みおこし

ワンダー 君は太陽のみおこしのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
4.0
障害を抱え、人とは違う顔を持っている少年オーギーが初めて学校に通うことになる。それがきっかけで、彼自身も、そして彼の家族や友人それぞれにも様々な変化が起きていく様子をハートウォーミングに描いた傑作。

機内で観る作品としてはオススメできません、本当に4回ほど鼻水を垂らしながら号泣しました(笑)。オーギーも家族も前向きな気持ちを捨てないから、余計そのたくましさが真に迫っていてボロボロ泣いてしまいました。家族って、本当にすごい。
親と子の物語としてだけではなく、姉と弟、父と息子、母と娘など様々な切り口の家族の愛や絆が垣間見えるので、誰が見てもなんらかの形で共感できる作品になっているかと思います。
オーウェン・ウィルソンとジュリア・ロバーツの、人一倍苦労をしてきているけれどそれを微塵も表面に出さないタフな両親っぷりも、いつも自分が家族の中心に立つことができない悲しみを押し殺しているお姉ちゃんの芯の強さも良かったけれど、やっぱりジェイコブくんのあの演技力...。『ルーム』の時と違って、本当のお顔は見えませんでしたが、それでもなおオーギーが内に秘めた感情が観客にひしひしと伝わってくる熱演でした。
子供同士の心ないいじめや、陰湿な発言に傷つき続け、何度「どうしてこんな顔に生まれたのか」と自分に問いかけてきたオーギー。その彼が最後にようやくとあることを悟るシーンは、もう涙なしにはいられません。あんな風に大きな成長を遂げられたオーギーこそまさに'wonder'(奇跡のような)な、尊くて愛おしい存在だなと。
自分が日々悩んでいることが本当にちっぽけに思えてくるくらい彼とその家族が抱えてきたプレッシャーは計り知れませんが、その分誰よりも本当の幸せとは、意外とそばにあることを理解しているんですね。

『サバービコン』に出ている子役のノアくんが、オーギーと不思議な縁で結ばれる役を演じているのですが、その彼のエピソードもグッときました。誰しも、思いがけず人を傷つけてしまうことはあるけれど、そんな時は是非本作でその解決策を見出して欲しいなと思います。ノアくんもジェイコブくんに負けないくらい可愛いし、演技も抜群で今後が楽しみな子役です。
お姉ちゃんの周りの、彼氏や亡きおばあちゃんの存在感もまたよかったな〜!

子供たちに是非観せたい、教材としてもぴったりな名作。
いろんな愛の形を学べる上に、こんなにも心が洗われる作品は久しぶり。高評価も納得です!!絶対に劇場で、この感動を体感すべし!!