ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

SHUNSUKE

SHUNSUKEの感想・評価

5.0
強さと優しさは時に同義だが、まさにそんなことを実感させられる本作。初登校、チューバッカの空想で最初の難関を乗り越えるオギーの姿も、家族が涙をグッと堪(こら)えて彼を見守る姿も。落涙を免れない前半から、家族や友達、みなの心情が痛いほどスクリーンから溢(あふ)れてきて、観る者をザブーンと包み込む。色んな困難に瀕(ひん)するたび胸を締め付けられるが、映画には終始ポジティブな空気が流れている。オギーのユーモアを解する性格も大きいが、頑張る強さ、見守る強さ、乗り越える強さがあるからこそ、差し込まれるジョークや軽口が効く。その笑いが、勇気や希望を灯(とも)す。胸ムギュウと涙を搾り取られつつ、奇跡のような清々(すがすが)しい感動が唇に微笑みをもたらす。
安心してみていられる、ほっこり系。
各登場人物の視点からひとつのストーリーが語られる構成が面白かった。他の子のも気になる。
とにかくほっこり映画

オギーを中心にしてオギーを取り巻くいろんな立場の人たちがいろんな感情で過ごしている描写が丁寧で良かったなあ。

わたしの中のあなたよりもポップで前向きな映画。


正しさよりも親切さを選びたい。
ねおん

ねおんの感想・評価

5.0
観終わったあと気持ちがあたたかくなる作品。

オギーの成長物語だけでなく、姉のヴィアや親友のジャックなどの視点から多角的にスポットを当てていく感じがすごく好き!
オギーに目が行きがちだけど、個人的にはヴィア視点の話が響いた。

「偉大さは強さにあるのではない、強さを正しく使うことの中にある」
ほんとにそうだと思う。
自分の大好きなセリフの1つです。
emi

emiの感想・評価

4.7
記録
学校に送り出されるシーンの家族一人一人からメッセージもらうところにグッときた。オギーはちゃんと家族に愛されてると改めて確認できた。
ただヴィアの寂しさもわかる。
最後の格言を際立たせるためにいろんな格言を登場させてた感じがする。
「よく見ること」が人を知るには大切。よく見ないと、知れるものも知れない。

そしてジャックの顔がどタイプすぎるんやけど!!
あと何気にお父さんのギャグにツボる。
ジュリア・ロバーツの泣き顔が僕の涙腺に訴えかける、

明日から優しくなれる映画
みかん

みかんの感想・評価

3.5
泣けるぅぅぅう😭😭😭
「感動モノ」としてとても楽しめました。
上質な演技と愛嬌が涙を誘うのなんの。オギーだけでなく「みんながみんな一人一人悩みを抱えながら生きている」感じにしてるのもいいなと思いました。

ただ、「見た目は変えられない。周りの見方を変える。」というメッセージも込められてはいるものの、主人公と同じトリーチャーコリンズ症候群の人からすれば私たちがどれだけ泣こうが彼らの現実は変わらないのだからばかにされてるように感じても無理はないと思う。

たしかにこういった映画で議論の場が広がるのは本当に歓迎すべきことなのだろうけど、正直なところ私は「ふつう」の人が心洗われた気持ちになるために作られた映画のように感じた。

Filmarksが映画を通していろんな問題について考えるきっかけを与えてくれる場になっていくといいですね。
いい映画だと感じるならなおさら「あー泣けたー」で終わらせないで!😔

追記
日本版ポスターのヘルメットをかぶったオギー。オリジナルのアメリカ版ポスターでは顔の部分開いてるんです。
なぜ?なぜわざわざ顔を隠す必要があったんだ?誰か教えてーーー
>|