ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

MomokoNawa

MomokoNawaの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

・ジェイコブ・トレンブレイがすごい
・いじめを見過ごさない学校素晴らしい
・他の登場人物が思ってることもその人物目線で描かれていてよい
・DVDを買って保存したいくらい良かった
・考えさせられる
悠

悠の感想・評価

4.3
【やさしさの半分は、勇気でできている。】

勝手にオギーの話だと思っていたからやや面食らった。ヴィアに、ジャック・ウィルに、ミランダに、パパに、ママに、それぞれ皆、人生のストーリーがある。そして、" みんな闘っている。" それぞれの正義を持って拳をつくって立っている。けれど正しさばかりじゃいけない、相手を倒すだけじゃ、前には進めない。選択肢に、親切さがあるのならば、勇気を持って優しくありたい。"相手をよく見ること" それだけで、奇跡は起こる。オギーだけじゃない、誰もが、誰かにとっての奇跡で、太陽だ。

Wonder
CP

CPの感想・評価

4.8
開始30秒で泣けるって聞いてたけど本当に泣けた!!!

めちゃくちゃいい話で終始泣きっぱなしの2時間でした!
みんなそれぞれ葛藤や悩みと向き合いながら生きていく姿は涙無しでは見れません!
涙腺にくる!
一番涙腺にきたのは、お姉ちゃんビィアが舞台に立った映像!
オギー、ママ、パパ、クラスメイト皆んな素晴らしい!
原作読んで大感激したので、映画をとても楽しみにしていました。この作品の良さはオギーだけじゃなくて、周りにいる人たちの事情を描き出すところにあります。映画の枠の中で可能な限りあぶりだしていて、じーんとしまくりでした。ヴィアのエピソードが泣けました。演じてる子も、はかなげな感じがとても合っていてよかったです。劇中劇にも泣けたくらい。きっぱりとした言葉オンパレードのジュリアロバーツはもちろん素敵でしたが、いい感じに尻に敷かれてユルい感じのオーウェンウィルソンのお父さん最高です。本当に素敵な家族でした。
azrn

azrnの感想・評価

5.0
ずっと楽しみにしてた映画
皆んな色々あるけど生きてる!元気が出た!
誰もが家族の一員だからこそ感じる"気持ち"がたくさん散りばめられていた。
ただのファミリー映画ではなく
人と人との関わり方や繋がり方がそれぞれの立場で描かれてる。

大人になってからできるようになることもあるけれど、子供のうちにできるようになっておきたいのは、やはり他人を大切に思える人間になること。

学校の授業でとりあえず観るとかじゃなくて、家族でいっしょに観るのがいいんじゃないかな。


なんだかんだ言ってやっぱり私も
将来は温かい家庭を築きたいな〜😂
りた

りたの感想・評価

4.5
原作未読。予告で観た時から良作の予感でしたがやはり好きでした。

登場人物それぞれの心境を考えながら観ていたので、事あるごとに心が傷んだ、、
個人的にはミランダが1番かわいそうで辛かった、、

心温まる素敵な映画でした。
宇宙飛行士になりたいオギーの部屋がとっても可愛い。お布団や、スターウォーズのTシャツ。小物使いがステキ。

登場人物みんなすき……!
特に、お姉ちゃんかなぁ…。優等生で、ものわかりのいい頑張り屋さんのお姉ちゃん、弟にヤキモチ妬きつつ、とっても弟が大好き。
でもサマーもいいなぁ…あの、空気に流されない感じ。あんな子クラスになかなかいないぞー。。
いつも笑わせてくれるお父さんも、すきだな……お母さんの影でしっかりとオギーをサポートしてて。
みんな好きすぎて語り尽くせない。


心がぎゅっとなる苦しいシーンもあった。やっぱりいじめのシーンとか。
心ない言葉に、辛くなった。
何気ない視線も。そんな空気も。。私も知らない間に、誰かを傷付けていないだろうか、、 ?
難しい問題。。

いつか子どもと一緒に観て、一緒に考えたいなぁ。
私にとって大切な作品になりました!
オギーの初めての学校の一年間。
ストーリーが単純な起承転結じゃなくて、序盤から感動的なシーンもあれば、オギー以外の人物の描写も多い。

子どもたちの残酷さと優しさの両面がうまく描かれている。
友達でいることがこんなに難しいなんてね。