ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価・動画配信

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

ymiyo

ymiyoの感想・評価

4.5
終始涙止まらん!!!
😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭
感動感動!viaちゃんの気持ちに涙😢
英語音声、英語字幕なしで見たけど理解できた!結構、わかりやすかった!
いつだってポジティブなジョークは大事

ジュリアンのもう一面も見せて欲しかった
いいストーリーですね。
タイトルの「君は太陽」って部分が最高に作品を表してると思う。
オギーはまさにみんなの太陽で周囲の人々を明るく照らす。それは単に明るい人間性にさせるということではなく、地球の植物が光合成により成長するかの如く、人間の善良な部分を引き出し成長させる。
作品ではオギーの周囲の人々が成長していく様子が群像劇的に描かれていく。登場人物が皆、強い者や多数に流される弱さやひとつひとつの事象にしっかり傷付く脆さも持った人間でありながら、確実に成長している様子が描かれていたのが印象的だった。(ジュリアンだって、最後には反省している様子が描かれており、彼の中で何かが変わったと感じ取ることができる。)

てかジャック超良いやつじゃん。自分に男の子が産まれたらこういう子になって欲しい。
あとなんで校長先生は、最初に合わせる3人にジュリアンを入れたんだろう…
校長先生がジャックにあてた、どんな話にも二面があるという話。それがこの映画の一番伝えたかったことなのだと思う。

人間関係ってとっても難しいし、理解に苦しむことも多々あるけど、こっちからは見えない面を理解できれば、容易く解決できることも多いのかもしれない。

小説ではいじめっ子のジュリアンの視点も書かれている。映画では、ひたすらにジュリアンが憎かった。地獄にいきなさいと思っていたけど、ジュリアンもジュリアンで色々あるようです。

二面を知るにはどうすればいいんだ!?と、もういい歳なのですが悩んでいたところ、それもオギーが最後に教えてくれていた。やることはひとつ。よく見ること。

そのあとハリーポッターのマルフォイのことを考えたんだ。許せるチャンスかもしれないと思ってね。でも、そもそもそこまで私はマルフォイのことを憎く思っていなかったようで、特に発見はありませんでしたね。
じ

じの感想・評価

4.5
主人公は人と違う事に苦しんでるんだけど、でもとっても明るい性格でそれが印象的だった。
登場人物みんなが成長してる感じ。
人間誰も完璧な人って本当にいないんだなってつくづく思った。
校長先生や担任の先生の人柄もとっても良くて観てて安心した。
大人ってワードだけで、自分より凄くて経験豊富で遥かに優れているように感じてたんだけど、最近そうでもないんだなって気づいた。私たぶん大人が怖かったんだと思う。高圧的で、萎縮しちゃってた。
子供って素直すぎるから怖いよね。自分と違うことが本当に不思議でたまらないし、自分が普通だと思ってるから。
この映画は最近よく聞く多様性について深く考えさせられるきっかけにもなり得る映画。人と違うことで苦しむ人は必ず居るよ。色んな人がいるけど、多様性を受け入れようって言う今の世の中の流れ、私は好き。それがビジネスとか、誰かの利益のためじゃなく、ただ純粋に穏やかにみんなを尊重し合いたいって願う人が沢山いるからこの考え方が広がってるって思ってる。
げき泣き。わたしも長女でおんなじことで悩んでいたからすっごい響いたし、わたしもその時おばあちゃんに元気付けてもろてました。家族関係の守ってあげたい、楽しくいて欲しいというあいしより泣くためには、1人で見ることをおすすめいたします。
人をよく見ることの大切さを学んだ。
子供ながらに強く生きる主人公に感動した。
本当に素晴らしい映画
sa

saの感想・評価

3.8
いじめっ子とかが出てきてきつい描写が多いんだろうな…っていう先入観でずっと気になってたけど見るのを避けてた。
確かにいじめっ子はいるんだけど、そこがメインじゃなくて、先生もまともな人たちでホッとした。家族もみんな仲良しで、いつでもオギーの味方でいて、心が温まる…
話が主人公ばかりでなく、他の登場人物視点も折り込まれてて、見応えがあった。
オギーの友達関係の悩みだけでなく、お姉ちゃん視点でも色々あってリアルだった。
先入観で判断せず、人をよく見ましょう。
最近の学生にいいかも
>|