ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

家族や親友に関しての描き方、良かった。
主人公のオギー、姉のベッカ、その親友のミランダの視点から描いているのも良かった。(ミランダの描き方が惜しかった)
オギーの母親役のジュリア・ロバーツ、父親役のオーエン・ウィルソン良かった。
お涙頂戴すぎこういうの泣いちゃう
この映画は優しい気持ちになれるね
ひびき

ひびきの感想・評価

4.5
すごく良い映画でした!最初から最後まで泣きっぱなし。涙が止まらなかった〜。ジェイコブくん素晴らしい。
shuuu

shuuuの感想・評価

4.8
全世界中の人が見た方がいい映画🎟
tomokovsky

tomokovskyの感想・評価

4.4
人が幸せに生きるためには、個人の努力だけではなく、周りがその人を認めてあげることが、すごーく大切。

ここ最近、なんとなく浮かんできた考えと同じで、うれしかった。
子どもの自尊心を高めてあげるようなことをやりたいと心から思えた。この気持ち、忘れないようにしよう。素晴らしい映画に出合えて、感謝!
KeiEnomoto

KeiEnomotoの感想・評価

4.7
素敵な映画だった!
校長先生の言葉がすごい残るのと、オーギーの友達が良い人たち過ぎて感動。
kei

keiの感想・評価

4.0
ひさびさに良い映画でした。

オギーが困難を乗り越えて、、、それを支える家族、、、みたいな話かと思ってました。

もちろんそうした面もありますが、もっと多面的にいろんな視点から描かれていて、オギーの病気はとても特殊なはずなのだけど、とても共感を持って観ることができました。

おギーの声だけでも泣けるし、
みんな心が温かくて泣けるし、

なんか学校に戻りたいって思いました。複雑なこと考えずに、ただ一緒にいたいと思える、無条件な友情っていいなと思います。

高校生くらいになると、もっと複雑な人間関係が出てくるかもだけど、それも青春だなと感じてしまう。
いいはなし〜
いじめられ、友達がいなくても
学校に通い続け勉強に専念していた主人公オーガストは
高校時代の私と被るものがあり胸に焼き付けられた
自分が正しいと思うことをやり遂げれば最後には必ず報われることをオーガストは教えてくれた
Ayako

Ayakoの感想・評価

4.2
お姉ちゃんが良かった
>|