orangepekoe

ワンダー 君は太陽のorangepekoeのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
4.1
予告を見て気になってはいたけど、
あまりに周囲の評判が良すぎて結構ハードルが上がった状態での鑑賞。
それでも悠々とそのハードルを越えてきた!

感動作、と言ってしまえば簡単だけど、そこが焦点ではない映画。

人とは違う顔で生まれ、整形手術を27回も受けたオギーと、彼をとりまく人たちのお話。
でもこの映画の良さは主役はオギーだけではないというところ!
さまざまなの登場人物の視点が入って多角的にストーリーが進みます。

自分も長女だからなのか、とくにオギーの姉・ヴィアには共感が半端じゃなかった。
祖母とのシーンは涙腺崩壊…
なんだかそのあたりから演劇発表会あたりまでずっと泣いてた笑

オギーとはじめての友だち・ジャック、
ヴィアと彼女の友人・ミランダ(※この2人めっちゃ可愛かった!)との出来事は学生時代にはあるあるだったり。
隣の芝生は青いなんだよね…
とにかく共感する場面が多かった。

誰しも二面性があって、見えていないだけで、
悩みもあるし、問題もあるし、それぞれの状況や気持ちがある。
普通じゃないのはオギーだけではない。

だからこそ、ジュリアンのその後だけがちょっと気になったかな。

最後の校長先生の格言は胸に突き刺さった。

今までにない感動!とか人生が変わる!とか、そんな大袈裟なことではないけど、
まわりの人への見え方や接し方が少しだけ変わるかもしれない、そんな映画。

choose kind.