ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

Mina

Minaの感想・評価

4.3
“When given the choice between being right or being kind, choose kind.”

💫👨🏼‍🚀
ちょっと期待し過ぎたかな。安心安定の他人に勧められるヒューマンものとして勿論悪くは無かったですが、もう少し過度な演出があっても良かったかもしれません。 泣く気満々だったのですが、残念ながら一度もその機会は訪れませんでした。ジェイコブくんは今回も素晴らしい。ミランダ役のコも可愛かった。
めっちゃ感動的。
れい

れいの感想・評価

4.2
予告を観た時から絶対に泣くのは分かっていたけどボロボロ泣いた。オギーの強さや勇気、家族の優しさや温もりに涙が止まらなかった。

普通という言葉は呪いのように私たちを苦しめることがある。普通じゃないと言われないように他人に合わせて自分を偽り「普通の人」になろうとする。

生きていれば誰でも悩み苦しむ。その時、私は相手にこの映画の登場人物達のような人の気持ちを温かい言葉を伝えられたらと思う優しく心が浄化されるような作品。

ひとりひとりが人生の主人公なら最後はみんなハッピーエンドがいい。
あったかい映画。
ほっこりするいい映画だった。子供は子供なりに色々複雑なんだよな…
onono

ononoの感想・評価

4.5
良い群像劇だった。
普通の家庭の、機能が完全な家庭の物語だと、そう思った。
特別なことは何もないと、そう思えたのがよかった。
子供目線の気づきが良いし、大人たちのスタンスも気持ちが良い。
他者の問題には、
①原因に気づき②自ら改善する力を持つ
そういう人間しか介入できない。
学校の授業は殆どが興味深く至言に満ちている。
オケツ人間の校長先生の手記には胸がいっぱいになった。
典型的な金持ちが嫌なやつなこと、演劇のある行為に関して、ちょっと言いたいことがあるけれど、久しぶりに見守られているようなあたたかい気持ちの映画体験ができた。
na

naの感想・評価

5.0
これは最高の一言。良すぎた!!!泣きすぎた!!!優しくて愛おしくてあったかくて、観た人全員幸せな気持ちになれる映画でした。ナンバーワンおすすめ!!!間違いなくここ最近で一番良い映画。語り継がれる映画になるだろうし、自分に子供ができたら観せたい映画ナンバーワン。冒頭からうるうる泣けるからずっと泣いてた。。人って見た目や肩書きや学歴などで人のことを判断しがちだけれど、人間の本質はそこじゃないし、そういう偏見をなくしてどれだけ相手と向き合えるかなんだよねって。大人になればそんなことわかってるって思うけどなかなか難しいことだよなあって。だからこそこの映画はささる!
オギーが可愛い。とても泣ける。また観たい心があったまる。
s

sの感想・評価

4.4
2018.7.14

COREDO日本橋にて

とても泣いた

お姉ちゃんのファッション素敵

いろんな見方があるんだなって気付かされた
綺麗なだけではない(友達の悪ふざけでけなすシーン?)のも少しリアルだった

本気で思ってないことを口にしてしまったり
することもあるよね、、、

「正しいことと親切なこと、どちらをするか迷ったなら親切なことをしよう」

良い言葉
>|