ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

優しいなあ…。
優しさに洗われ過ぎて、おじさんの心はふにゃふにゃです。

『アメリカン・ヒストリー・X』でも書いたが、理解するのも家族、成長させるのも家族、捻じ曲げるのも家族に依る、というのは本作でも描かれている。

今回はジュリア・ロバーツ演じる母親がフューチャーされているが、俺はオーウェン・ウィルソンも推したい。
今回もコメディ・リリーフだが、時たま見せる"男"や、"親父"としての愛情も、オギーの"強さ"には大事な要素だったはず。

また、お姉ちゃんとその友達、親友の背景・感情もしっかり描くことで、俺の暴力と筋肉と爆発にまみれた邪な心でも、ラストは素直に受け入れることができた!

そんな彼らが、「頑張れ!」と励ますのではなく、そばにいる、という対応を取り、オギー自身に解決させていたのも、1つの"優しさ"じゃないかな。

個人的には、キング原作の有名作品オマージュ?の川辺のシーンがグッときたが、
まさかの『デスペラード』ネタが出たことが、1番のワンダー!笑

いつもは余計だよ、と思う副題も、今回ばかりは納得。
kkk6464

kkk6464の感想・評価

3.8
良い人が多過ぎて心洗われる映画
内容はわかりやすい
友達最高
Keiko

Keikoの感想・評価

4.5
久しぶりに映画でこんな泣いたw
主演の男の子が本当に可愛い
彼の人間性が周りを幸せにしていく
お姉ちゃんやいじめっ子、友達みんなに焦点が当てられているところもよかった。
look 見ること、の大切さを教えてもらった。
さくら

さくらの感想・評価

4.0
想像以上に面白かったし、泣けた。
とにかく親友の男の子がかっこいい
優しさに溢れている。

オギー少年を取り巻く人々に視点が変わっていき、それぞれが傷ついて和解し絆を深めていく。

なんか良い映画ない?って聞かれたら人選ばず勧められる良作。

前向きになれるし泣ける良い映画だけど、ちょっと嘘くさいというか、綺麗すぎると思ってしまったとこもあり。。

前評判良すぎたのと、わたし的に重要な余韻があんまりなかったので少し低めの評価。
YukoOe

YukoOeの感想・評価

4.4
強さと愛が溢れてる映画。こんな映画なかなかない。泣けるし、前向きになるし、幸せになれる。
こういう映画に出るJuliaの作品選びに脱帽。やっぱり彼女の笑顔が大好き。
「泣ける映画」以外の予備知識ゼロで鑑賞

ひたすら泣き続けた、、
映画のような 温かさと強さと優しさのある世界になってほしいなぁと思いました。まずは自分から。
彩華

彩華の感想・評価

4.5

最高にすてきな映画だった。
暖かくて優しくて涙涙涙、、、

登場人物みんなが愛おしい
(いじわるしてた男の子の父母以外)

校長先生も担任の先生も
いい人だったなあ


オギーのお部屋もベッドカバーも
可愛かったな
子供の成長にとって親の教育がいかに大事かというのがよく分かりました。
家庭学習でも他人より頭良く心が強くなれます。
お金があるからって子供は出来が良いとは限りません。
>|