ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

あったかい気持ちになった!
親子て性格が似るんだろうな
良い影響与えられる人ってかっこいい。
あと宇宙飛行士の模様のベッドかわいい!
M

Mの感想・評価

4.0
開始5分から泣き続けた。

人間関係に必要なのは、明るさ、ユーモア、思いやり、前向きな気持ちだと思い知らされた。それぞれが自分の幸せのために努力してる姿をみて感動した。
Yuri

Yuriの感想・評価

4.1
「良いお姉ちゃん」

という自分で作り上げた姉としてのあるべき姿を保つために本当の気持ちをいつも押し殺して笑うヴィアの気持ちが痛いほど理解できるから一緒になってわんわん泣いてしまった

ジャックウィルもサマーも校長先生も
もちろんオギーもこの映画に出てくる人たちの素敵さといったら!

ジュリアロバーツのビッグスマイルはやっぱりいいなあ 大好き。


息子と母の関係もとても好き。

悩みに悩んだ末に学校に行かせることを決めた母だけど 本当は心配と不安ばかりで

校門で息子の帰りを今か今かと待つ母の気持ちをよそに 楽しそうに友達を連れて帰ってきたオギー

そのときの嬉しくて嬉しくて飛び跳ねたい気持ちと、息子を信じられていなかったと自分の弱さを責める気持ちもあったのかと思うと涙のダム決壊しました。
け

けの感想・評価

4.2

強さとは

守ること。貫くこと。立ち向かうこと。支えること。

見守り、包んで、背中を押してやる優しさ。
出来すぎたハッピーエンド、だけど嘘くさくないのは、主人公以外の人からみた世界も映されてるからかな。
一人一人のことが大好きになって、心が愛おしさでいっぱいになった。
Keizysoze

Keizysozeの感想・評価

4.6
【WONDER】
★★★★★ 5/5点 4.6
8月17日鑑賞。
2018年 21本目。
#‎2‎018映画

機内にて鑑賞。

スターウォーズ大好きなオギーは普通の10歳の男の子。
ただし、生まれつき人と違う顔のため、ずっと母と自宅学習をしてきたが、

小学校5年生から近くの学校へ通うことになり、
初めはクラスメイトから外見だけで判断されてしまうが、
彼の信念ある行動によって周りが徐々に変わっていく。

素晴らしい映画!!
そして多くの気づき学びにあふれている作品。

個性は決して差別されるものではなく、平等であり、時として大きな強みである。

正直に描くと暗く、思いテーマになりがちだが、
それを明るく、豊かに表現している監督も素晴らしい。

グレイテストショーマンを見た後にこれを見たら
より一層個性の価値観について考えてひたすら感動してた。


そして好きすぎる豪華キャスト
オーウェンウィルソンと
ジュリアロバーツが夫婦とは最高かよ。

それにオギー役のジェイコブ君。
どこかで見たことあるなあと思ったらルームのあの彼だったのね。すげーびっくり。
引き寄せる何かを持ってますな。

最後の校長先生の話のシーンは全てが心に響いた。涙腺崩壊必至の名シーンです。


そしてスターウォーズもやはり子育てには最高なんや!ってなる笑。

是非子を持つ親御さんに見て欲しいと心から思う映画。

これは娘にも大きくなったら必ず見せて個性について教えてあげたい。
森

森の感想・評価

4.2
子供って素敵だ…。洗われた…。ジェイコブ君もお姉ちゃんもメインキャラ全員最高かて!あの胸糞悪いガキもイケメンだったので良い俳優に育ってほしい。
鬼のハッピーエンドだなあと
ハッピーエンドすぎて物足りない感はあった。
でもオギーが陰口言われたりしてる時は本当に泣ける
が!が!が!!!ですが!!
お助け役のジャックが本当に可愛すぎて目が幸せな映画でした
とにかく子役たちが仲良く撮影してたのが伝わってきてめちゃホッコリした
小本

小本の感想・評価

3.4
押し付けがましくないし、しかし善意と悪意の作用はハッキリと表されていて、なにかしら受け取るとものがあると思う。鈴木福氏の感想は最強。大人達の変化にも目配せがあり好感度高いの納得だが…
しかしひたすらに可愛すぎではないか…と思ってしまい、単純にその微妙な違和感が拭えなかった。