ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

涙を流して心を浄化。

オギーこと、醜い顔の少年が初めての学校へ通い
泣き笑いながら成長。ああ良い話だ涙涙。

てのを想像してたら、そんな単純じゃなかった。
登場人物みんなに感情移入できる、かつ、登場人物がみんな愛に溢れてて、すっごくすごくすごく素敵な話だった。
控えめに言って大好き。

雨にも負けず。
風にも負けず。
正しいことと親切なことだったら、親切なことを選ぶ。
そういう人に、私はなりたい。(無理矢理感笑)

あとオーウェンウィルソン、好きだわー
にっく

にっくの感想・評価

4.2
最高のヒューマン映画
あかこ

あかこの感想・評価

4.1
映画館で見なくてよかった~泣きすぎて恥ずかしい。素直に感動した。家族ってやっぱりいいな。オギーの家族、お友達、人を思いやるって素晴らしい。
ねねこ

ねねこの感想・評価

4.8
記録。

『普通って、何?』

とても素晴らしい作品でした!
心がほっこり、とても優しい気持ちになれる映画だと思う。

まず、オギーに魅せられました◎
「普通って何だろう?」
観ていてずっと疑問に思っていたこと。
でも、「皆と全て同じなんて、つまらない!良いじゃん、オギー♪」と思った。

辛い時は楽しい空想。
このシーンでまず涙腺崩壊。笑
そして、私も辛い時は楽しいことを思い浮かべようと思った。

ジャックの小テストのシーンは、すごく微笑ましかったし、オギーがジャックに「家に来ない?」と誘うシーンは、何か「友情」について改めて気付かされたように思ったし、この感覚懐かしいなぁ~と思った。

色んな登場人物サイドで描かれているので、それぞれが心に抱えている「寂しさ」だったり色んな感情、そしてその人物について知ることも出来て、とても観やすかった◎

ゲームの世界観もとても可愛く、布団のデザインも可愛く、父親のキャラクターは最高!!

姉であるオリビアの物語も、とても良かったです。

受賞のシーンでもう私の涙腺は崩壊しました。
「誰だって一生に一度は拍手を浴びるべきだ。」
このオギーの言葉に、すごく色んなエネルギーを貰いました。

家族の成長と愛の記録、
そして友情の素晴らしさを改めて感じることの出来る映画でした。
seina

seinaの感想・評価

5.0
疲れた心にじわーっと刺さって涙が止まらなかった!!!
こんなにハマるなんてってくらい今の自分にどんぴしゃにハマった映画だった🎬!

人間だから誰だって優しい選択が出来ないときも人を傷つけちゃうときだってある。
だからこそそういうときに自分の間違いを認めて、謝って、歩み寄ることが大切なんだって改めて気づかされた😢

私は出来るだけ優しい世界で生きていきたいし、せめて自分の周りは優しさでいっぱいにしたい。
だから優しい選択をして生きて生きたいって思った💐

大人も子供もオギーに学ぶことはいっぱいあるなーって思った。

優しい心を取り戻したいとき、心が疲れちゃったときに見返したい大切な作品になった🥰
泣ける〜
loco

locoの感想・評価

4.0
いい話なんだけど、大人より子供が見たほうがいい。
Yumiko

Yumikoの感想・評価

4.0
20190123
natsuki

natsukiの感想・評価

3.5
優等生すぎる映画で、だからこそ逆に全く救われなかった悪役ジュリアンの扱いが気になったし、文句をつけられないようにしようとあらゆる方面に向けて気遣いを張り巡らせているのもモヤッとする。物語が示す「多少不恰好でも良いよ、あなたらしく輝いていれば」って言葉が似合う映画には思えなかった。
映画内で繰り返される「正しいことと優しいことなら、優しいことを選びなさい」という言葉に沿ったエピソード(カンニング、代役、友の為の暴力とか)は素敵だと思った。
みんなが主人公なところがいい
ただの感動モノじゃない
一人一人のそれぞれの人生
>|