ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

涙腺おかしくなって、中盤から何でもないようなシーンでも涙止まらなかった、、
おのD

おのDの感想・評価

4.3
元気付けられる素敵なお話
担任がマルセロだった
多角的視点で物語が観れて、勇気付けられるそんな映画よ
C

Cの感想・評価

-
人には人の事情がある。真実には二面性があるって、校長先生が仰る通りです。ごめん、オギーよりもジャックがかわいくてかわいくて…。
盛り上がるシーンが多いのはいいんだけど多さゆえに並列感というか、エピソードが淡々と進む感じもあり。回想シーンはベタだし最後の先生の言葉もさすがに唐突だけど、めっちゃ感動したし小学生に見せたい良い映画でした。私はお姉ちゃんに泣けて泣けて仕方なかった。
Blufe

Blufeの感想・評価

4.3
個々の視点での想いを挟むのが好きでした。
もとが児童向けらしいから仕方ないけど、ジュリアン視点とかも欲しかった。
あと初めの3人のうちの1人はどういう役割だったのか。
フィクションだからこそそこが気になってしまったけど、
とても明確に変化を描いていて分かりやすかったです。

話の中にもあるように、オギーのような境遇でなくとも、誰にでも起こりえて、遭遇しえることだから、その辺の教育ビデオよりよほど観るべき、見せるべき映画だと思いました。
こじ

こじの感想・評価

5.0
開始2分ぐらいで泣きそうになって

そこからラストまで

もうやめてってぐらい

泣けるシーンの連続だった。

他人の幸せを願う

優しい人がたくさん出てくる

良い映画だった。


すごいほっこりした気持ちで

新宿TOHOシネマズを出たら

夜中0時ごろの歌舞伎町だったので

来る女、来る女ナンパしまくってる奴とか

夜中なのに酒の勢いだけで街中で大騒ぎしてる連中とか

ゴミクズみたい人がたくさんいた。

もうやめてって思った。
オギーが頑張る話だと思ってましたが、みんなが頑張る話でした。
最初から最後まで泣けるし、みんなを応援したくなる素敵な映画。
木綿

木綿の感想・評価

4.6
家族、友達、先生との絆っていいね
ジャックウィルはごめんねが言えるめちゃくちゃいい子でそんな素直な人に私もなりたいしならなきゃだなと思った
なんとなく感じたのはオギーとオギーのお姉ちゃんの2人の関係性(?)は顔が醜いことの方に目を向けてるのはオギーの方だと思った

CMの感涙度97%は盛りすぎな
Y

Yの感想・評価

-
心が透けて見えたら普通のひとなんて本当はいないと思う。
普通であることが一番幸せなのかな?
ずっと考えてみたけど結局分からなかった。
病気の弟のために「手がかからない子」になりきった姉が劇の後に家族含めてたくさんの人に拍手をもらうシーンはすべてが報われた気がして自然に清い涙が出てしまった。
やー、よかった。泣いた。久々に映画で泣いた。邦題がいいね。‬
‪オギーの話だけじゃなく、オギーを中心に周りが変わっていく映画。周りに影響を与えるまさに太陽。
N

Nの感想・評価

4.7

良かった~!!!!

オギーの行動力にも家族愛にもなにより友情に涙!!!

オギーだけじゃなくて他の人たちにも焦点をあてていて個人的にお姉ちゃんの話が良かった。

なにか行動することってやっているようで出来なくてとっても難しいことだな~と。

とにかくみんなあったかい!!
観た後にほっこりできる映画でした。