Takashi

ワンダー 君は太陽のTakashiのレビュー・感想・評価

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)
5.0
「人のことを知りたいなら、よく見るべきだ」

人間の価値は、外見ではなく内面。
先天性の他人との「見た目」の違い、そして多感な子供が主人公、というわかりやすい題材から「人の本当の価値」についてのメッセージ。

頭ではわかっていても、実際に周囲にそういう状況があったとき、理解と行動がリンクする人が何人いるか、と思う。
子供は純粋だからストレート。外見でまずは判断しちゃうんだけど、その人の内面が見えてくると、素直に惹かれていくのも大人よりストレート。ジャックウィルの、「今一番だれといたいかと言われたら、それはオギー」というセリフはグッときた。

言い方が相応しくないと思いつつあえて。
外見上はコンプレックスを持つ少年が、内面的な魅力で周囲を変えていくっていう王道ストーリー。こういう子って、おそらく接してみると普通の子より、何倍も魅力的な人間だと思う。苦労した人ほど強くなるっていう理屈と似ている。

この映画が暖かいなぁと思ったのは、オギーの強さだけではなく、周囲の人物の器の大きさ。自分もこうなりたいと思う。

「オギーは見た目を変えられない。周りが見る目を変えるべきだ by校長」

オギー、ヴィラ、ミランダ、ジャックウィル、それぞれの視点からのストーリーをみせることで、思春期の微妙な人間関係や心の動きを表現しつつ、みんなが良いやつ。

強い両親。
大好きな弟のために我慢を続けるお姉ちゃんのヴィラ。その実、親友のミランダとの関係に悩み、弟への嫉妬も。「世界一手のかからない子」、おばあちゃん子。
ミランダ、校長先生、ブラウン先生。
ジャック、サマーたち友人。

顔云々じゃなくて、幼少期にありがちな人間関係の複雑さとか、いじめっ子とか。お姉ちゃんとミランダの関係も、思春期あるある。

オギーという太陽(サン)を中心に廻る家族の太陽系。オギーも辛いけど、もっと甘えたいお姉ちゃんの心情もわかる。

ジャックウィルくんは、本当に親友って感じだった。いじめっ子を殴ったときの「親友を守ることは大事。奨学金は君を待ってる」って校長先生、相当なイケメン。

ありがちな構成ではある。
だが、心暖まる、素敵な映画。
ボロ泣き必至。完全に好きな系統のジャンル。おすすめします。