シノ

ワンダー 君は太陽のシノのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
4.3
遺伝子の影響で生まれてから27回も顔の手術をしてきたオギーの顔は普通の人とは違いました。
オギーが10歳になった時に、それまで自宅学習させてきた両親は学校へ行かせる事を決めます。

学校では見た目が違うというだけでイジメや差別にあいますが、オギーは周りの人に支えられながら立ち向かっていきます…

オギーだけではなく、その周りの人の視点も描かれていてそれぞれが悩みを抱えています。

これまで観てきたの映画の中で一番泣いた。終始泣きっぱなしでした。

また、作中は格言が多くあり、印象的だったのが『正しいことをするか、親切なことをするか、 どちらかを選ぶときには、親切を選べ。』

オススメですので、気になっている方は絶対観た方が良いです!