ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

maro

maroの感想・評価

4.8
号泣でした。外ではなく内をみることの大切さ心に染みました。

校長先生かっこいい

パパの頼りない感じが好き
ワンチャン可愛い

わが町は、自分もやったことある芝居だったから役の発表とか、実際の舞台みてておおってなった。

子どもは悪気ないけど、素直だから隠せない表情とか、言葉とか良くも悪くも全部吸収しちゃうよなっておもった
生まれつきの個性は武器と思って、懸命に向き合ったら、誰よりもキラキラできる!
海外の愛してるよって伝える文化ほんまに素敵やと思う。日本人は恥ずかしがり屋やから、みんなもっと挨拶をハグにかえるぐらいになればいいのにな〜
るあ

るあの感想・評価

4.5
ひとりひとりの考えが見れて面白い
yosuke

yosukeの感想・評価

4.5
泣けた~
芝居のシーンがなぜか泣けた
本当にミランダは優しい子
ジュリアロバーツもよかった
途中でブルーススプリングスティーンが流れたのもよかった
人には親切にしないといけないと思った。
けんじ

けんじの感想・評価

5.0
素晴らしい
toritama

toritamaの感想・評価

4.5
心があたたかくなる映画。
ひとに勧めたくなる映画。
ネイトを何かの映画で見たことあるって思ってたらミッドナイトインパリだった!
makkkkism

makkkkismの感想・評価

4.0
温かく楽しい家族や学校の先生に囲まれる環境は、子供にとってどんなに心強いかと思わせられる。そして、友達ができることの喜びが自分のことのように嬉しくなる。

人はみんないろんな悩みを抱えてる。もちろん、オギーのような変えようのないことに対する悩み、それだけじゃなく、その周囲の人間が、それぞれの視点でそれぞれの悩みを抱えていることも描かれていてとてもよかった。

''正しいことをするか親切なことをするか迷ったら、親切にしよう"

"オギーは見た目を変えられない。私たちの方が見方を変えなくては"

***
近所にオギーと同じトリーチャーコリンズ症候群の人が住んでいて、その人に初めて道端であった時、ビクッとしたのを思い出した。それまで、この病気を知らなかったから、夜道だったこともあって、ハロウィンのようなお面の仮装かと思ってしまったのが本音。それが遺伝的疾患と知ったのも少し経ってからたまたま見た記事でのこと。

いったいどんなふうに初めは接したらいいんだろう、と思ってしまうけれど、この疾患に関わらず、いろんな人たちがいるんだということをまず知るきっかけに触れることは大事。
shion

shionの感想・評価

5.0
私の好きな映画トップ3にランクイン。
>|