ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

みんなそれぞれ自分をやっていくしかないんだなあと思って泣いた。
物語の中心がオギーであることは揺るがないけれど、オギーの周囲の人々の挫折ややるせなさをひとつひとつ紡いで、それをおざなりにオギーに救わせたりせずに自分自身で立たせていたのがとてもよかった。
エンドロールのスペシャルサンクスに”My Face”ってあるのずるすぎる
ha

haの感想・評価

4.3
全員が大なり小なり困っていたり悩んでいて、毎日戦っていて、総じて生きているだけでみーんな尊くて偉い!
だからそんなまわりの人たちに、いつも敬意と勇気を持って過ごせますように。
お姉ちゃんがとびっきりいいこ!
mika

mikaの感想・評価

-
号泣からの号泣。全部が優しい世界だった、何度でも観たいー。
ryo2

ryo2の感想・評価

4.5
すごく良かった!

単に障害をテーマにした映画だと思っていたけれどもっと大きく広い良い映画でした。

人をいたわれ相手も戦っている、よく見ること!

格言っていいですね!
BMBB47

BMBB47の感想・評価

4.5
ジュリア・ロバーツの映画と思ったら違ってた。ベタな話だけど、色んな側面から捉える深さが凄い。ベタなハッピーエンドだけど、涙が止まらない。噂通りの名作でした。
ここ最近で一番感動した映画の一つ。
内容はわりと標準的であるが、やはりキャラクターの個性が特別であるため周りも影響されていく姿にグッときた。
また主人公だけでなく、その家族のことも描写されている点が素晴らしいと思った。
確実に泣ける作品。
2019年10本目

よかった。みんないいこ。
imim

imimの感想・評価

4.7
泣けると分かっていたけど、ただ泣ける映画じゃなかったのが本当に良かった。

オギーの葛藤はもちろんのことながら、その周りにいる人たち1人1人が主人公として描かれている部分がかなりグッときた。あと、ジュリアンのところも。自分にとっての主人公は自分1人だから。

個人的に、アギーが顔が見えなかったらみんなとハイタッチもして、挨拶しあってって人間特有の人を判断してしまう基準に悲しさを感じた。それがあるからこそ、最後の格言である「相手を知りたかったら、やることは1つ。よく見ること」という言葉がどれだけ大切で基本的なことかを感じさせる。

また、正しいことと親切なことを選ぶなら親切な事を選べといった格言もこの映画に対する軸となる言葉だと思う。

どの世代にも観てほしいし伝えたい教養のような映画だった。すごく好きだし、見終わった時のこの気持ちを忘れたくない。
>|