ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

涙を流して心を浄化。

オギーこと、醜い顔の少年が初めての学校へ通い
泣き笑いながら成長。ああ良い話だ涙涙。

てのを想像してたら、そんな単純じゃなかった。
登場人物みんなに感情移入できる、かつ、登場人物がみんな愛に溢れてて、すっごくすごくすごく素敵な話だった。
控えめに言って大好き。

雨にも負けず。
風にも負けず。
正しいことと親切なことだったら、親切なことを選ぶ。
そういう人に、私はなりたい。(無理矢理感笑)

あとオーウェンウィルソン、好きだわー
Blandine

Blandineの感想・評価

3.3
5回くらい泣きそうになった。
ジャックウィル役の子がかっこよすぎて将来楽しみ。
モエ

モエの感想・評価

4.4
泣けた
しろ

しろの感想・評価

4.6
遺伝子疾患の影響で人と違う顔を持つオギーが勇気を出して一歩を踏み出す。

10歳の子供がみんながどう思うか悟ってしまっている現実。

想像も出来ないほどの勇気がいるだろうにオギーは強い子だ。

そんなオギーの行動は、周りのみんなを照らして、徐々に人が集まってくる。まるで、オギーという太陽の周りにある惑星の様に。

だけど、この映画の良いところは、主役オギーだけじゃなく周りの人にも焦点を当てていること。

一面的ではなく、多面的に視点を変える事で周りのみんなも悩みがあり苦悩を乗り越えていく姿が描かれてる。

好きなシーンが沢山。

親友ジャックに裏切られたと悲しむオギーに、ヴィアは「そんなの当たり前のこと」だと言う。厳しくも優しい言葉。

校長先生の「人の見た目は変えられない、でも人を見る自分を変えることは出来る。」という言葉。

おばあちゃんがヴィアに対して「お前は私の宝物なの」という言葉。

周りから仲間はずれにされるかもしれないけど、親友を大事にするジャックとサマー。

ネート、イザベルの愛情の深さ、生徒を優しく見守る格言好きのブラウン先生、ヴィアと仲直りしたいミランダ、最後自分のした事に後悔できたジュリアン、妄想のチューイ、みんな魅力的です。

あたたかい映画で最初からずっと泣かされました。
おおた

おおたの感想・評価

5.0
凄く感動しました。
生きることの素晴らしさ、家族の温もり、友人の優しさ、全てに泣いてしまった。
本当に心があったかくなる映画です。
あったけえ
心の底から賞賛を贈りたい。
この映画こそ全世界の人類にオススメしたい。様々な差別が根付いている今だからこそ見て欲しい映画。
人はみんな特別。普通な人間なんていやしない。これは自分自身の映画だ。
josh

joshの感想・評価

4.3
滝涙でした。
>|