ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

嵐子

嵐子の感想・評価

3.9
さすがベストセラー小説。オギーが泣かせてくれます。
宇宙服で軽やかに歩く後ろ姿が、可愛過ぎます‼
Ramu

Ramuの感想・評価

4.5
とても感動。
シンプルシモンを思い出させるようなところ納得したし家族と友人と恋人といろんな形の愛で溢れててあたたかくなった😌
心に響く言葉もたくさん。

ヴィアはヴィアでミランダのことで傷負ってたのにワンダーのこと励ましたり、純粋にすごいな、と。
おばあちゃんとのシーンでは号泣。
ワンダーが太陽で周りを回る惑星。そんなところも好き😌

登場人物ごとの視点で分かれてるのが、分かりやすくて好きな構成だった。ここではみんなが主人公だった。
RyokoOtaki

RyokoOtakiの感想・評価

4.5
人生の大切なことをぎゅっと詰め込んだ宝箱みたいな映画だった。
だてり

だてりの感想・評価

4.0
ひとりの男の子が「太陽」となってほかの惑星を巻き込んで、そしてみんなを照らしていく映画

特別であるが故に、思い悩むことが多く、人間関係がうまく行かないこともあるけれど、Auggyの真っ直ぐさに登場人物全員が心惹かれる理由がよくわかった

妄想と現実が交差に現れる演出が特に好きでした
MG

MGの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

“When given the choice between being right and being kind, choose kind”
これできてないなぁって、グサッときた。
正しいことと優しいことの狭間で
優しいことを取れる人はいったいこの世に何人いるんだろうか。
正義は自分が思っているほど正義じゃ無い時の方が多いから。
Shino

Shinoの感想・評価

4.7
本っ当によかった..!!
泣きっぱなしでハンカチが涙と鼻水だらけに!!笑

生まれてから数々の手術を受け、変形した顔を持つオギー。それまで自宅学習を続けていたが、10歳になり普通の小学校へ通うことに。
宇宙飛行士を夢見て理科の勉強が大好き。スターウォーズが大好き。プレゼントしてくもらった宇宙ヘルメットが大好き。勉強ができて頭も良く、ユーモアもたっぷりな彼だが、顔のせいで学校ではイジメに遭う..
イジメてしまう同級生と、仲良くしようとする同級生。自分の夢を置いて息子に構う母親。弟のことは大好きだけど自分より息子を構う両親に不満気味の姉ヴィアと、ずっと親友だったのにヴィアを避け始めるミランダ。

それぞれの視点で、それぞれの成長と感情の変化がわかっていく。
最高に素敵な物語でした。

子どもの成長って、両親やきょうだいはもちろん学校の先生や周りの子ども、全ての環境に左右されるんだなーと改めて実感。
金に物言わせて叱らない両親だと、子どもが反省しててもその人間性の成長をストップさせてしまう。

いやしかし素顔わかんないからなんだこの子役は!と思ってたら「ルーム」の子だったのね.. 激しく納得。
ジュリアロバーツのちょっと怖めな妻・母とか、その厳しさをフォローする夫・父のオーウェンウィルソンとか、ヴィア役の子もミランダ役の子もジャック役、サマー役、みーんなハマっててめっちゃよかったー!!

チューバッカ本物出てくるとはね!笑
悪者が1人もいない、友情愛情全て感じる
みんく

みんくの感想・評価

5.0
最高の作品です。
>|