plantseeds

ワンダー 君は太陽のplantseedsのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
4.0
『つらいときは楽しい空想をして』
(劇中)

今年の洋画話題作、ようやく鑑賞。
非常にハートウォーミングであり、子供にも、大人にも、
家族におすすめの作品です。

この作品の素晴らしいところは、家族や登場人物のそれぞれの視点で描かれるところ。
だからこそ、主人公オギーの主観視点に偏った内容にならない。
周囲の家族たちの苦悩もしっかりと描く。

この作品を見ていて思ったのは、本当の「美しさ」、「醜さ」とはなんなのかという点です。
作中オギーは、いわば「普通」ではないという扱いをされます。
しかし、「普通」とはなんぞや。

ただ、ただ、みんなと違う顔を持つばかりに、オギーを避けるみんな。
「人は見た目で決まらない」。
子供心に、みんなそう思っていたはずが、大人になり、
いつの間にか、そんな視点を忘れてしまっている気がします。

普段生活していても、みんなとちょっと違う人を過剰に「臭い」だのなんだのと蔑む。
最近職場であったのです。
確かにそうかもしれないが、正直、「そこまで言う必要ある?」と、
疑問を感じざるを得ませんでした。

年齢は大人になってはいるが、精神的にこの映画の学校内でのやり取り、
子供たちと何ら変わらんやないか!!
今書いていて、非常にムカつきますねなんか…
なんというか、大人のくせにというか、そんなことで人を排斥する心の狭さが、なんとも言えない感じ。
いい歳して、いじめなんてさ…、なんか、呆れてしまいましたね。

ちょうどこの事件が起こった時にこの作品を見たので、余計にその精神性の幼稚さ、醜悪さ。
こういう心の狭さが、オギーをなかなか受け入れられなかった子供たちのように、どこか世界を生きづらくさせているのかもしれないですね。
(子供だから、しょうがない部分はあるとも思う。人生経験不足。)

本当の「美しさ」、「醜さ」。
現代はやはり、『目に見えるもの』にとらわれ過ぎていると感じます。
表面上のことしかわからない、見えない人がやはり多いと感じる。
(自分もまだまだそうです)。
一人でも多くの人が、その、目に見えない部分の、大切な、本質的なことに目覚め、気づいてくれたなら、世界はどれだけ素晴らしく、快適なものになるのでしょうか。

出会う人、出会う人。
目に見えるものだけにたよらず、その人自身とちゃんと向き合えるようで常にいたいですね。
最後に。オギー君は本当にすごい。自分だったら彼のように勇気をもてただろうか。
彼の勇気に拍手を、そして、彼に勇気をもらいました。