東朴幕院

ワンダー 君は太陽の東朴幕院のレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
3.7
生まれつき顔に障害を持つオギー。家族は姉を含む父母共に優しくオギーをとても大事にしている。これまでの自宅学習から小学5年生になるタイミングで学校に通う事に挑戦する。
前半の主要キャラクター別視点で物語が語られたりと多少語り口に工夫があり好感が持てるし、子供向けの作品としても丁寧で飽きない導入と思った。
加えて登場人物にそれ程嫌な人間も出て来ない為、気分も害する事もない。ここは大人には毒っ気が足りないと思わせる所で如何ともし難い問題かと。
ワンコのデイジーのシーンでオギーが何かを感じるシーンとしてプラスアルファがあった方が性格形成的にも良かったかな。それと親友ジャックが喧嘩に加勢したシーンでのあのアクシデントも伏線なんだか分からず観客を惑わすだけの効果しかなかったかと。
そうは言ってもとても優しい雰囲気を持っている本作品、大人が観てもとても良い気分になれるものだった。