ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

優しいなあ…。
優しさに洗われ過ぎて、おじさんの心はふにゃふにゃです。

『アメリカン・ヒストリー・X』でも書いたが、理解するのも家族、成長させるのも家族、捻じ曲げるのも家族に依る、というのは本作でも描かれている。

今回はジュリア・ロバーツ演じる母親がフューチャーされているが、俺はオーウェン・ウィルソンも推したい。
今回もコメディ・リリーフだが、時たま見せる"男"や、"親父"としての愛情も、オギーの"強さ"には大事な要素だったはず。

また、お姉ちゃんとその友達、親友の背景・感情もしっかり描くことで、俺の暴力と筋肉と爆発にまみれた邪な心でも、ラストは素直に受け入れることができた!

そんな彼らが、「頑張れ!」と励ますのではなく、そばにいる、という対応を取り、オギー自身に解決させていたのも、1つの"優しさ"じゃないかな。

個人的には、キング原作の有名作品オマージュ?の川辺のシーンがグッときたが、
まさかの『デスペラード』ネタが出たことが、1番のワンダー!笑

いつもは余計だよ、と思う副題も、今回ばかりは納得。
111030

111030の感想・評価

3.8
予告でみたときはお涙頂戴的な展開映画かな〜と観る気もなかったけど、観てみたらオギー以外の話がしっかりあってとても良かった。すごく良かった。
凄くいい映画だった!
実際はこんなに理解のある人達が
周りにいるとは思わないけど
勇気を貰える映画だと思う
何回も見返したい映画!!
Iman

Imanの感想・評価

4.5
普通の、仲のいい家族と親友、その中にオギーがいた。何も特別な人じゃないというトーンで描いているところがいい。だから、押し付けがましいお涙頂戴映画にならず、じわじわと感動が押し寄せてきました。また、いい言葉がいっぱいもらえます。おススメだし、もう一度観たい映画です。
上映時に劇場で観た時の記憶から。

観る前は、人気作だけどきっとただ泣かせにかかるよくあるストーリーなんだろ〜なぁ…なんて勝手に思い込んで劇場に足を運ぶのすら躊躇って随分時が経ってから映画館に観に行きました。

でも、実際観るとその印象は、
胸を打つ様な感動と、ストーリー構成の素晴らしさに、全く別のものに塗り替えられていました✨


オギーは遺伝子による先天性の病気によって、人とは違う顔をして生まれて来ました。
その為、幼少の頃からずっと自宅で学習をしながら過ごして来ました。

そんなオギーの心の支えは大好きな家族とスターウォーズのパダワン、そして憧れの宇宙飛行士。

10歳になったオギーは生まれて初めて学校へ通うことになり、
宇宙飛行士のヘルメットを被り未知の世界へと旅立ちます。

初めて触れ合う同じ年のクラスメイト。
自分とは違う顔をしたオギーを彼等は最初受け入れられず陰口や距離を置いて遠巻きに眺めていたり、好奇の目で見たりします。
オギーは初めて自分が皆んなとは違う事を実感し傷つき、壁にぶち当たってしまいます。

母(ジュリア・ロバーツ)に、"あなたは醜くなんてないわ。素敵な子よ"と励まされ、
再び学校へ通う勇気を取り戻します。

大好きな理科の時間に実力を発揮したり、
いつも堂々と振る舞う明るいオギーに段々と心を掴まれ1人、また1人と、
オギーの周りには友達が増え笑顔が溢れて行くのでした。

そんなオギーと並行して、姉のストーリーも描かれて行きます。

手のかからない子と両親からずっと思わて育って来た姉のヴィアの心の支えは親友のミランダと過ごすこと、そして大好きなおばあちゃんとお喋りをすること。

ある時学校へ戻って来た親友のミランダはガラリと雰囲気が変わって、
ヴィアとは話そうともせず、他の派手なクラスメイト達と仲良くしてしまいます。
おばあちゃんも天国へと旅立ち、支えを失ったヴィアに、演劇を通して新たな出会いが訪れます。
だけど、心にポッカリ空いた大きな穴は埋まりません。
ミランダとの心のすれ違い、オギーのお姉ちゃんとして頑張る姿を描いたヴィアのストーリーにも心を打たれます。

オギーを取り巻く友達や、姉や姉を取り巻く友達の目線からもストーリーが描かれていて、
その時誰がどう思って行動したのかが手に取るように分かり、
それが物語に深みを与えて一方通行の紙面の様な映画では無く、
立体的な球体の様な豊かなストーリーに仕上がっていました。


オギーの経験する初めての友達との確執、
真っ直ぐに気持ちをぶつけ、
其れ迄以上に友情を深めて行く姿に感動を覚え、何度も目頭が熱くなりました。

そして、オギーを取り巻く友達の本当の気持ちや、
お姉ちゃんの親友との間に起きたすれ違いや、親友の素直に気持ちを表せない不器用さにも涙をしてしまいました。


"身体の特徴は嫌な事でも何でも無くて、
1つの個性であり、
実はそれは素晴らしい事でもあるんだ"
と言うことをオギーが教えてくれた様な気がしました。

子供から大人になるまでの大切な時間、
その心の葛藤や成長を、
オギーと言う1人の少年を中心に丁寧に描き上げた心温まる素敵な作品だと思いました。
MI2TO3

MI2TO3の感想・評価

4.0
思ってた難病もの展開とは異なり、主人公だけではなく、周りの人物に視点おいた多面的な語り口になっていた。

みんなそれぞれの痛みに耐え闘っている。

お姉ちゃんパートでは特に涙腺決壊。。
そうだよねー、ずっとそういう気持ちを抱えてきたんだよね、、

ちゃんとみんな救われるつくりになっていてよかった。
アイツの回収もさらりと行われるのが、余計に👍でした。
yamane

yamaneの感想・評価

4.0
最後は優しさと強さ。
minmin

minminの感想・評価

4.8
原作を読んでて展開もラストも知ってるのにウルウル、泣く。ウルウル、泣く。またウルウル、泣く。
オギーがどんどん成長していく姿に、家族や友達の温かさに、常にウルウル。そして泣く。😢✨✨
役者陣の演技が良すぎる。
とくにヴィアとジャックが好き。
オーウェン年とったなー。
原作がとても読みやすく作られていて、映画も読んでる時と同じような感覚で観れるように作られていて、良い部分がそのまま残っているのが嬉しい。
また違う視点から描かれたAUGGIE & MEを英語で少しずつ頑張って読んでる最中なので、さらに頑張って読もう!って良い刺激になった。
Yuma

Yumaの感想・評価

4.3
2018/10/20
主人公の周りの惑星となった人達の惹きつかれ方の良さ!!
自分が家族間で不満に思うことが多かったからこそなのかもしれないけど、死ぬほど泣いたーー😭😭😭😭😭
家族っていいな。
子供欲しいなって思いました。
大変な事だらうと、自分に関わる事なら本気で向き合って 頑張ろうと誓った日でした。
FP取得します。
>|