ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

kuro

kuroの感想・評価

4.0
子供の世界ってほんと複雑で残酷で、でもやっぱり純粋で素直な心を持ってるところが素敵だなぁと。

個人的にこの映画の主役はお姉ちゃんのヴィアかな。

そんでやっぱ最後みんなハッピーで終わる映画が好き!こーいう映画ほんと好き
MariNumata

MariNumataの感想・評価

4.0
障害を持ったオギーは、明るく優しい男の子で、自分のコンプレックスと葛藤しながらも、友人や家族を通して自分らしさを見つけて行く。
友人目線や、家族それぞれ、オギーの目線でストーリーシーンがあって、登場人物一人一人の心情が描かれててとても感動した。
リアルな感じが良い。感動。
ysuke

ysukeの感想・評価

5.0
背中を押してもらった作品。
勇気。家族の支え。
優しい気持ちになります。
遺伝子疾患の特別な外観をした子が自宅学習から学校に行き始め、当初は孤立しつつも徐々に制圧していくお話

周囲の登場人物にちょいちょいスポットを当てて目線を変える展開でそれぞれの心情に入り込みやすかったです

両親のオーウェンウィルソンとジュリアロバーツはそのままいつものキャラ通り
この2人の夫婦だと自然とオーウェンウィルソンが尻に敷かれ気味になりますね

なんせ「オトボケvs芯が強め」なので

なのにビミョーに美味しいとこを持っていったりで、それがまたいかにもオーウェンウィルソン、キャラ勝ちです

ややシリアスな設定でパッケージでも真面目ぶってますけど所詮はオーウェンウィルソン、いつも通り


てか、この子凄いなぁ…(今さら
立ち向かってからが人生なんだなと教えられた!
ナオヤ

ナオヤの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

「予告を観たときから感動するって決めてました。」

…で、実際観に行ったら、やっぱり良かった。

先天性の病気で顔が他の人と少し違った形に成長したオギー少年。

そんな彼と、彼の周りの人たちを描いたハートフルな映画。

出てくる人たち皆がオギーに元気を貰って生きている。邦題のサブタイトル「君は太陽」の通り、太陽のような明るさを持った少年。

オギー少年にはお姉ちゃんがいる。お姉ちゃんはお姉ちゃんで、また悩みを持ってる。
でも、オギーの前では弱音は吐かないと、強く生きようとする。

オギー少年と友達になりたいと、強く願う少年がいる。彼もまた太陽になる可能性がある星だ。

彼の明るさを遮断しようとする意地悪な少年も出てくる。
でも太陽の光の前では影さえ霞む。

実際、周りに同じような病気を持った人がいると、上手く接することができるかと問われたら、それは分からない。

分からないけど、多分、偏見の目では見ることはもう無いだろう。

僕たちもオギーに元気を貰いました。
satoko

satokoの感想・評価

4.0
涙が止まらない。
>|