ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

ジジョ

ジジョの感想・評価

4.0
家族みんなで安心して観れる、笑って泣ける映画でした☆

「障害」はテーマの象徴で、この物語は誰にでも当てはまる話。人種やジェンダーの差別問題もさることながら、個々のいろいろな違いを受け容れあうことの大切さを描いているように思いました。

出てくる人が全員優しくて、こんな世の中はパラダイスのようだけど、映画だもの☆いいじゃない☆
世知辛い世の中で、心がささくれ立ってると感じた時は、こういう映画を見て明るくて前向きな気持ちになりたいです。

人はだれでも生まれた瞬間から「奇跡の子」。
『世界中のだれもが、一生に一度はスタンディング・オベーションを受けるべきだ。だって人は必ずこの世に打ち勝つんだから』
rYoTa

rYoTaの感想・評価

4.5
自身の最高の映画を塗り替えた
ちょっとだけ泣きそうになった
applen

applenの感想・評価

4.6
主人公の男の子の勇気に拍手!!!
とにかく勇気と勇敢さが素敵な映画でした♪


DVDも購入しちゃいました^_^
ELLY

ELLYの感想・評価

4.0
これぞ心温まる良い映画っていうくらい見事なストーリー!
何度もウルっときちゃいました。
登場人物も良い人、良い子がたくさんでほんとに心が洗われます。
何か嫌なことがあった時とかにまた観たい✨
櫻子

櫻子の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

オギーがとってもキュートで良い子。

ママもパパもお姉ちゃんも本当に素敵。

色んな登場人物の視点からストーリーが進んでいく。

魅力的な人の周りには人は集まっていく。子供社会も同じ。

いじめっ子、反省の気持ちが見えたのに親ももっとマトモならきっとオギーとも仲良くなれたろうにと、そこだけ残念だったな。

心があったかくなる映画。
JUN

JUNの感想・評価

4.0
人には弱さがある。自分にも他人にも。
でも、それを許し、愛せることで、人生全体がより彩り良く、美しく見渡せる。
そんなことを教わった映画でした。
Ayano

Ayanoの感想・評価

5.0
何回も泣いた
本当の強さとは何たるかを示している映画 目頭熱くなった
姉のヴィア役(イザベラ・ヴィドヴィッチ)がとても可愛いです
ショー

ショーの感想・評価

3.8
特別なことはそれだけで武器にもなるし弱点にもなる。可愛いく愛嬌のある登場人物ばかりなのがファンタジー感。
>|