ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

pico

picoの感想・評価

4.8
すべての人物が優しくてあたたかい。

太陽と惑星。
太陽が主役なんだけど、惑星の人々のストーリー。
主役になれなかった人たちの苦悩が
自分に当てはまりすぎて辛かったけれど、それは悲しい涙ではなくて、優しい涙。

決してお涙頂戴ではなく、
現実的な展開。

あの祖母のように、誰かにとっての圧倒的な味方の存在であれたらいいな。
サマーのように、周囲に惑わされない強いヒトであれたらいいな。

いろんなヒトの気持ちがわかるヒトになって欲しくて、姪っ子と観たのだけど、感想はそこそこな感じで意外だった。
「いい話だったね」とわりとクールに、一粒の涙もなく…あれ??

それで、思い出した。
高校生の時、英語の授業でstand by meを観せられて先生が1人で泣いていたこと。
「青春の只中にいるあなた達には今はわからないかもしれない。いつかこの映画の良さがわかる日が来る」と。うん。今ならわかる。

きっと、姪っ子にもこの映画が心にささる日がくるんだろうな。
Moa

Moaの感想・評価

4.1
初登校のところでもう泣いてたからさ...
湖のシーンに心洗われる
それぞれの視点で描かれるのがとても丁寧で良い
キアヌリーブスは本物の女神や
未来の地図は心に、ここまでの地図は顔にあらわれている というところが...アア...
めちゃくちゃ良かった!

あとイザベラ・ヴィドヴィッチを知れたことが1番の収穫
こう

こうの感想・評価

4.5
ハートフルムービー
子供のこの時期はどのグループに帰属すべきかまたそれが本心が異なっている場合というような細かい心の葛藤や、最終的に周りに影響を与え周りを変えていくといった描写が細かく描かれていた。
いい映画
納品書

納品書の感想・評価

4.7
スキップしたくなる。
そして、仲良くしたい。
うーーーーん!!!号泣です
Gaku

Gakuの感想・評価

3.6
偏見と戦い幸せと友情と絆を覚えて行くある子供と家族の物語。

多く語る気にはならない作品でした。
複雑な気持ちでしたが自然と涙が溢れてきました。いつか子供が出来た時に見せてあげたい作品でした。
Mi

Miの感想・評価

5.0
Wonder🌎✨
めっちゃ期待した上で見て、ここまで感動すること珍しい
>|