ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

上映館(1館)

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

KT

KTの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シンプルにハートフルな映画。
テーマも素敵だし子供が産まれたら見せたい。素敵な人間になってほしいと思う。

一方で演出や脚本でもう一声欲しかった感もある。
障害のある主人公であるオギーの視点だけではなく、オギーという弟を持ち、弟を愛してはいるけど自分ももっと愛されたい姉のヴィアに視点が移るのは「おっ」と思ったし、そこからオムニバス的に色んな人物に移っていくのはいいんだけど、親友のジャックが何であんな酷いことを言ったのかとかもう少し丁寧な描写が欲しかった感じ。ヴィアの友達の気まずくなってる子ももうちょい存在感出しても良かったのでは。

特にいじめっ子のジュリアンは、あんなダメそうな親を映すなら、彼の心理描写も少しあってもいいのかもとは思った。校長室から出て行くときに「あ、彼の描写が始まるのね」と思ったらそのまま退場したし。

もうちょっと上手いこといけたのではという感覚も残る。
そんなとやかくいう映画じゃないとは思うんだけども。
Hitomi

Hitomiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

最高にいい
私の顔が違ったら、今と同じ環境にいられるだろうか…とか
自分の中身で人を惹きつけられる人になろうと思った!

いじめっこの親がモンスターすぎてこっちまで嫌な気持ちになった!
けどいじめっこは親よりマシだったんだなってわかって少し胸のつっかえが取れた
子供は時間もエネルギーも奪われて、ストレスもあるかも知れない。お金もかかるかもしれない。わがままや生意気なことをいい困らせるかもしれない。それでもいいかもしれないと思わせてくれる良い映画でした。

色々と考えさせられる映画
途中何回泣いたか分からない

心がほっこりすると共に
家族っていいなと凄く思えた。
ああいうお母さんになりたい

本当に観て良かったと思える作品

なんだこの幸せな気持ち

親友のジャックウィルイケメンすぎて
目の保養。これからの活躍に期待
さきこ

さきこの感想・評価

4.4
セリフに温かみを感じる。
静かな強さって大事だなーっと思った。
Yuu

Yuuの感想・評価

-
みんな真っ直ぐで温かい人が多くて良い映画。
大人になると、友達を作るってことがなくなるから
何かいいなぁと思いながら見てた。
7年生と喧嘩して「勝ったか?」って聞くパパさいこー!
L

Lの感想・評価

4.0
vol.078
「人をいたわれ
みんなも闘っている」
「相手を知りたかったら
やることは1つ
よく見ること」
自分のことでいっぱいいっぱいの日々だけど、みんなそれぞれの苦しみと闘っているんだなと思えた。
個人的にはヴィアに賞をあげたい。
世界一手のかからない子で居続けて、
ママがオギーにかかりきりになれるよう守っていたのはお姉ちゃんだと思う。
「私にも聞いてよ」って台詞に胸がギュっとなった。
複雑な想いを抱えながらも、
自分もいろいろなことがあって悩んでいるのにオギーに寄り添い続けた強さに拍手したい。お姉ちゃんかっこいい。

あと、パパとママのユーモアのセンスが最高で、何度も会話にクスっと笑えた。
ジャック役の子可愛い…

登場人物みんなが、自分の弱さと闘いながらも誰かのことを想いやる強さを持った人たちだったから、オギーの静かな強さに心動かされてハッピーエンドだったけど
現実はきっとこうはいかないんだろうなとも思ってしまった。
あまりにも心の綺麗な人たちばかりで。
それはそれぞれの登場人物の悩みを順繰りに見せてくれたからでもあるんだけど。

ただ、こんな風に自分の弱さと闘いながら、それぞれの弱さと闘う誰かを想いやれる、いたわれる人間になりたいなと思う。

お姉ちゃんのお芝居も上手、、
高校初日のことパパがやっと聞いてくれたけどなんでもない風に楽しかったよ、と答えた時の表情が何とも言えなかった。

フライヤーのキャッチコピー(?)、
やさしさの半分は、勇気でできている
という言葉も素敵。
N

Nの感想・評価

5.0
あぁ。心がえぐられるような悲しくて切ないシーンもたくさんあったけど、最高だったーーー。そして号泣。。
はぁ。素敵な家族だなぁ。。出てくる人々が、ほぼみんなめちゃくちゃ魅力的で最高。いろんなキャラクターの目線から物語が見られるのもいい〜。みんな優しくて強い。
ジャックウィル役の子、顔が綺麗すぎてなにかの奇跡なのでは。。
豆

豆の感想・評価

4.7
素晴らしかった。
オムニバス形式っていうのも良い。
闘っていない人なんていなくて、みんな平気なふりをして懸命に生きている。その感情に差なんてなくて誇っていいものなんだと思う。
この映画は色んな要素が詰まっているけど、伝えたい事は「傷ついても立ち上がって歩き出す勇気は今を変える」という非常にシンプルなものだと私は考えた。
登場人物皆が現実と自分に闘う姿に感動した。
mayo

mayoの感想・評価

3.9
心暖まる素敵な話。
オギー以外の登場人物が、太陽(オギー)の周りにいるただの惑星としてではなく、主人公として丁寧に描かれていてとても良かった。
STAR WARSファンには嬉しいゲストも。