ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

4.6
【WONDER】
★★★★★ 5/5点 4.6
8月17日鑑賞。
2018年 21本目。
#‎2‎018映画

機内にて鑑賞。

スターウォーズ大好きなオギーは普通の10歳の男の子。
ただし、生まれつき人と違う顔のため、ずっと母と自宅学習をしてきたが、

小学校5年生から近くの学校へ通うことになり、
初めはクラスメイトから外見だけで判断されてしまうが、
彼の信念ある行動によって周りが徐々に変わっていく。

素晴らしい映画!!
そして多くの気づき学びにあふれている作品。

個性は決して差別されるものではなく、平等であり、時として大きな強みである。

正直に描くと暗く、思いテーマになりがちだが、
それを明るく、豊かに表現している監督も素晴らしい。

グレイテストショーマンを見た後にこれを見たら
より一層個性の価値観について考えてひたすら感動してた。


そして好きすぎる豪華キャスト
オーウェンウィルソンと
ジュリアロバーツが夫婦とは最高かよ。

それにオギー役のジェイコブ君。
どこかで見たことあるなあと思ったらルームのあの彼だったのね。すげーびっくり。
引き寄せる何かを持ってますな。

最後の校長先生の話のシーンは全てが心に響いた。涙腺崩壊必至の名シーンです。


そしてスターウォーズもやはり子育てには最高なんや!ってなる笑。

是非子を持つ親御さんに見て欲しいと心から思う映画。

これは娘にも大きくなったら必ず見せて個性について教えてあげたい。
森

森の感想・評価

4.2
子供って素敵だ…。洗われた…。ジェイコブ君もお姉ちゃんもメインキャラ全員最高かて!あの胸糞悪いガキもイケメンだったので良い俳優に育ってほしい。
鬼のハッピーエンドだなあと
ハッピーエンドすぎて物足りない感はあった。
でもオギーが陰口言われたりしてる時は本当に泣ける
が!が!が!!!ですが!!
お助け役のジャックが本当に可愛すぎて目が幸せな映画でした
とにかく子役たちが仲良く撮影してたのが伝わってきてめちゃホッコリした
小本

小本の感想・評価

3.4
押し付けがましくないし、しかし善意と悪意の作用はハッキリと表されていて、なにかしら受け取るとものがあると思う。鈴木福氏の感想は最強。大人達の変化にも目配せがあり好感度高いの納得だが…
しかしひたすらに可愛すぎではないか…と思ってしまい、単純にその微妙な違和感が拭えなかった。
ぽぽろ

ぽぽろの感想・評価

4.0
わりと定番のストーリーでよくある展開。
でもそれぞれの視点から見てみるとこんなに新鮮に感じるんだなぁって。
やまだ

やまだの感想・評価

4.3
お姉ちゃんが彼氏とジェットコースター乗ってるの見ても泣ける。ほんと長時間泣かされたわ。予想を超えて…箸が転んでも泣く状態。群像劇風なのが逆に途切れなかったのかもなー。疲れたけど、幸せです。

好き→#choosekind。正しいより親切は素敵。チューイとダースシディアス。ジャックウィル!顔は慣れる!でもパパが大好きだー!!!
mppo

mppoの感想・評価

4.0
国は違えど、やっぱり共通するのは、
子供を思う親の気持ち。

五体満足で生まれてきてくれる事の喜び、
五体満足で生んでくれた親への感謝。

もし仮にそうでなかったとしても
惜しみない愛を注ぐのは変わらない。

いつか自分も親になった時には
沢山の愛情を持ち、子ども一人ひとりを尊敬して、接していきたい。
unichin

unichinの感想・評価

3.9
人と違う容姿を持った子供の成長と、両親とその周囲の人たちの物語。原題の「Wonder」(奇跡)は困難に立ち向かった子供ばかりでなく、その子を支えていった心豊かな人々のことも表しているように思います。ただ、どうしても予想通りの展開に終始したのが残念でした。色々な意味で裏切ってくれる面白さはなかったです。
にわか

にわかの感想・評価

4.2
ワンダーの生き方とか考え方とかカッコよすぎ、大人になったら目を潰れるような違いも子供はデリカシーなく非難してしまうよなあ自分の小学生時代を思い出した