ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

Yukki

Yukkiの感想・評価

4.4
所々で泣いた 周りの人物から複合的に進む感じがよかった 全国の小学校で流すべき!Jack willの子が可愛すぎて、将来絶対イケメンになると踏んでいる
puzzle

puzzleの感想・評価

4.7
誰もがみんな戦ってるという言葉がかなり胸に刺さった。

そして、

人の善意が、この世の中で一番眩いものなのだなと思った。

観て良かった。

この子供達のような純粋な気持ちを、大人として行きていく中で忘れたくないと思わさせられました。
オギーの周り人が素敵な人ばかりで、観ていて心が温かくなれた。
こういう気持ちを持ち続けていきたい。
ARI

ARIの感想・評価

4.6
心温まるファミリー映画などと一言では片付けられないくらい、人として学ぶべきポイントがたくさんある。家族はもちろん、まだ見ぬ自分の子にもいつか見せてあげたい。
太陽が主役とばかり思って見始めたので、
その周りの惑星の物語であることにびっくり。
出てくる登場人物みんなが愛おしくて、
本当に素晴らしい作品。
2018年ベストムービーです。
imh7265

imh7265の感想・評価

5.0
小さな勇気が必要なのは大人の方が大きな力が必要なんだと
主役なワンダーだけに焦点を当てるのではなく
誰もが抱える悩みや
誰もが問題を抱えているっていう視点を
持つ大切さに改めて気づかせてくれました
とてもとても温かい物語でした
私は「ふーん、いい映画」って感じですが、高校生の息子の方がグッときてました。
主人公だけにスポットを当ててるわけではない所がいい。子供たちが切なくも微笑ましい。安直でストレートな子供らしさと親が思ってるより考えることができる面、予想外に傷ついたりしている部分も描いていて泣ける映画。
tomonorien

tomonorienの感想・評価

4.0
監督の人柄が全面に現れた感動作。

友達のおすすめ映画で、ブルーレイを入手したとゆうから上映会だった。

感動する涙だけじゃない、嬉しい涙と、悲しい涙とか、とにかく最初から最後まで泣き続けなきゃいけなかった。
とてもクサイ青春芝居を見せられているキブンになるシーンも多かったけれど、あそこまで直球で表現されると心は打たれた。

キャスティングされた子役は全員個性的な顔をしていて、表情で演技をするので、つられて同じ表情になる。

登場人物それぞれの立場から撮る構成で、日本でゆう小学生の年齢が設定の子どもたちだったことは新鮮。
心温まる作品でした。
人は見た目より中身が大事だと改めて感じました。
オギーの内面をどんどん周りが知って行き、最終的に友達の輪が広がって本当に良かったと思います。

浜辺のヴィアとおばあちゃんのシーンも凄く良かったです。
しっかりしなきゃと思いながらも、やっぱりどこか寂しい気持ちを隠してるヴィアにおばあちゃんが寄り添う所が感動でした。

色んな角度から見るとより素晴らしい作品だと気付けると思います。