ワンダー 君は太陽の作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ワンダー 君は太陽2017年製作の映画)

Wonder

上映日:2018年06月15日

製作国:

上映時間:113分

4.3

あらすじ

「ワンダー 君は太陽」に投稿された感想・評価

miru

miruの感想・評価

5.0
子供ができたら小さいうちにみせたい映画。
オギー、お姉さん、両親、友達、どの視点から見ても楽しめる作品。本当に良い話だった。心が清められる作品。ヴィジュアルも美しく、視覚的に工夫されていて見ていて楽しかった。終始スターウォーズオマージュがあったのがオギーの少年心を思わせる。良い演出だった。
VERANO

VERANOの感想・評価

4.0
オギーの成長、そして家族の愛や友人の優しさに感動しました。
良かったです。
chiiii

chiiiiの感想・評価

5.0

家族の暖かさを自然と感じられてずっと泣いてた。

ヴィアの視点がいちばん切なくて苦しくて嗚咽が出るほど泣いた
自分と重ねてしまう部分もあったし、正直ワンダーくんは恵まれているな と思ってしまう観客の感情の行き場がある 作品の幅がすごい

映画の何処かに絶対自分の感情がハマる部分があると思う
誰もがこのエンディングを迎えられる訳ではないと思うけど、見てよかった
多感期に見るのと大人になってからだとまた違いそう、もう一回みたい作品


ノアジュプくん最高

このレビューはネタバレを含みます

彼だけじゃなく、ひとりひとりの持つ形が、丁寧に繊細に描かれていた。一方から見たら分からないことを、一方からの気持ちを思ってから順番に解されてくみたいに、それぞれ全く別の存在が一緒に生きていくこととして、特別の捉え方が集中してなくて好きだった。だからこそ、晴れやかな気持ちだけでなく、ここからはみ出したアイツのこととかも含めて心に残るし、それぞれが、そして自分も生きてくのに、ずっと解放されることがないまま、解放されたと思った次の瞬間にはもう塞がれてるみたいな気持ちをでも大切に強く持って、繰り返したいと思った。
あと、全然親になったりしてないけど、母親とか父親の目線で、なんかわかる気がしてしまうことが多かった。どの立場から思っても、凄く対等であることを大事に描かれてる気がして、だからかも。
チューバッカが出てくるシーンがいい❤️
ユーモアと気持ちの強さと今を見て知る目と心を持つことを思い出させてくれる。昔、エレファントマンを見て生涯のトラウマになっていたけど見せ方の違いでこんなにも心の支えになるのかと驚く。ジュリア・ロバーツはいい映画に出て支えてくれる。エリン・ブロコビッチの強さもモナリザスマイルの女性の生き方も素敵だった。
登場人物それぞれの視線からみた、顔に障害を持ったオギーを中心にした物語。

優しい温かい映画でした。
rina

rinaの感想・評価

4.2
ただ主人公が障害を乗り越えていく話ではない。主人公のおかげで、周りの人達が変わっていくところが新しく、見応えがある。
uk

ukの感想・評価

4.5
家族を持つ人は一度見るべき作品。

「この映画から感じたこと」
何事にも全て2面性がある。

醜い顔という表面。
でも彼の中身(裏面)を見てあげて。

人気者になりたい。という表面。
その代わり友を失うという側面。

誰かを愛しすぎるという側面。
誰かが愛が足りないと思う側面。

全ては1つのようで1つじゃない視野を広げよう。

J.コールみたいな先生もイカしてる!
主人公オギーがいじめを乗り越える話だと思って映画を観たが、実際は違った。

「いじめ」という一つの行為を多側面から捉え、周囲の子供たちが愛と勇気を持って問題を乗り越えていく映画だった。

1人ずつの感情にフォーカスしていくストーリー展開だったため、それぞれの想いや葛藤への共感がしやすかった。

サスペンス映画的な技法であったが意外にもこの映画とマッチしてたので観ていて飽きなかった。


子供がある親御さんはもちろん、学校に通っている学生さんにもオススメしたい映画!
HAZUKI

HAZUKIの感想・評価

4.0
予告をみてうるっときたので観てみた。

家族愛はやっぱりいつになっても良くて、自分とは遠い題材ではありながらも考えさせられるものあった。ただ奇形児を描くものじゃなく、彼の姉だったりお父さんお母さん、彼の友達などいろんな人の心情も描かれてるところに親近感を感じた。

これは、ただ主人公の彼の人生の映画ではなくて、それを支える人たちの物語でもあるとおもう。

泣きたくない人は是非ほろ酔いの夜にどうぞ