幼な子われらに生まれの作品情報・感想・評価

幼な子われらに生まれ2017年製作の映画)

上映日:2017年08月26日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはD…

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)。二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。 仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。 さらに、長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。

「幼な子われらに生まれ」に投稿された感想・評価

Fuzzzzy

Fuzzzzyの感想・評価

3.7
勢い余って映画館で鑑賞。
また、凄い子役が出てきたな〜。
寺島しのぶと浅野忠信の車の中で
会話シーンと、田中麗奈との
口喧嘩のシーンが印象的やったな。
ぜんぜん好きじゃなかったが新木場に行く線路と坂の上のマンションだけ好き
いいパパになろうとする
浅野忠信パパがリアルだった。
頑張りたくても頑張れなくなる時も
もちろんあるよね。人間だもんね。

薫ちゃんのむずかしい性格は
難ありだなって思ったけど、
どこか分かるとこもある。。

言葉も空気もリアルな感じだった。
複雑な家庭の様子がリアルに描かれてて面白かった!
家族って難しいよね。
のとう

のとうの感想・評価

4.1
ひとりになるのも怖いけど、家族を作るのも怖い。

このレビューはネタバレを含みます

弟が生まれ薫も駆けつける。
ぽてと

ぽてとの感想・評価

3.5
2018-9 98作目
重松節全開。父と子の関係なら重松でしょう。監督が女性ならでわの視点で描かれており、原作に奥深さを与えていた。感涙までは行かないが心に響いた作品。
kanetaya

kanetayaの感想・評価

2.9
原作覚えてないけど、原作の方が良かったような。
>|