ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同…

オーガストこと”オギー”はふつうの10歳の男の子。ただし、“顔”以外は…。 生まれつき人と違う顔をもつ少年・オギ―(ジェイコブ・トレンブレイ)は、幼い頃からずっと母イザベル(ジュリア・ロバーツ)と自宅学習をしてきたが、小学校5年生になるときに初めて学校へ通うことになる。クラスメイトと仲良くなりたいというオギーの思いとは裏腹に、その外見からじろじろ見られたり避けられたりするが、彼の行動によって同級生たちが徐々に変わっていく…。

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

重い題材のはずなのに全体を通して爽やかで温かい物語。
季節の移り変わりを示す自然風景、ハロウィンやクリスマスなどの色彩、時折流れる音楽が心地よい。
主人公オギーを演じる男の子の演技力に思わず涙。
個人的にはオギーのお姉さんのヴィラの心情に深く共感。でも、結局みんな好き。
kaho

kahoの感想・評価

4.4
連続涙腺崩壊事件もの。
序盤に涙腺が崩壊してからというもの、全てのほっこりシーンにボロボロ涙が止まりませんでした。子供たちがかわいくて愛おしくて素晴らしいに尽きる。
オギー以外のキャラクター目線で話が進む点もとてもよくて更にボロ泣き。
いつか我が子に見せたい映画に間違いなく選定。
yoko

yokoの感想・評価

3.7
やさしくて、勇気をもらえる映画
オギーの困難に立ち向かう姿と家族や友達のあたたかさに感動した
家族や友達に感謝の気持ちを伝えたいと思わせてくれる
それぞれの視点で描かれているところも良かった
キャスティングもgood
どい

どいの感想・評価

4.2
人と異なる顔をもつオギー("サン")と、周囲の人たち("planets")の物語。"サン"を中心に回り、"サン"に照らされ輝く。

オギーの話かと思いきや、周囲の人たち目線で描くのがとても良い!
べちゃ

べちゃの感想・評価

4.5
文句なしに、見てよかったと思えるいい映画。わたしもあんな優しい世界の一員になれるような生き方をしたい。
それにしても老若男女問わず出てくる役者全員演技がうますぎでは…。ジャック・ウィル役の子の今後がほんとにほんとに楽しみ。
まつき

まつきの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

<鑑賞直後当時のなぐり書きメモ転記>

・何度も劇場で予告を観ていたから、観る前からどんな映画なのかイメージは膨らんでいたと思う。「顔が他の人と違う少年が主人公」というポイントは、それだけで映画として特徴的だし、ストーリー展開はシンプルだろうなと、無意識に思い込んでいた。

・だからこそ、意外な構成に驚いた。もちろんプラスの意味で。主人公ジャックと、友達、主人公の姉ヴィア、姉の友達ミランダ、4人の群像劇風な構成だったわけだけど、作品に奥行きをもたらしていて本当に素晴らしかった。まさに小宇宙のようー

・主人公だけでなく、周囲の人物も影響を受けて、また苦悩を抱えている。そこにスポットライトを当ててすくい取っているのが、観客の共感や感動を誘うのではないだろうか。適度にもたらされるユーモアのエッセンスも、作品を爽やかにしていてよかったと思う。

・しかし、終盤に向かうにつれて、それまで丁寧だった展開と演出が一気にゴチャゴチャしていったように感じた。「飼い犬の死」は脈絡なく唐突気味で、主人公や家族に少々の影響を及ぼすが、わざわざ死なせるほどだったか。「姉の友達ミランダ」は、演劇が始まる直前に主役をヴィアに譲るが、ミランダの物語の結末(ヴィアとの仲の修復)として、軽薄過ぎないか。思えば中盤の、主人公をいじめた子供とその両親の描き方にも、類型的な軽薄さがあった。「終盤に主人公が、いじめっ子に突き飛ばされて頭をうち、流血する」意味深な描写もあったが、それも特に何も触れられず。

・これらが私にはノイズに感じられて、満足度はかなり下がってしまった。途中まで良かっただけに、「なんで!?どうして!?」というかんじ。。原作モノだし、120分に収めるためにいろいろカットした結果なのではないかと、何となく考えてみたり…
主人公を通して、登場するそれぞれの子供が成長を経て大事な事に気付いていく展開は丁寧で良かったです。
Rumi

Rumiの感想・評価

4.5
やさしい世界!
みんなそれぞれ悩みを抱えている、誰かが特別なんてことはない。
ひとりひとり丁寧にスポットライトを当てているところが本当にすばらしい!
上映中こんなに涙が止まらない映画も久々でした。

上半期、ひとつだけ人におすすめするとしたらこれですね。
mamiko

mamikoの感想・評価

3.9
よくあるお涙頂戴感動映画じゃなく、オギーを囲む色々な人の葛藤や悩み、愛情が描かれてるのがよかった。
しかし、ジャックウィル将来有望。かっこいい。
最高の映画
泣きすぎて上映後トイレ行ったら目パンッパンすぎて笑った
ジャックウィルがとてもすき