Rio

ワンダー 君は太陽のRioのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
4.5
人とは違う見た目を背負って産まれた男の子が、ホームスクールをやめて実際の学校に通い始める決断をし、家族たちと二人三脚でどのように社会に踏み出して行くのかを描いた作品。

見た目が人と違うばかりに、ジロジロと偏見の目で見られ、すれ違う人はみんな遠ざかって行き、顔を覆うフルフェイスのヘルメットを被って外出する習慣のオーガストは、小さくてホントに子供らしくて、だからこそそのピュアな心で社会の厳しい視線や悪意に負けそうになるんだけど、周りのさりげないけど最高に暖かい支えが胸にジーンと来て、世の中敵ばかりじゃないってことを再認識させられた。

特に、序盤でオーガストがお母さんに教えてもらった言葉、「今の自分が嫌いなら、理想的でなりたい自分を思い浮かべればいい」っていう言葉がすごくステキだった。

オーガストのお姉さんのヴィアも本当に素敵な女の子で、心が広くて我慢強くて家族思いで、学校で嫌なことがあって落ち込むオーガストに、「私たちはベストフレンドでしょ」って優しく言葉をかけてあげててそこで大号泣(笑)
自分も子供の頃はお姉さんの立場だったけど、あんなに家族のことを支えられるなんてホントにすごい。
ヴィアと親友のストーリーも、思春期らしい甘酸っぱさがあって胸がほっこり。

まだまだ心に残ったシーンは挙げればキリがないけど、家族、夫婦、兄弟、友達…いろんな面から、人と人との関係の暖かさを感じたし、「人に優しくありたい」と改めて思える作品で大満足!見れてよかった。

大好きな作品でした。