていたのはつらかっただろうし、再婚して安心して生活したかったと思うけど、あまりに周りが見えてなくて..さらに周りが不器用で..悪循環。見るのしんどかったー!
新井美羽ちゃん演じる次女もあと少し時間が経てばお姉ちゃんみたいな時期は来るし、映画は終わったけど、あの人たちに幸せは来ないだろうなって思っちゃったな...
子どもを作る方、生まれる方..私は我が子は「生まれてこさされた」子には絶対したくないなと感じた。

家までの長い階段、エレベーター、通勤電車が何度も出てきてたのが何だか映画的には良かった...浅野忠信さんがサラリーマンで庶民に見えたし、新境地?オーラ消してるっていうかすごい!て、そこは感動した。子役3人すっごかったね.....

新しいお父さんが死んでも悲しくないし
「お父さん」って呼びたくない

矛盾するけど親の離婚を見た身としては離婚しること自体はいいと思う。
命や生きるすべ、お金が絡むならなおさら早い方がいい。
でも自分は子どもを抱えての離婚はあまりに不幸だからしたくない。
暴力は本当にダメなんだけど...すべては「理由」によるか..。

親の離婚でつらくなって、親も子も、まぁ色々あったけど幸せになれてよかったって言えるなら、それは何十年も先。
こどもがこどもじゃなくなってからの未来の話。
それまではみんなそれぞれのポジションで幸せなふりしたり、これでいいんだって言い聞かせたり、これが家族って思うようにしたり。大人も子どもも無理することが自然体になってしまうから一カ所にひびが入ると、ガクンと崩れ落ちてしまう
再婚した中年サラリーマンが、現在の妻とその連れ子、前妻と暮らす実の娘、そして新たに授かった命をめぐり、家族との関係を模索するヒューマンドラマ。原作未読。

家庭に平和は保たれていると思われたが、血の繋がらぬ二人の娘のいる家庭に新たに子どもが生まれることから、家庭内に軋轢が生じ家族の歯車が狂いはじめ、表面だけ取り繕ったツギハギだらけの家庭は身勝手な言動で夫婦関係や親子関係の均衡は崩れていく。
作品のテイストは全く異なるが根本的な問題は『淵に立つ』と似ているというかアンサームービー的だと思いながら鑑賞。

天然系で夫に頼りがちな専業主婦の現妻と内面的なつまずきを抱えるキャリア志向の強い前妻の女の大人の対照と、前妻との間に生まれた娘への無条件の愛と現妻の連れ子2人への微妙に遠慮が垣間見れる対照、更に、連れ子2人の長女は父親と血の繋がらいことを知っているが、次女はまだ小さいので血の繋がらないことを知らないので、次女より長女の方に少し遠慮がちなそれぞれの対照が効果を発揮し、現代的な家族にいそうであまりいない設定に説得力が生まれる。

進行する電車の前方路線が途切れて見えない大きなカーブ、無機質的な斜行エレベーター、ロボット的な職場倉庫、自宅へ続く暗く長い階段、カラオケの曲、食事中の家族配置、噛み合わない会話等の心の機敏に情景を盛り込む表現方法は効果的で、それらが蓄積されていくことで、作品を通じて何とも言えない微量な湿気を含んだような違和感が漂う演出は重厚なテーマと相まって不安が募る。

これらの構成や演出は抜群に冴えわり、子役も含む各役者の演技も素晴らしいのだが、タバコで心理の変化や心境を描写するクラシカルな演出と、身勝手で乱暴な妻の元夫を演じたクドカンの作品の温度を大幅に超える大仰な演技の2つが大きなマイナスで残念。

初潮を迎える多感な時期の長女のわだかまりが、辛らつな言葉として血の繋がっていない父親にぶつける。父目線で複雑な事情を乗り越え誠心誠意尽くそうとすることは、一見、長女と向き合い続け家庭を築こうとする父の姿のようだが、前妻に「理由は聞くけど、気持ちは聞かない」と言われるセリフに代表されるように、これは娘に対しても同じことで、どこまでも変わらなく融通がきかない男である本性が抉り出されていく演技と演出は秀逸で、このセリフで今まで信じていたことが揺らぎ、じつは違う側面や切り口だと解釈が反転する演出は男目線と女目線とで異なる。

それでもなお誰かと生きていきながら関係を築くことの人の業を考えさせる切実な内容で、家族は合わせようと努力しない限り、決して合うことはないと告げていると解釈し、つまずきながらも僅かな幸せを繋いで相手の心を開いて築いていく、不器用な父親の姿に感銘を受ける。
kaede

kaedeの感想・評価

4.0
多摩映画祭

きっと重松清の原作も、すべての登場人物に寄り添ってくれるのだろうなと感じる作品だった。浅野忠信さんが良すぎた。
faster

fasterの感想・評価

4.1
邦画もまだまだやれると言わんばかりの映画。すばらしかった。映像の作り方と音の入れ方も上手いのだが、テーマが一番心に響いた。皆さん演技も素晴らしいです。
結婚なんてしないほうがいい、子供なんて作らないほうがいい。それでもみな結婚するし子供を作る。結婚や子育て、人生の正解はなんなのだろうか。といった感じに序盤は徹底的に叩きのめされるのだが、、
邦画面白い、洋画は予算とか規模がだいぶ違うけど、邦画は役者の演技に光るものがある
sayaka

sayakaの感想・評価

3.5
浅野さんが普通のお父さんなんだけどたまに怒るとこがとてもリアルで怖かった。普通の男の人って怒るとこわいのよね、女のキィーっていうのとまた違って。ちょっとわからないとこもあったので原作読もう。クドカンが最低だけどデパートの屋上で待ってるの切ない…。
acwmy

acwmyの感想・評価

4.0
TAMA映画祭

普通の役をやってる浅野忠信が新鮮だったのと、素晴らしかった。

三島有紀子作品すきだな。
>|