ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

お涙頂戴系の映画かと完全に舐めてたら、良い意味で期待を裏切られた。

何と言っても、登場人物の視点の切り替えが上手くなされていた点が素晴らしい。オギー(主人公)の主観だけではなく、それを取り囲む他者の視点が入っていて。辛い思いをしていたのは、オギーだけじゃなかったことが明らかになる。そこに感動した人が多かったのではないかと思う。

また、自宅から学校という未開の地に足を踏み入れるオギーを宇宙飛行士に象徴させる描写も良かった。
キーン

キーンの感想・評価

5.0
結局泣くんだけどさ笑
それだけじゃなくそれぞれが心に響く
broccoli

broccoliの感想・評価

3.8
もう登場人物すべてが
みな良い人たちで。
たまにはこういう
心温まるのもいいじゃない。

主人公オギーをはじめ、
しっかりママ役の
ジュリア・ロバーツと
うっかりパパ役の
オーウェン・ウィルソン、
そしてお姉ちゃんヴィアの
あったか家族は、
見ているだけでほっこりする。

またオギーだけでなく、
彼を取りまく周りの人物たちの
目線からも描かれており、
それぞれの立場での、
それぞれの悩みや心情に、
心寄せることができる。

「私たちの見る目を変えること。」
校長先生の言葉に心打たれ、
世の流れがそうなることを願い、
偏見が消え去れば良いと思う。
Moana

Moanaの感想・評価

2.0
結果ハッピーストーリー
tomo

tomoの感想・評価

5.0
とにかくめちゃくちゃ良かった。主人公だけじゃなく登場人物それぞれの視点で、繊細な心の動きが芸術的なレベルで表現されてる。誰しも共感できる部分があるんじゃないだろうか。悪口を言うのは簡単。流されないことや優しい言葉をかけることの難しさ、素直であることの大切さを感じた。小学校で流すべき名作。
あと、あんな父親になりたい。
一見嫌なやつにも、幸せそうなやつにも推し量るべき事情がある。
オギーだけではなく、彼の周りの人間にしっかりスポットライトを当てていた点が秀逸かつ、類似作と差別化できた要因。
ゆう

ゆうの感想・評価

4.6
常に泣きっぱなし、心があったかくなる。
登場人物みんなに共感してしまう。
こんな家族や友人に囲まれたいなって思った。
shizumi

shizumiの感想・評価

4.8
どの角度から捉えたって泣いてしまう 親切で不器用で弱くて強くてあたたかい人達の物語
teppeyman

teppeymanの感想・評価

4.5
見た目より中身も魅力的な人になりたいと思った。
>|