felicity

ワンダー 君は太陽のfelicityのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
3.9
試写会。
人は目で見えるものにとらわれすぎているよね。優しさを選択できる人でありたいな。色々な人の視点があることで誰もが「人生というストーリーの主役」なんだと感じたし、お姉ちゃんの気持ちがきちんと描かれていてとても良かった。私は姉の立場なので気持ちわかりすぎて涙。

「心は未来を示す地図、顔は過去を映す地図」

ジェイコブくんは言うまでもなく素晴らしかったけど、友達役のノア・ジュープくんがキラキラしていて「なんだこの子は…」ってなった